article-1309018320751-0CB9233400000578-941288_636x443

 今年で23回を数える『醜い犬コンテスト』が米カリフォルニア州のペタルマで開かれ、ヘアレス(毛のない)犬の一種、チャイニーズ・クレステッド・ドッグとチワワのハーフ犬、ヨーダが優勝しました。
 飼い主のテリー・シューマッハさんによると、ヨーダを街角で拾った時は今よりもさらに小さくて「ネズミのようだった」そうです。

 映画『スターウォーズ』に登場するジェダイ・マスターから名をとり、“ヨーダ”と名付けられた世界一醜い犬も、今では14歳。晴れてフォースの力を借りてシューマッハさんに栄光をもたらしてくれました。
 シューマッハさんにとっては、この小さなジェダイの騎士は世界一醜く、そして世界一“美しい“パートナーであるに違いありません。

 続きはフォースを競ったジェダイ・マスターたちと、ヨーダの写真。

続きを読む