付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

PV


【動画】あのマツケンサンバがテクノになって帰ってきた!「アンドロイド・マツケンサンバ」PV

matsuken-robo

 あのマツケンサンバが帰ってきた! なぜかアンドロイドになって!
 というわけで、デジタルビートに乗せて華麗なロボットダンスを披露する我らが松平健さんがジワジワくるPVは、JCNによる新サービス「JCNスマートテレビ」のプロモーションとして製作されたもの。
 30秒CMも公開されていましたが、ストーリー仕立てのフルバージョンもあるようなのでご紹介します。
 
続きを読む

【動画】“あのPV”のパロディ動画「Cool Things to Find」がセンスいい

Cool Things to Find

 オーストラリアの鉄道会社による死亡事故防止キャンペーン「Dumb Ways to Die」のPVは以前にお届けしたとおりですが、やはり人気が高かったらしく、パロディPVが早速できあがっていました。
 パロディといっても、探査ローバーのキュリオシティが様々なものを発見する、というコンセプトで制作されたPVは完成度高いです。キュリオシティが火星で見つけてしまうクールなモノも、アメリア・イアハートやウォーターゲート事件のニクソンの失われたテープだったり、ちょっと面白い。

続きを読む

【動画】アニメで見るバカな死に方いろいろ、キャンペーンPV「Dumb Ways to Die」

199

 列車による死亡事故防止キャンペーンとして、オーストラリア・メルボルンのメトロが公開したミュージックビデオが話題です。
 Tangerine Kitty というミュージシャンが歌うPV「Dumb Ways to Die」は、キュートなキャラクターを使って様々の“バカな死“を描いています。公式サイトではトップ画面に表示されるキャラクターをクリックすると、バカなことをするとこんなことになっちゃうよ、というアニメーションが。
 耳に残る優しいメロディと愛らしいキャラクター、ブラックだけど痛烈なメッセージ。とても印象深いPVになっています。

続きを読む

【動画】地層の交接、Bjork(ビョーク)の新PV「Mutual Core」はMOCAの配信

Mutual Core

 Bjork(ビョーク)の最新PV「Mutual Core」は、MOCA(ロサンゼルス現代美術館:The Museum of Contemporary Art, Los Angeles)の企画により制作され、YouTube で公開されたものとなっています。
 昨年リリースしたアルバム『バイオフィリア』の収録曲ですが、有機的に表現される地層というイメージは実にアーティスティック。ビョークのPVはホント魅力的なものばかりです。

続きを読む

【動画】エレクトロ・ポップな酒ダンス対戦PV「Sake」が面白い

sake

 ロンドン出身のクオールズとパリ出身のアメリによるフレンチポップ・デュオ「ジュピター」は、レトロ感たっぷりなキラキラ・ディスコ・チューンで大注目なのだそうな。
 で、最新アルバム「Juicy Lucy」にも収録されている、日本の酒をモチーフにしたトラック「Sake」はヨーロッパや日本のクラブシーンでも大ヒットしたそうです。謎のお酒ダンスで赤チームと青チームが対戦するというユニークなPVですが、メチャ楽しい。

続きを読む

【動画】鉄拳のパラパラ漫画「振り子」、UKロックバンド MUSE の公式PVとしてリリースが決定

huriko

 お笑い芸人の鉄拳さんが制作した泣けるパラパラ漫画「振り子」が、BGMとして用いていたイギリスのロックバンド「MUSE(ミューズ)」の公式ビデオクリップとして、ほんとに採用されることが決定したようです。

 もともとはテレビ番組の企画として制作された同作品でしたが、その泣けるストーリーと完成度の高さが話題となり、ネットで共有されるや世界レベルの人気動画となっていったというもの。
 そのことが、やがてイギリスのロックバンド「MUSE」の耳にも届き、今回の快挙となったというしだい。

続きを読む

【音楽】ローリング・ストーンズの新シングル「Doom and Gloom」のリリックPVが公開

The_Rolling_Stones_release_new_song_Doom_and_Gloom___listen

 ローリングストーンズのニューシングル「Doom and Gloom」が解禁。
 パリにメンバーが7年ぶりに集まりレコーディングしたもので、プロデューサーにはドン・ウォズを起用。 11日にはリリックPVも公開され、iTunes からもダウンロード販売されています。
 この曲は日本で11月14日、海外では同12日に発売のベスト・アルバム『GRRR!』に収録されているもの。
 ベストにはもう1曲の新曲「One More Shot」も収録だとか。
 結成50周年。ロック爺ちゃん、ド健在すぎる。

続きを読む

【動画】英国版「Xボンバー」、ブライアン・メイ&フレンズ「スターフリート・プロジェクト」

Star Fleet

 おお、これは「Xボンバー」ぢゃまいか。

 というわけで、1980年から翌81年にかけてTVで放送されたスーパーマリオラマ(特撮人形劇)「Xボンバー」は、原作を永井豪が担当したジャパニーズ・スペースオペラの隠れた名作。
 イギリスで「STAR FLEET」、フランスでは「BOMBER X」のタイトルで放映されており、ご紹介するのは、クイーンのギタリストであるブライアン・メイ&フレンズによるPVと関連動画など。

続きを読む

【動画】時空を駆け抜ける少女、中島愛「Transfer」のPVがイイ!

Transfer

 日本よりも海外で話題になっている感がある、中島愛「Transfer」のビデオクリップ。
 livetune(ライブチューン)名義での初のボーカリストを起用したシングル「Transfer」は、スクウェア・エニックスのアーケードゲーム「ガンスリンガー ストラトス」のテーマソングとしても採用されている楽曲です。

 PVは、一人の少女が様々の時代や時空を越えて駆け抜けるという、実に疾走感を感じるアニメーションになっています。
 なんとなくダイコンIVのビデオを思い出してしまいましたが、様々のイメージを展開するコラージュアニメっぽい感じもいい。

続きを読む

【動画】シリアックが監督、フライング・ロータスのPV「Putty Boy Strut」

Flying Lotus

 付録部でもたびたび取り上げている、イギリスのGIFアニメーター「スィリアック(シリアック)・ハリス(Cyriak Harris)」の最新動画はLAの音楽プロデューサー、フライング・ロータスのニューアルバム「Until the Quiet Comes」より Putty Boy Strut のビデオクリップ。
 動画でスィリアックが担当したのは監督であるとのことで、これまでの作品と比べるとカオス度控えめ、ポップなアニメーションになっています。

続きを読む

【音楽」人体がグニョグニョするPV「Kenton Slash Demon - Ore」

Kenton Slash Demon

 デンマーク出身の気鋭のハウス・デュオ「ケントン・スラッシュ・デーモン(Kenton Slash Demon)」の最新シングル「Ore」のミュージック・ビデオが、ちょっとだけエロくてカッコいいので、ご紹介。
 オープンソースのプログラム Processing を使用したというPVは、テクノと人体ぐにょぐにょ感の融合がキモ心地いい作品。
 ちなみに、音楽はこちらからフリーダウンロードできます。

続きを読む

【動画】超現実マカロニ・ウエスタン「Roland, I Feel You」のPVがツボすぎる

Get Well Soon

 この信じられないくらいゴージャスなPVは、ドイツ出身のコンスタンティン・グロッパーを中心に結成された「Get Well Soon」によるもの。

 彼らの3枚目となるアルバム「Scarlet Beast O'seven Heads」に収録された「Roland, I Feel You」のビデオクリップは、アレハンドロ・ホドロフスキーやパラジャーノフを思わせる超現実的な絵作りに、ダイナメーションまで登場するというハチャメチャぶり。
 画質を高めに設定し、フルスクリーンで鑑賞することをお勧めします。
 たっぷり7分、飽きさせません。むちゃくちゃカッコいいぞ。

続きを読む

【PV】ベータマックスの時代へ、ホラーなオマージュ「Emperor Yes - Wasps」

emperor-yes-crop

 エンペラー・イエスのデビューシングル「Wasps」のビデオクリップはベータマックスの時代へ向けたオマージュを謳っており、80年代から90年代へかけてのホラー映画をイメージさせる映像で制作されています。
 冒頭から日本語の自動湯沸かし器のガイダンスが流れて笑わせられますが、世代的なものか、こうしたイメージの映像は実に心地よい。
 ちなみに日本語の字幕翻訳はロンドン在住フリーランスのデザイナー、フクオカアヤノさんによるものです。

続きを読む

【PV】日本語で歌う洋楽、Chairlift が「ありえない気持ちよさ」

I Belong In Your Arms

 iPod nano のCMソングに楽曲「Bruises」が大抜擢されたことで注目を集めた、ブルックリン拠点の3人組「Chairlift(チェアリフト)」。
 メジャー争奪戦となったデビュー作「ダズ・ユー・インスパイア・ユー」がインディ発の注目新人としてブレイクしましたが、ニューアルバム『Something』の日本版リリースに合わせて公開されたPVが面白いです。

 ボーカルを務めるキャロライン・ポラチェックさんは幼少期に日本に滞在していたことがあるそうで、ちょっと奇妙な日本語でリリックに歌い上げるミュージックビデオ「I Belong In Your Arms」を仕上げてくれました。
 日本語字幕が、カラオケ画面みたいなキッチュさで楽しい。

続きを読む

【PV】“酔いどれ詩人”トム・ウェイツの新しいビデオ「Bad As Me」

Hell Broke Luce

 トム・ウェイツが2011年に発表したアルバム「バッド・アズ・ミー(Bad As Me)」から、マット・マハリン監督によるPV「Hell Broke Luce」が公開されていたのでご紹介。
 以前にカルトアニメに出演という記事で触れたことのあるトム・ウェイツですが、唯一無二の存在感は健在のようです。
 ビジュアルもメチャかっこいい。
続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード