babbage_difference_front_1k

 19世紀のイギリスの数学者であるチャールズ・バベッジは、世界で初めてプログラム可能な計算機――いわゆる階差機関(ディファレンス・エンジン)を考案したことで“コンピュータの父”とも評される人物。
 1991年にはバベッジ本来の設計に基づいた新たな階差機関が組み立てられており、彼の設計の精度が改めて確認されています。

 ご紹介するのは、米カリフォルニア州マウンテンビューにあるコンピュータ歴史博物館が公開した、バベッジの階差機関の画像と動画。
 ぶっちゃけ、よだれが止まらない美しさです。

続きを読む