付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

MV

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

クラシック・ポルノに闖入しまくるMV『Fick ihn doch』

alligatoah1

 ドイツはランゲン出身のラッパー「Alligatoah」が発表した、古いポルノ作品に合成出演しまくりのミュージックビデオ『Fick ihn doch』をご紹介。
 本名はルーク・ストローベルというそうで、2006年に『ATTNTAAT』というアルバムでデビューして以来、なかなか過激な作品など発表しているようです。
続きを読む

NASAが今年の締めくくりにMVを公開。テーマはISSとHOME - 『93 Million Miles』

93_million_miles2

 2011年の完成以来、活動を続けてきたISS(国際宇宙ステーション)。
 そんなISSで、2014年に行われた実験映像を中心に編集されたミュージック・ビデオを、NASAが公開しました。
 楽曲はジェイソン・ムラーズの『93 Million Miles』。
 地球と太陽の距離9300万マイルをタイトルに、「帰る場所はここにある」と歌うリリックな歌詞が、不思議とISSの映し出す宇宙の光景と重なります。

続きを読む

バイヴでイキながら歌ってみたよ。『Gets Orgasms While Singing』

Orgasms While Singing

 オランダの4人組ガールズバンド「ADAM」のメンバー、サンヌとアンナとスザンヌが好からぬモノを局部に挿し入れながら、歌ってみたという動画。
 歌いながらオーガズムを得ましたという衒いのないタイトルも素敵ですが、どうして編集せずに収録してくれなかったんだと悔しい思いも残しつつ、いろいろ想像を膨らませながら見てしまう作品。
 彼女たちが歌っているのはGo To Goという自分たちのシングルなので、興味のある方はiTunes‎へGo To Go

続きを読む

【動画】フィーチャリングはロボット! ジャック・コンテのサイバーPV『Pedals』が面白い

pedals

 ミュージシャンのジャック・コンテさんが公開したオリジナルMV『Pedals』は、フィーチャリング・リアルロボットを謳うめっちゃクールな音楽と映像。
 骨格むき出しのアニマトロニック・ヘッドが歌い、六脚のヘキサ・ポッドがキーボードを叩いてコンテさんの演奏をサポートします。ビデオの中でフィーチャされる六脚ロボットはマット・バンティングさん、シンギング・ヘッドはケビン・フェルステッド さんという技術者の方が制作したそうです。
 コンテさんの楽曲は、公式サイトからEPが丸ごと無料ダウンロードできますので、お気に召したら御利用を。

続きを読む

【音楽」人体がグニョグニョするPV「Kenton Slash Demon - Ore」

Kenton Slash Demon

 デンマーク出身の気鋭のハウス・デュオ「ケントン・スラッシュ・デーモン(Kenton Slash Demon)」の最新シングル「Ore」のミュージック・ビデオが、ちょっとだけエロくてカッコいいので、ご紹介。
 オープンソースのプログラム Processing を使用したというPVは、テクノと人体ぐにょぐにょ感の融合がキモ心地いい作品。
 ちなみに、音楽はこちらからフリーダウンロードできます。

続きを読む

【PV】日本語で歌う洋楽、Chairlift が「ありえない気持ちよさ」

I Belong In Your Arms

 iPod nano のCMソングに楽曲「Bruises」が大抜擢されたことで注目を集めた、ブルックリン拠点の3人組「Chairlift(チェアリフト)」。
 メジャー争奪戦となったデビュー作「ダズ・ユー・インスパイア・ユー」がインディ発の注目新人としてブレイクしましたが、ニューアルバム『Something』の日本版リリースに合わせて公開されたPVが面白いです。

 ボーカルを務めるキャロライン・ポラチェックさんは幼少期に日本に滞在していたことがあるそうで、ちょっと奇妙な日本語でリリックに歌い上げるミュージックビデオ「I Belong In Your Arms」を仕上げてくれました。
 日本語字幕が、カラオケ画面みたいなキッチュさで楽しい。

続きを読む

【PV】“酔いどれ詩人”トム・ウェイツの新しいビデオ「Bad As Me」

Hell Broke Luce

 トム・ウェイツが2011年に発表したアルバム「バッド・アズ・ミー(Bad As Me)」から、マット・マハリン監督によるPV「Hell Broke Luce」が公開されていたのでご紹介。
 以前にカルトアニメに出演という記事で触れたことのあるトム・ウェイツですが、唯一無二の存在感は健在のようです。
 ビジュアルもメチャかっこいい。
続きを読む

【動画】プラスチックの兵士がダンス「Choreography for Plastic Army Men」

Choreography for Plastic Army Men

 小さなプラスチックの兵隊人形を使ったストップモーションで、めちゃめちゃお洒落なミュージック・ビデオを制作したのは、スポンジボブのアニメーターでもあるというデビッド・フェインさん。
 由紀さおりさんとの共演でも話題となったピンク・マルティーニの楽曲「オハヨー・オハイオ」の選曲も抜群で、シンプルなモチーフなのに色っぽくて素敵な映像になっています。おすすめ。

続きを読む

【動画】12,000枚の画用紙で作られたストップモーション

Josh Ritter

 アイダホ出身のシンガーソングライター、ジョシュ・リッターの新譜「Love Is Making Its Way Back Home」のために製作されたPV。
 12,000枚の画用紙を使用して作られたストップモーションで、ディレクターを務めたのは Erez Horovitz という人。レーザーカットされた色画用紙を立体的に配置することで生み出される、ポップでどこかノスタルジックなイメージ。これは感動させられてしまった。

続きを読む

【音楽】日本のポップカルチャーをリミックス「Strausz」のPVがカオスすぎる件

strausz_photofull

 ブラジルを拠点に活動するミュージシャン、Strausz による混沌たるリミックスPV、「Garoto Nacional」。
 ポケモンやゴジラをはじめとするポップカルチャー、NHK懐かしのテレビ番組「YOU」のオープニングタイトルや報道映像など、様々な日本のアイコンがリスペクトされています。カオスすぎてもう....。

 ちなみにトップ画像はオフィシャルの紹介写真から。
 カッコよすぎてもう....。

続きを読む

【音楽】自動車で楽器を奏でる“OK Go”のPVが凄すぎる

OK Go

 以前にも何度かご紹介しているシカゴ出身のロックバンド「OK Go」。
 毎回趣向を凝らしたパフォーマンスで楽しませてくれる彼らが、今回も期待を裏切らない斬新な映像を披露してくれました。

 話題となっている彼らの新曲“Needing/Getting”のオフィシャルビデオは、車に取り付けられたアームが、コースに設置された様々の楽器を叩いていくことで音楽を奏でるというもの。コースには55台のピアノ、288本のギター、1157個の様々な手造りの楽器が設置されているそうです。

続きを読む

【動画】いきなり「ちいせぇ!ちいせぇ!」と痛いとこを突いてくるPV - King Charles "Bam Bam"

King Charles-bam bam

 いきなり外人に「ちいせえ、ちいせえ」言われてワロタwwwww

続きを読む

【動画】肩の関節はずれてる? ガスマスク集団の異様なフレキシング・ダンス

Zilla March

 ニューヨークの駅構内で、異様なダンスを踊るガスマスク集団。
 B'zwax の“Zilla March”という楽曲のPVのようですが、ガスマスク集団によるビジュアルイメージは強烈で、最初はちょっとギョッとした。

 彼らのダンスは、フレキシング(Flexing (Dance))と呼ばれるスタイルらしい。ボーン・ブレイキングという、肩の関節が外れたような独特の動きが特徴で、ダンサーのことをフレクサー(Flexors)と呼ぶそうです。
 なんだか中毒性のあるビデオだなあ....。

続きを読む

【動画】フォークロア風のアニメーションMV - The Shrine / An Argument

The Shrine

 2008年にマイナーレーベルよりひっそりとリリースされたデビューアルバム「Fleet Foxes」が話題を呼び、全世界の主要年間チャートを独占するという快挙を成し遂げたフリート・フォクシーズ。
 4月に発売された彼らのニューアルバム「ヘルプレスネス・ブルーズ」に収録された楽曲、「The Shrine / An Argument」をモチーフに、Sean Pecknold 氏が製作したミュージックビデオのご紹介です。
 フォークロアを思わせる幻想的なアニメーションが、とにかく美しい。
 ご覧の際には、ぜひフルスクリーンで。

続きを読む

【動画】映画の俯瞰シーンばかりを集めたMV - God's Eye View

God's Eye View

 フィラデルフィア在住のブライアン・キャロルさんによる、映画の俯瞰シーンばかりをモンタージュしたミュージックビデオ。楽曲はヤー・ヤー・ヤーズのダウンボーイ。
 単に俯瞰シーンばかりを集めただけと思いきや、これがかなりイイ感じ。選曲もマッチして、すごく興味深い映像に仕上がっています。観たことのある映画、必ず出てくると思うので、それを探しながら観るのも楽しいかも。
 ちなみにオフィシャルのPVではないようなので、念のため。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード