付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

蝋人形


【画像】マダム・タッソー蝋人形館、1930年代のビンテージ写真

MADAME TUSSAUDS

 イギリス屈指の蝋人形館であるマダム・タッソー館は、1835年に蝋人形彫刻家マリー・タッソーがロンドンのベイカー街に創立したもので、イギリス出身の有名人を始め、歴史上の人物から芸能人に至るまであらゆる著名な人物を再現して展示していることで有名。
 フランス出身のタッソー夫人の激動の生涯はリンクに詳しいところですが、ご紹介する写真は、1930年代に撮影されたマダム・タッソー蝋人形館の舞台裏のビンテージ。少ない枚数ながら、舞台俳優のような表情を見せる蝋人形などとても興味深いものです。

続きを読む

【動画】メキシコの“死体の花嫁”、ショーウインドウに展示されたマネキンは死体だという都市伝説

La-Pascualita-1

 1930年から実に75年にもわたって、メキシコ北部チワワ州の州都であるチワワにあるブライダルショップのショーウインドウに陳列されていたという、一体のマネキン人形。
 La Pascualita あるいは Little Pascuala と呼ばれるその美しいマネキン人形には、古くから伝わる伝説があったそうです。いわば都市伝説化しているその物語によると、 La Pascualita は、この店の以前の所有者の娘の、完全に保存された死体なのだそうです。

続きを読む

【話題】ヴァンパイアウーマンは蝋人形になって死後も人を脅かすそうです

article-2039985-0E0389CF00000578-306_636x451

 全身を埋め尽くすタトゥーにツノのようなインプラント、身体改造系の画像板でも恒例のように現れるマリア・ホセ・クリスターナ(Maria Jose Cristerna)さんは「ヴァンパイア・ウーマン」として知られる有名な女性。

 メキシコ出身のタトゥーアーティストでもあるマリアさんは、現在35歳。実は弁護士としての訓練を受けた、敬虔な宗教的背景を持つ家族のご出身なのだそうですが、この度、彼女の姿を忠実に模した人形が蝋人形館に展示されることが決まったのだそうです。
 不死になることが夢だと語る吸血鬼女性の願いが、死後も姿を留めるという意味では実現するということなのでしょうか。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ