付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

身体改造


【話題】身体改造で猫になろうとした男デニス・アヴナー、遺体で発見される(アメリカ)

article-2232523-16030B46000005DC-

 インディアンの流れを汲むデニス・アヴナーさんは“キャットマン”という愛称で慕われ、また日本のテレビにも出演するなど知られた人物でした。
 そのアヴナーさんが、ネバダ州の自宅で遺体で発見されたそうです。
 アヴナーさんは「ストーキング・キャット」というインディアンネームを持っており、自身のルーツであるインディアンとの語らいの中でインスピレーションを受け、猫になりたいという強い願望を持つに至ったそうです。

 以来、度重なる身体改造により猫のような容姿を手に入れたアヴナーさんでしたが、近年になって自分の容姿に強い悩みを抱えていたとのこと。

続きを読む

【画像】キューバで発見、新たな顔面ピアスの猛者登場(17枚)

015

 ピアッシングの量はもちろん、なんだかズタボロな感じの男性はキューバで確認された個体であるようです。
 詳細は不明ですが、プロの施術とは到底思えない思うにまかせた顔面ピアスは、ところどころ引きちぎった感のある傷跡もありーのという感じで、いささか閲覧注意という感じかもしれない。

続きを読む

【動画】身体改造の最新トレンド!? ベーグルヘッドをナショジオが特集

bagel head01

 以前に記事にしたこともあるベーグルヘッドですが、海外ではなぜか日本の最新トレンドとして発信されることが多い。
 で、今回は天下のナショナルジオグラフィックが“タブー”カテゴリで動画を公開したものだから、なおさら話題となっているようです。

続きを読む

【画像】身体改造デコラティブ「コルセット・ピアス」の画像集(27枚)

Modification

 久々の身体改造ネタですが、ボディ・モディフィケーションの中でもコルセットピアスと呼ばれるものだそうです。
 いわゆるボディピアスをスニーカーの紐のように結んでコルセット状にしてしまうというわけですが、コルセットといえば言わずと知れた女性用ファウンデーションの一種。矯正下着ですから、かつてのコルセットも一種のボディ・モディフィケーションといえるのかもしれません。
 なにしろコルセットの締め付けで気を失ったり、肋骨が変形する女性もいたという記録も残っているくらいだから、完全に身体改造です。

 さて、こうして見るとコルセット・ピアッシングというのはなかなか魅力的です。女性限定でお願いしたいところですけど。

続きを読む

【動画】手首に磁石を埋め込んで iPod を着脱!インプラント作業の一部始終(鮮血注意)

iDermal

 身体改造の新たな展開なのでしょうか、タトゥーアーティストのデイブ・フルバンは腕に iPod nano を直接アタッチするために、手首に四つの磁石を埋め込んじゃってます。
 名付けて「iDermal」というそうです。こちらで彼のインタビューも掲載されていますが、一連の作業そのものは「マイクロ皮膚アンカー(micro-dermal anchors)」というボディピアスの世界ではポピュラーなもの。

 動画では彼が手首にグリグリと穴をあける作業の様子が記録されていますので、血を見るのが苦手な人にはお勧めできません。これって腕のコリがとれたりしたら笑うな、エレキバン的に。

続きを読む

【閲覧注意】身体改造にハマった人々、ボディ・モディフィケーション画像(37枚)

13

 久々の身体改造系エントリーです。なかなか面白い画像をまとめてる記事をめっけたので。
 これといってコメントすることもないわけですが、とりあえずトップ画像の人がファンキーすぎてワロタ。なお、以下の画像はこんな愉快な人の画像ばかりではないので、苦手な人は閲覧注意。

続きを読む

【画像】ヴァンパイア・ウーマンの日常生活(25枚)

img-04

 身体改造系を取り上げようとすると結構な確率で割り込んでくる、“ヴァンパイア・ウーマン”ことマリア・ホセ・クリスターナさん。
 以前にも触れましたが、彼女はメキシコ生まれのタトゥーアーティスト。弁護士資格を持つ才女で、かつ4児の母という女性です。

 当然のことながらマリアさんにも平凡な生活があるというわけで、今回はそんな生活感あふれるヴァンパイア的な日常の活写。
 なんとなく今まで以上に親近感持ってみたりして。

続きを読む

【画像】オーストラリア最大のタトゥーイベントが開催される(18枚)

2012 tattoo expo-13

 豪州最大のタトゥーイベント「シドニー・タトゥー&ボディーアートエキスポ(Sydney Tattoo and Body Art Expo)」が開かれ、世界各地からタトゥーアーティストやピアッシングの専門家たちが集まりました。
 今年で4回目を迎えるそうですが、皆さんエンジョイしている様子。

続きを読む

【画像】ベネズエラで行われた肉体改造の祭典「タトゥー・エキスポ 2012」(26枚)

venezuela_tattoo_show_07

 久々の身体改造系エントリ。
 南米ベネズエラの首都カラカスで、盛大なタトゥーの祭典「ベネズエラ・エキスポ・タトゥー 2012」が開催されました。
 タトゥーエキスポが行われたのは先月28日、メキシコのヴァンパイアウーマンこと Maria Jose Cristerna も招待され、タトゥーのみならずボディモディフィケーションの猛者やタトゥーアーティストたち200人ほどがアルゼンチン、メキシコなど世界各国から集結したそうです。

続きを読む

【閲覧注意】身体改造「スカリフィケーション」の画像(32枚)

weird-scarification04

 おなじみ身体改造系エントリーです。
 今回はスカリフィケーション画像ですが、「スカリフィケーション(Scarification)とは、自由意志による嗜好から、医療用メスや器具などを用い、皮膚に傷を付けることによって、肉体に模様を描いて痕を残す身体改造・身体装飾の方法である。」以上、Wikiから。
 ひとくちにスカリフィケーションといっても、「カッティング」、「ピーリング」、「ブランディング(焼印)」、「インクラビング」など、色んな種類があるのね。

続きを読む

【話題】ヴァンパイアウーマンは蝋人形になって死後も人を脅かすそうです

article-2039985-0E0389CF00000578-306_636x451

 全身を埋め尽くすタトゥーにツノのようなインプラント、身体改造系の画像板でも恒例のように現れるマリア・ホセ・クリスターナ(Maria Jose Cristerna)さんは「ヴァンパイア・ウーマン」として知られる有名な女性。

 メキシコ出身のタトゥーアーティストでもあるマリアさんは、現在35歳。実は弁護士としての訓練を受けた、敬虔な宗教的背景を持つ家族のご出身なのだそうですが、この度、彼女の姿を忠実に模した人形が蝋人形館に展示されることが決まったのだそうです。
 不死になることが夢だと語る吸血鬼女性の願いが、死後も姿を留めるという意味では実現するということなのでしょうか。

続きを読む

【閲覧注意】人体改造にハマった人々:アダルト編(39枚)

164887

 毎度おなじみ身体改造系のエントリーなわけですが、今回は『アダルト編』ということでお送りします。
 とはいえ、ひとくちにボディ・モディフィケーションといっても、中国の纏足や古代エジプトでの頭蓋変形、タトゥー文化もろもろに裾野を広げると、人の肉体を超えた存在に憧れ、それを模倣するという感覚は文明の勃興と同時に発生しているのではないかと思えるくらい起源が古いわけです。

 ご紹介するところはそこまで文化論的に掘り下げる必要などないと思いますが、少なくとも身体感覚としては古来より連綿と受け継がれてきた延長線上にあるものなのかもしれないし、単に変態なだけなのかもしれない。
 ちなみにモザイクは画像クリックで外れます。一部、改造というか強化な人々が混じってますが。
 くれぐれも閲覧注意でお願いします。

続きを読む

【画像】これはエロティック!ブラックライトで浮かび上がるタトゥーいろいろ(20枚)

UV-Tattoo-Designs

 これも身体改造系にあたる、長波長のUV光を当てると浮かび上がるブラックライト・タトゥー(UVタトゥー)つれづれ。
 実にエロティックで、サイバー・パンクなイメージだと思う。視覚的には映画などで効果的に使えそうな気がしますが、なにか前例のある映画ってあったっけ。咄嗟には浮かばない。特殊な状況下でのみ浮かび上がるという蛍光体塗料の特殊性から、エッチぃ活用法をつい思い浮かべてしまう管理人はまだまだ健全な男の子というわけですね。

続きを読む

【動画】全身タトゥーの『ゾンビ・ボーイ』、リック・ジュネストをトリビュートしたビデオにはレディー・ガガも参加

lady-gaga-rick-genest
(※ガガ様とリック・ジュネスト)

 リック・ジュネスト(Rick Genest)さんは、“ゾンビ・ボーイ”の異名を持つ、解剖学的なタトゥーを全身にほどこした男性。カナダのモントリオール出身のアーティスト兼モデルで、公式ホームページも持っています。

 パリで開催された2011-12ウインター・コレクションで、ニコラ・フォルミケッティのもと新たなデビューを飾った新生ティエリー・ミュグレーのコレクション・ビデオには、リック・ジュネストがセンセーショナルに登場し、モードな世界を作り出しています。
 なお、ビデオには音楽ディレクターとして参加したレディー・ガガの楽曲、ニューアルバム『ボーン・ディス・ウェイ』に収録されている“シャイセ(Scheise)”が使用されています。

続きを読む

【画像】ベーグルヘッド - 生理食塩水の注入で頭がボーンとなった人々

160266

 ベーグルヘッド(Bagel Head)というそうですが、皮下に生理食塩水を注入することで、肉体の一部をご覧のようにポヨンポヨンにさせるというもの。
 日本発祥のボディ・モディフィケーション(身体改造)の一種で、「セイリーン・インフュージョン(生理食塩水注入)」と呼ばれるらしい。1999年に MODCON というイベントで行われたのが始まりだと、日本のアンダーグラウンドシーンのレポートを続けるケロッピー前田さんは語っています。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ