付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

UFO


【話題】チリで発見された「6インチミイラ」の正体は人間!? ドキュメンタリー映画「シリウス」が凄そうだ(動画あり)

Atacama Humanoid 01

 10年前にチリで発見された「アタカマ・ヒューマノイド」として知られる奇妙なミイラの存在は、UFO愛好家にとって興味を惹かれる存在の一つでした。
 6インチ、およそ15センチの身長しか持たない小さなミイラは、そのサイズはもちろん、釣り上った目にとんがった頭など、あたかもエイリアンの特徴を有しているかのように見えます。
 そんな中、アタカマ・ヒューマノイドのDNA鑑定の結果がドキュメンタリー映画の中で示されたことが、大きな反響を呼んでいます。

続きを読む

【話題】米軍の「空飛ぶ円盤プロジェクト」ついに機密が公開される

Project-1794

 公式には存在しないとされた宇宙人でしたが、米軍が空飛ぶ円盤を開発しようとしていたことは事実であったようです。
 最近になって公表された機密文書は、米空軍が1950年代にカナダの会社との契約で推し進めていた、空飛ぶ円盤の開発計画「USAF Project 1794」の回路図などの図面とその詳細。
 1950年代の隠された軍事ベンチャーといえる「Project 1794」は、当時カナダのオンタリオ州に存在した Avro Aircraft Limited 社に委託開発されていた、円盤状のエアクラフトでした。

続きを読む

【話題】謎の「バルト海UFO」の撮影に成功、調査は“謎が謎を呼ぶ”結果に(動画あり)

r-BALTICUFO2A-large570

 以前にお届けしたままになっていたバルト海に沈む謎のUFO状物体、いわゆるバルト海UFOの最新の調査の結果は、結論から言えば謎が謎のまま残される結果となりました。

 調査を行ったのは、スウェーデンの探査チーム。彼らはバルト海85メートルの海底に沈む、神秘的な60フィート(約18メートル)の円盤状物体の至近にまで近づき、撮影を行うことに成功しました。
 撮影を行ったダイバーの Stefan Hogeborn 氏によると、それはこれまでに彼らが見たことのない奇妙なものであったようです。

続きを読む

【話題】あの超有名な「宇宙人の捕獲写真」の元ネタが特定される(画像6枚)

etwagents

 “捕まった宇宙人”として、もっとも使用頻度が高くメディアでも参考とされてきた「小人宇宙人の捕獲写真」のネタ元が、ついに特定されたようです。
 1950年代に西ドイツのケルンの新聞に掲載された写真などとまことしやかに伝えられてきた同写真でしたが、フェイクであるという疑惑はぬぐいがたくあるものの、決定的といえる根拠も示されないままでした。

 どうやらこれ、ドイツの週刊誌が1950年4月1日号で行ったエイプリルフールのジョークだったようです。

続きを読む

【話題】宇宙人に誘拐された人たちのポートレートと証言

alien abductee

 欧米でよく見られる、エイリアンに誘拐(Alien abduction)されたと主張する人々のことを「エイリアン・アブダクティー(alien abductee)」というのですが、そのアブタクティーたちのポートレートを広く収集しているのが写真家のスティーブン・ハーシュという人。
 ハーシュ氏は国際UFO会議においてこれらの写真を撮影し、インタビューを収録したそうです。というわけで、アブタクティーたちの描いたイラストと共に証言の要約をどうぞ。より多くの写真をご覧になりたい方は、ハーシュ氏のウェブサイト「Little Sticky Legs」へ。

続きを読む

【話題】米政府が宇宙人に関する公式見解を発表、「エイリアンが地球に接触してきた事実はない」

alien_bush

 米ホワイトハウスは先日、「地球外生命体が人類に接触してきていることを正式に認めてほしい」という国民の請願に応え、地球外生命体の存在に関する公式見解を明らかにしました。
 ホワイトハウスは国民から寄せられた請願のうち、30日以内に5000以上の署名が集まったものについては返答を約束しており、今回の請願については1万2000を超える署名が集まっていたとのこと。

 発表された米政府の公式見解によると、「宇宙人が地球に接触してきた事実はない」と断言しています。

続きを読む

【動画】古代のエイリアンとアンデッドに関するドキュメンタリー - Ancient Aliens

ancient-aliens-and-the-undead

 どうやらシリーズ化されているらしいPINDZ MEDIAの『古代のエイリアン(Ancient Aliens)』シリーズより、「エイリアンとアンデッド」をお届け。ミイラ(ゾンビ)と宇宙人に関する映像や画像が山ほど出てきて、見ごたえありすぎです。
 ただし動画が40分強と長尺なので、興味のある方だけにお勧め。時間のある時にでもどうぞ。ええ、シリーズ見てたらお腹いっぱいですとも。

 一応キャプション翻訳で日本語字幕も使用できますので、ご利用ください。自動翻訳で時々笑える特典もアリ。

続きを読む

【動画】ブラジルの熱帯雨林に、宇宙人が現れた

Alien filmed in Brazil

 イギリス発の大衆紙サイト「The Sun」が、ブラジル熱帯雨林に現れた宇宙人のことを報じています。
 話題となっているビデオは、2名のイギリス人旅行者によって撮影されたとされるもので、いわゆる「グレイタイプ」と見られる宇宙人と、UFOもしくは空間転移装置らしき発光物体が映り込んでいました。

続きを読む

【動画】前代未聞の超巨大UFOが中国に出現!

youku

 9月1日、中国廣州岑村のとある池に、いまだかつてない超巨大サイズのUFOが現れたそうです。
 ネタ元によると、「飛行時に発生する音がないことから、このUFOはアンチ・グラビティ・ブースターや、機体の周りに真空を発生させる超高真空パネルを搭載した、非常に高等な科学技術レベルを持つ宇宙人が搭乗している可能性が考えられる」とのこと。

 動画を見た中国のネットユーザーは震えあがり、以下のようなコメントを残しているらしい。

「偽だろ!」
「ぜってー偽!」
「この動画を作った人間を人肉捜索するぞ!」
「良い偽動画だ」
「中国のCG作成技術も進化したな。」
「もし偽だったら、中国のSF映画も面白くなるかも」
「ニセモノだと思います。」

続きを読む

【動画】BBCの記者が高速道路上で撮影したUFO

article-2028109-0D7F6FE800000578-628_634x356

 数日前にBBCの記者が撮影したという、UFOの動画をご紹介します。

 映像はスタンステッド空港にほど近い高速道路を走行している車中で撮影されたものですが、撮影当時の車内にいたのはBBCラジオ5のライブ・スポーツジャーナリストである、マイク・シュー氏。
 UFO研究家のニック・ポーペ氏が『The Sun』に語ったところによると、「本当に面白いビデオです。それが本物だと仮定した場合、私が長い間に観てきたビデオの中でも奇妙なものといえるうちの一つです」とか。ふむ....。

続きを読む

【動画】カナダで撮影された巨大なUFO雲が話題

CLOAKED UFO

 カナダのモントリオールで撮影された巨大な雲が、まるでUFOの基地のようだとして話題となっています。
 動画を YouTube にUPした人物は、「CLOAKED UFO??(覆い隠されたUFO?)」というタイトルをつけており、巨大な雲の内部で稲妻が何度となくスパークする様子は、UFOとは関連付けずとも神秘的な威容を感じさせます。

続きを読む

【UFO】バルト海に沈む謎の『円形物体』をトレジャーハンターが発見

cirkelgra

 1997年にヨンシャーピン号という船体から発見されたシャンパンを探していた、海洋専門のトレジャーハンター(宝探し)グループが、バルト海の海底から意外な発見をしたとして話題になっています。

 バルト海の海底87メートルから発見されたのは、直径でおよそ60メートルほどの円形の物体。巨大な船舶ではないかと推測されていますが、300メートルほども引きずられたような痕跡が認められ、通常の沈没船の痕跡とは異なることから海外のインターネットユーザーの間では様々な憶測が飛び交っているようです。

続きを読む

【話題】イランが“空飛ぶ円盤”の製造を主張

article-1367204-0B3884D200000578-586_468x286

「台所の照明みたい」とか言ってはいけません。
 画像の二十世紀臭の濃厚な空飛ぶ円盤(UFO)は、イランが製造を主張している『ゾバル Zohal 』と呼ばれる無人宇宙船で、名前の意味は土星からきているらしい。
 おそらくその形状から「土星」という名称がつけられたこの超ハイテク飛行物体は、さまざまの最先端のミッションに対応しているそうです。イラン学生通信(ISNA)によれば、「輸送および飛行が容易であり、騒音が少ない新世代の垂直上昇機。空中撮影用に設計された“宇宙船”であり、画像のブレ補正装置とGPSの他、フルHD品質の画像録画システムを搭載している」らしい。
 宇宙船であることを除けば撮影機能は市販の日本製品で代用できそうな気がしますけれども、たぶん気のせいです。

続きを読む

【NASA】宇宙生物学上重要な発見は、『ヒ素を摂取し生命維持できるバクテリア』


 アメリカ航空宇宙局(NASA)が、「宇宙生物学上の発見」とした記者会見が、2日(日本時間3日未明)ワシントン市内で行われ、通常の生物にとっては猛毒であるヒ素を摂取して生命を維持するバクテリアを発見したと発表しました。
 今回の会見を、NASAは「宇宙生物学上の重要な発見」と設定したため憶測が広がり、CNNなど国内外のメディアがこぞって取り上げるという「宇宙人発見騒動」が起きていたといいます。

 ところが実際の発見は宇宙人の捕獲でもUFOのお披露目でもなく、生命体の概念を広げるという意味での重要な発表というにとどまりました。もっとも、これだって充分に重大な発見ではあるわけですが、宇宙人発表に期待で胸を高鳴らせていた向きにはがっかりさせる内容であったのかもしれません。

続きを読む

【ショートフィルム】宇宙人による誘拐“エイリアン・アブダクション”後の世界を描いた短編作品 - Inspection

Inspection

 バンクーバー・フィルム・スクール(VFS)による短編SF作品ですが、映画の一シーンを思わせるクオリティになっています。
 冒頭に示されるように音響に気を配った作品ですので、ヘッドフォンで聴くなりすれば楽しめるかな、と。とはいえ2分足らずの作品で物足りなさは残りますが、個人的にはこういう作品、好きです。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード