付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

飛行


【生物】知られざるイカ学、イカが空を飛ぶことが証明される(北大研究)

img_470618_27834165_0

 イカが空を飛ぶなんて、いかがわしい感じがしますが、れっきとしたホントの話――。飛行するイカの連続写真を世界で初めて撮影することに成功し、その飛行行動を詳らかにしたのは、北海道大学・北方生物圏フィールド科学センターの山本潤助教授らによる研究グループ。
 外洋性のイカには高度に発達した飛行能力が備わっていることが、これにより証明されました。

続きを読む

【動画】空飛ぶセグウェイ、「フライング・プラットフォーム」1955年のニュース映像

First Flying Platform

 かの「フライング・パンケーキ」の生みの親であるチャールズ・H・ジンマーマンが米陸軍と米海軍研究局(ONR)に協力して開発した、最初期の「フライング・プラットフォーム」のデモンストレーション映像をご紹介。ダクテッドファンを搭載した一人乗り用の飛行装置で、動画は1955年のニュース映像からのクリップとのこと。
 動画のタイトルに「First Flying Platform」とあるように、かなり初期段階のデモ映像だと思われますが、いちおう順を追って動画を探してみました。なかなか興味深い感じになってるとは思う。

続きを読む

【画像】プロペラで浮上!ホバーバイク

A-hoverbike

 オーストラリアに暮らすクリス・マーロイさんの製作したホバーバイクは総排気量1170cc、カーボンファイバーとケブラー素材で構築された機体は105kgあり、クリスさんによると最大離陸重量は270kg。ということは比較的軽量の男性しか乗れないってことでしょうか。
 ちなみに1000フィート(約305m)以上の上昇が可能と推定され、少なくとも170mph(約76.5km/h)の速度が出るのだそうです。

 バランスを保つのに慣れが必要な感じですけど、なかなかカッコいい。なんといっても車輪を持たないバイクってSF世代の夢ですから。

続きを読む

【動画】ジェットパックによる飛行が高度1500メートルに到達、以前の実験の100倍の高度を達成する

Martin Jetpack 5000ft flight

 人が背負うジェットパックによる飛行が、とうとう高度1500メートルにまで上昇、時速96キロ以上で巡航できるほどに進化したようです。

 動画の飛行試験を行ったのはニュージーランドの Martin Aircraft 社、『Martin Jetpack Prototype 11』と名付けられたジェットパックは縦横ともに1.5メートルの大きさ。Martin社によると、推力はおよそ272キロで、搭載燃料は約19リットル。最高時速はおよそ100キロで、約50キロメートルの航続距離があるとのこと。
 以前のバージョンによる飛行試験では上空15メートルにしか到達しなかったといいますから、一気に100倍の高度に到達したということですね。

続きを読む

【動画】まるで本物の鳥のような飛行モデル - SmartBird

festo-smartbird-03252011

 ご紹介する映像は、Festo 社の開発した SmartBird という飛行マシン。セグロカモメに触発されたというスマートバードですが、上下の羽ばたきだけではなく、計算された角度で翼にひねりを加えるなどの工夫と複雑な制御システムで、自立的に離陸するなどの機能も備えているのだとか。
 飛行している姿は優雅で、本当に生きている鳥のようです。

続きを読む

【動画】空のセグウェイ!? 世界初の市販可能なジェットパック

martin-jetpack-1

 国によってライセンス基準は異なりますが、ご紹介するマーティン・ジェットパックは世界初の市販可能な飛行用ジェットパックとのこと。
 5ガロンの燃料で約30分間の飛行が可能なのだそうで、多少のトレーニングが必要ですが、将来に向けた用途の多様化を視野に“空のセグウェイ”という通称もあるのだとか。
 安全面など多少の不安も感じますが、詳細については公式サイト参照のこと(英文ですが)。

続きを読む

【動画】ジェットエンジン搭載のウイングスーツで空を飛ぶ、“ジェットパックマン”

Jetpack

 ジェットパックマンこと Yves Rossy 氏はオーダーメードのジェットエンジンを積みこんだウイングスーツに身を包み、熱気球から大空へ飛び立ちました。ウイングスーツを装備した彼の姿は、まるで自身が飛行機と化したかのようです。
 二度のループ飛行に成功した Rossy 氏がパラシュートで着地するところまでを捉えた動画ですが、彼はとてもハッピーだと答えたそうです。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ