付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

韓国


【閲覧注意】死産した乳児で作った『人肉カプセル』中国から密輸、漢方薬として出回る

capsule

 韓国の月刊誌「新東亜」8月号は、死産した乳児らの人肉でつくった粉入りカプセルが中国から持ち込まれ、薬として密売されていたと報じました。
 韓国関税庁の協力を得て国立科学捜査研究所に成分分析を依頼したところ、人間の遺伝子と99%が一致。男性の染色体も確認されており、女性の胎盤ではないとのこと。
 関税庁関係者は時事通信に対し、「塩基配列からも人間に間違いない。男女双方の遺伝子が確認された。他の動物とは考えられない」と答えています。

続きを読む

【話題】韓国が『光る犬』を開発、2007年には『光る猫』も開発していた

glowing dog

 韓国ソウル大学の科学者チームが27日、クローン技術を用いて「光る犬」を創り出したと発表したとのこと。
 聨合ニュースが伝えたところによると、遺伝子操作で2009年に誕生したメスのビーグル犬『Tagon』に、抗生物質の ドキシサイクリン を投与することで、紫外線下で蛍光緑色の光を放つことがわかったそうです。

続きを読む

【まとめ】レディー・ガガさん、被災者支援の収益を着服したとして提訴される 他いろいろ

img4bf7e199zik6zj
 米人気ポップ歌手レディー・ガガさん(25)が東日本大震災の被災者支援に向けて企画したチャリティーリストバンドをめぐり、ミシガン州の団体が、当初の呼び掛けに反して収益全額が被災者に渡っていないとして、ガガさんらを相手に連邦裁判所に集団訴訟を起こした。

 この団体は24日に提訴し、5ドルで販売されたリストバンドについて、ガガさんと販売などを担当する企業が送料を過剰に請求し、「寄付金の合計額を作為的に膨らませている」と主張している。

 団体の弁護士は「われわれはレディー・ガガの慈善活動を称賛しているが、すべての収益が被災者に送られるとの呼び掛けが真実であるかを確かめたい」とし、訴訟の目的がすべての不正を明らかにして、収益の全額を被災者に届けることにあると述べた。

 ガガさんと代理人からは27日の時点でコメントを得られていない。
(source.↑ロイター / ↓痛い信者)

24:名無しさん@涙目です。(熊本県):2011/06/28(火) 13:15:24.72 ID:qOjyG/PS0

あの露出狂が着服なんてするわけないだろ

43:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/06/28(火) 13:19:44.90 ID:MnUqCzs8i

>>24
評価する

48:名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/06/28(火) 13:20:41.80 ID:jLuKnhKi0

>>24
不覚にもワロタ

 続きは面白情報いろいろ。

続きを読む

【時事/報道】菅談話 - アジア全域へ飛び火する懸念を残した、誇りの叩き売り。


 面倒くさいから書くのはやめようと思ったんですが、やっぱり腹の虫がおさまらないから書くことにする。
 文章長いから覚悟してください(嫌なら読まなくていいですわ)。

 歴史に関して日本国政府がどれほど謝罪を重ねてきたかを調べてみると、その夥(おびただ)しさに愕然(がくぜん)とする。ざっと見て、日中国交正常化当時の田中角栄以来、菅直人首相の談話まで、実に36回に上る。

 歴代の首相、官房長官、昭和天皇および今上天皇の発言の一覧表を前にして、なにゆえにわが国はこれほど心からの反省を誓い続けるのかと暗澹(あんたん)たる思いである。

 だから、なにもすんな三年寝てろと。

続きを読む

【アニメ】潰せ!壊せ!ぶちのめせ!伝説のコリアンロボット『テコンV』が日本アニメ界に殴り込み!?

画像クリックで公式サイトへ
(※画像クリックで公式サイトへ飛びます)

 ということで、日本ではなにかと笑いの対象とされる韓国製オリジナルロボット、なにがなんでもオリジナルということらしい『テコンV』が日本公開、そしてついに公式サイトをオープンしたのだそうです。

Via. 日本のアニメシーンに激震をもたらす?映画『テコンV』オフィシャルウェブサイトオープン&お面付きチラシ配布開始:デジログ!

続きを読む

【韓国メディアが分析】モロゾフコーチはフィギュアスケート界では有名な祈祷師。

actbrise-waraningyou-usb-memory

韓国メディア「ヨナは日本のコーチから呪いをかけられていた!」
 キム・ヨナ選手のコーチを務めるオーサー氏はいつも、キム・ヨナ選手に対して「自分の持ち物から絶対に目を離すな。髪の毛ですら注意を払わなければならない」と語っていたという。この言葉は一体何を意味しているのだろう。
 記事によると、バンクーバー五輪の開催期間中、安藤美姫選手のコーチを務めるモロゾフ氏が、キム・ヨナ選手が練習をしている最中にリンクに姿を現し、大声で何かをつぶやいていたという。記事では、「モロゾフコーチはキム・ヨナ選手が失敗するよう呪いをかけていた」と報じた。
 続けて、「モロゾフコーチはフィギュアスケート界では有名な祈祷師である」とし、安藤美姫選手が競技を行っている最中はいつもリンクの外で何かをつぶやき、安藤美姫選手が良い成績をおさめることができるよう念じているとした。
 さらに記事では、浅田真央選手が今季限りで師弟関係を解消する予定のタラソワコーチもモロゾフ氏と同様の方法で相手選手を呪うと報じ、「彼らは相手選手の髪の毛や気に入っている物に呪いをかける」とした。キム・ヨナ選手のオーサーコーチが「自分の持ち物から絶対に目を離すな」と語った意味はここにあるという。(編集担当:畠山栄)

 引用終わり。

 いい加減いろんな事がアホらしくなるから、こういう記事を三大紙が載せるようなことはやめてくれないか、韓国。



【竹島】日本の領有を示す立札が韓国で曲解されているようです。※追記あり

 以前のエントリーでも懸念していたことが、やはり現実になってしまったようです。
 以下の引用は『朝鮮日報/chosun online』によるものですので、その点ご考慮を。

独島:日本側が搬出を防ごうとした「立て札」(上):朝鮮日報

 以下、引用。

 日本側が韓国に売られることを懸念していた江戸時代の木製の立て札が、劇的な形で韓国に持ち込まれた。この立て札は1837年のもので、独島(日本名:竹島)と鬱陵島は韓国領のため、日本人の渡海を禁止するという内容が記されている。

鬱陵島の立て札

 この立て札は、昨年3月に京都で競売にかけられた。産経新聞は「当時、日本では鬱陵島を竹島と呼んでおり、今の竹島とは別の場所なのに、韓国側はこれを利用して自国の領土だと主張する誤りを犯している。この立て札が韓国側に渡ってはいけない」という趣旨の報道を行った。

 そんな立て札を、韓国人の事業家が150万円で購入した。立て札は、独島や鬱陵島周辺で操業していた漁民二人を海禁令違反で江戸幕府が処刑した翌年に作られたもの。

 木製の立て札は、1837年2月に江戸幕府の命令を受け、高田藩が新潟の海岸に掲示したもので、大きさは縦33センチ、横72センチ。立て札の上には二つの輪が付いており、掲示板に下げられていたものとみられる。

 立て札には、「竹島(鬱陵島)は元禄時代から渡海停止を命令した場所であり、他国の地に航海することを厳重に禁止する。竹島の右の島も航海してはならない」と記されている。(鬱陵島の)右の島とは、独島を指す。

 国際文化大学院大学のイ・サンテ助教授は、「この立て札には、竹島(鬱陵島)の右の島(独島)まで航海禁止を命じたと記されており、日本が独島を韓国領と自ら認めた重要な資料」と語った。つまり、この「右の島」という文言のために、日本側が立て札の搬出を防ごうとしたと言う。

 渡海禁止の立て札は、鳥取県浜田市の郷土資料館にも一つ残っている。大きさは縦50センチ、横1メートルで、今回発見された立て札より2年後の1839年に作られたものだ。

 続きは以下。

続きを読む

韓国・鬱陵(うつりょう)島は江戸時代には竹島と呼ばれておりました。

竹島
(※*画像は竹島)

 「竹島は韓国領」誤解の“根拠” 立て札、競売出品へ
 2月27日8時6分配信 産経新聞

 江戸時代に「竹島」と呼ばれた韓国領の鬱陵(うつりょう)島について、「朝鮮国に属しており、渡航を禁じる」との内容が書かれた江戸時代の立て札が、京都市内で3月に開かれるオークションに出品されることが26日、分かった。鬱陵島は現在の竹島(韓国名・独島)とは異なるが、立て札の記述は韓国側が竹島を自国領と主張する際にたびたび引用されているという。立て札が韓国に渡る可能性もあり、竹島問題と向き合う島根県の関係者らは、成り行きを懸念している。

 という記事が、Yahoo!ニュースにて取り上げられていました。
 記事によると、

 立て札は天保8(1837)年に書かれたもので、幅73センチ、縦33センチ。「高田役所」の名があり、オークションの主催会社によると、越後高田藩(新潟県上越市)内で掲示された可能性があるという。

 東日本在住の所有者が出品し、最低落札価格は120万円。3月15日に京都市中京区の同社で公開入札される。

 鬱陵島を舞台に天保7年、石見浜田藩(島根県浜田市)の商人らが行った密貿易の関係者を処罰したことを伝える内容。「竹島」という記述とともに「元禄之度朝鮮国江 御渡ニ相成候 以来渡海停止候」との記述が読み取れる。

 「元禄之度」とは元禄5(1692)〜9年に起きた「竹島一件」と呼ばれる鬱陵島をめぐる日本と朝鮮の領有権争い。以降、幕府は同島への渡航を禁じており、立て札は幕府の命を改めて掲示したとみられる。

 島根県の竹島問題研究顧問の杉原隆さん(70)は「韓国側が『竹島』と記述された鬱陵島の資料を買い集めているという情報もある。立て札が韓国に渡れば自分たちの都合のよい資料として使われるだろう」と指摘している。

 参考までに、鬱陵島と竹島の位置図と、オークションに出品される件の立札の画像を以下に添付しておきます。

鬱陵(うつりょう)島オークションに出される立札


 もっとも、現日本領・竹島を、かつては「松島」と呼んでいたという点において(松・竹の対だったわけですね)、この場合の「竹島」とは、現・韓国領の鬱陵島を示すものに他ならないというわけで日本にとっては逆の意味での資料となっているのですが、そもそも鬱陵島・于山島も竹島と解釈し、どの島を指すのか確実に特定できる資料がない石島をも竹島と解釈してしまっている韓国にとっては、そんな日本側の主張など無視して、「独島(竹島)を韓国領であると日本側が認めていた決定的な証拠」として口実を与えてしまう結果になりかねません。


 続きは以下。
 竹島関連の、不愉快なCGアニメを添付しています。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ