付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

遊園地

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

【画像】廃墟と化した遊園地、米「シックス・フラッグス」の今(19枚)

creepy_derelict_six_flags_amusement_park_640_02

 シックス・フラッグスは北米各地に展開される遊園地であり、一時は全米最大手を誇ったテーマパーク運営会社。
 アトラクションのほとんどが絶叫マシン系というものだそうですが、米国、メキシコ(Six Flags Mexico)とカナダ(La Ronde)に合わせて20ほどのアミューズメントパークを展開しているようです。

 ご紹介するのはニューオーリンズにあるシックス・フラッグス遊園地。
 2005年8月に、かの大型ハリケーン「カトリーナ」に襲われて以来放棄され、廃墟と化しているわけですが、同社は2009年に敬遠破綻したものの翌2010年には再建したそうです。
 それにしても、廃墟遊園地には独特の味わいがありますね。

続きを読む

【画像】見世物小屋と遊園地、1938年のカウンティ・フェアに興味津々(29枚)

article-2185060-146E5F14000005DC-128_964x765

 米ウェストバージニア州で80年前から行われているグリーンブライヤーバレー・フェアは、グリーンブライヤー農業協会の主催で行われる毎年恒例のフェアなのだそう。
 いわゆる“カウンティフェア”はアメリカ流の田舎祭り。自治体主催で行われる、日本でいえば夏祭りのようなものですが、黎明期のフェアではご多分に漏れず見世物的な興業も行われていたようです。

 ご紹介するのは写真家アルフレッド・アイゼンスタットの撮影による、1938年に行われたグリーンブライヤーバレー・フェアからの貴重な写真。
 遊園地や家畜の展示、ダンスショーなどに混じって、胃のない男や四つん這いの小人などのフリークショーも行われています。

続きを読む

【画像】恐竜ひしめく廃墟遊園地、シュールの楽園「Spreepark」(16枚)

Surreal Abandoned Amusement Park in Berlin 01

 まだ東西ドイツが隔てられていた1969年にケーぺニック地区に設営、「Spreepark」として知られるファンタスティックな遊園地は、1989年までその名前を「KulturparkPlanterwald」といいました。
 
 統一後の1989年、運営会社の変更により名称を「Spreepark(或いは Spreepark Berlin)」と改め、一時の訪問者数は年間150万人に達したのだそうです。以来、様々のコンセプトを取り込みつつ拡大していきましたが、同時に大規模な債務にも悩ませられ、訪問者数は40万にまで減少。
 2001年に運営会社である Spreepark GmbH は破産を発表。2002年以降は遊園地は完全閉鎖されましたが、今ではその得がたい廃墟の趣に多くの愛好家が存在するようです。

続きを読む

【動画】ブエノスアイレスと未来の遊園地「Buenos Aires - Inception Park」

buenos-aires-inception-park

 Black Sheep Films 製作、 Fernando Livschitz 監督による作品。
 まるで映画『インセプション』のように、ブエノスアイレスの街に出現した無重力感あふれる遊園地が素敵。ブエノスアイレスの街全体をアミューズメントパークにしてしまう、イマジネーションの奔放さが素晴らしい。

続きを読む

【画像】時を刻み廃墟と化した、中国の巨大なワンダーランド(動画あり)

wonderland_01

 中国は北京市郊外に建設予定だった「Wonderland Amusement Park」はアジア最大のテーマパークを目指し、20エーカー(約48万5000平方メートル)の土地に開発される予定だったもの。
 1998年から地元企業が開発をはじめましたが資金難から建設が頓挫し、以来、廃墟となったまま放置されているようです。

 話題に火がついたのは米国の写真家トレイ・ラトクリフさんが10月に公開した動画「Fake and Abandoned Disneyworld in China」から。
 9分余りの動画では、作りかけのまま廃墟として放置された園内の様子が確認できます。

続きを読む

【動画】自力で登るローラーコースターが登場(ドイツ)

Tiger & Turtle 01

 非常に奇妙ですが、まるで登山を行うかのように歩いて登るローラーコースター(ジェットコースター)がドイツに誕生したのだそうです。
 ドイツ人アーティスト、ハイケ・ムッターとウルリッヒ・ゲントが設計した『タイガー&タートルのマジックマウンテン(Tiger & Turtle – Magic Mountain)』は、実のところ遊園地の乗り物というわけではなくてオブジェのような扱い。といってもただ眺めるだけという味気ないものではなく、少なくとも高さ21mまでは登ることができるのだそう。

続きを読む

【画像】北朝鮮の寂しい遊園地カイソン・パーク(27枚)

Mangyongdae_27

 北朝鮮の万景台(マンギョンデ)にある遊園地、カイソン・パーク。
 CNNGoではあたかも楽しい場所であるかのように記事にされていますが、ガイドの連れ添う取材とは異なる姿がこちらの画像には写し出されています。
 スターリン主義政権のいびつな現状を、この人っ子ひとりいない寂れた遊園地は示しているのかもしれません。

続きを読む

【動画】三分割のノスタルジー - REVOLUTION

REVOLUTION

 キヤノン7DとGoPro HDを用いて、それぞれ異なるフィルターで撮影したという、素敵なショートフィルム。製作したのはイギリス在住のビル・ニューシンガー(Bill Newsinger)さん。
 こういうシンプルなアイデアを効果的に実践できるってすごい。

続きを読む

【画像】古のサーカス、貴重なビンテージ写真をいくつか

9999008821-l

 かつてのサーカスは、移動遊園地などと一体となって各地をまわるのが恒例でした。現在では移動遊園地は見られなくなったものの、サーカスにおいては各地での興業という形態を維持しているようです。

 というわけで、ご紹介するのは1800年代後半から1900年代前半にかけての古(いにしえ)のサーカス画像集。
 なにかの本か映画の影響なのか、昔から移動遊園地や見世物小屋などといったモチーフには目がありません。そんな管理人にとってはとても興味深いものでした。ある種の恐怖、異界の趣こそ興業の魅力ですね。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード