鳩山発言
細川内閣に1日及ばず=鳩山内閣:時事ドットコム
 鳩山内閣は4日に総辞職する見通しとなった。その場合、鳩山由紀夫首相の在職日数は262日で、自らが官房副長官として仕えた細川護煕元首相に1日及ばない。現行憲法下の歴代首相29人中、5番目の短命政権となる。
 時事通信の世論調査で、鳩山内閣の発足当初の支持率は60.6%と、小泉、細川両内閣に次ぐ歴代3位の高水準でスタート。だが、5月の調査では19.1%に下落。最後まで高支持率を維持した両内閣とは対照的な幕切れとなった。(2010/06/02-22:32)

 ひとまず現行憲法下での短命内閣ワースト10をコピペしておきますと、

(1) 羽田孜内閣 64日
(2) 石橋湛山内閣 65日
(3) 宇野宗佑内閣 69日
(4) 芦田均内閣 220日
(5) 鳩山由紀夫内閣 262日 ←NEW
(6) 細川護煕内閣 263日
(7) 片山哲内閣 292日
(8) 麻生太郎内閣 358日
(9) 福田康夫内閣 365日
(10) 安倍晋三内閣 366日

 ということですが、その内の(1)(3)(5)(6)位に小沢一郎総書記が深く関わっていることをこっそり触れておきます(笑)
 間接的にマスメディアを利用して、という野党・民主党時代の関わり方を介入と呼べるのであれば、近年の短命内閣のほぼ全てに小沢一郎という人物が関わっているということが言えましょう。いい加減、この人物の存在が日本の国益にとって百害あって一利なし、ということに気付いても宜しいのじゃないでしょうか。

続きを読む