付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

軍事


【画像】コブラの生き血でサバイバル力アップ!多国間軍事演習「コブラゴールド2013」

05

 1982年から行われている東南アジア最大の多国間合同軍事演習・コブラゴールドですが、ご紹介する画像は2月20日に行われた、米軍のジャングル・サバイバル・プログラムの様子。
 タイで今年行われた“コブラゴールド2013”は、日本、米国、タイ、シンガポール、韓国、インドネシア、マレーシアなど7カ国から13000人の軍事要員が参加した大掛かりなものとなりましたが、ジャングルプログラムではヘビや鶏の生き血を飲んだり生で食っちゃったり、鼻に突っ込んでみたりと賑やかな様子だったようです。

続きを読む

【歴史】冷戦の偉容、「カスピ海の怪物」と称されたソ連の機密航空機エクラノプラン

Caspian Sea Monster 03

 冷戦時代、ソ連によって開発された地面効果翼機(WIG:Wing In Ground-effect vehicle)「エクラノプラン」は、大型かつ高速展開の可能な輸送戦力として開発され、カスピ海沿岸部に配備されていました。
 アメリカの諜報機関は、翼を切り落とされたかのような奇妙な外観を持つ航空機を“カスピ海の怪物”と呼び、危惧していたといわれています。

続きを読む

【軍事】イスラエル企業がダブルバレルの自動小銃「Gilboa Snake」を発表

stacks_image_348-tfb

 軍・法執行機関向け戦術訓練やシステムの提供をおこなっているイスラエル企業「Silver Shadow」が、今月パリで行われる「Eurosatory Expo」で発表するとしていた水平二連銃身のアサルトライフル「Gilboa Snake」を正式発表しました。

「Gilboa Snake」は同社の自動小銃 "GILBOA™" シリーズで、AR-15クローンの新型モデル。いわゆるダブルバレルで二つの銃身から 5.56mm 弾を同時にバラまけるというシロモノ。フルオートマチックとセミオートマチックのどちらでも使用でき、これで歩兵の火力が一気に倍加するそうです。
 現在、公式サイトで数点の写真が公開されています。

続きを読む

【動画】“ルンバ”を開発したiRobot社の軍事用爆弾処理ロボット「iRobot 710 Warrior」

irobot_710warrior

 家庭用掃除機ロボット「ルンバ」で有名なアイロボット社ですが、一方で軍事用ロボットの開発も行っています。
 ご紹介するのは同社がリリースした最新の爆弾処理ロボット「iRobot 710 Warrior」の映像。爆発物処理はもとより、偵察や監視任務をコンセプトに設計されており、陸軍での使用が想定されています。マニピュレータは220ポンド(約100キロ)の負荷を持ち上げることが可能で、ラフな地形でも150ポンド(約68キロ)の荷物を運ぶことができるそうです。

続きを読む

【話題】軍事用四足ロボット「アルファドッグ」、ついにアウトドアで実地テスト開始(動画あり)

LS3

 DARPA(米国防高等研究計画局)の資金援助を受けるボストンダイナミクス社の軍事用四足歩行ロボット「アルファ・ドッグ」の最新映像。
 いよいよ屋外での実地試験が開始されたようです。

続きを読む

【動画】軍需企業「レイセオン」が開発したロボットアーム型フォークリフトがすごい

Raytheon Sarcos Modified Ditch Witch

 アメリカ、ユタ州ソルトレークシティにあるレイセオン-セルコス社が開発したのは、2本の腕を持つ作業用ロボット。まだプロトタイプの段階ですが、フォークリフトとしての機能を披露しています。

 レイセオン・カンパニーといえばアメリカの主要な軍需産業であり、世界第1位のミサイルメーカー。今回のモデルも軍事開発を行う上で練り上げられてきた技術がバックとなっているのだろうと思いますが、2本のマニピュレーターは操縦者の腕の動きをミラーリングする操作により、非常にスムースに動いているのが確認できます。
 ロボットアームには対象物を挟んで移動させるものと電磁石式のタイプがあり、重たい鉄骨なども難なく運搬している様子はさすがの高機能です。

続きを読む

【話題】赤外線カメラ向けの「熱光学迷彩」を英国の防衛企業が開発(動画あり)

Adaptiv_

 英国の防衛関連企業BAE Systems社は、赤外線スペクトルにおける視野から車両を効果的に隠すことができる、一種の“光学迷彩システム”の開発に成功したことを発表しました。
 すでに特許取得済みという新システムは『Adaptiv』と呼ばれ、温度を高速で変化させることのできる六角形のピクセルで構成されるマトリックスを利用しています。
 複数の車載カメラで周囲の状況をスキャンし、その特徴を車輌表面に表示することで他の物体に見せかけたり、温度ピクセルを使用することで赤外線スペクトル内での不可視化を実現させることができるのだそうです。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ