付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

菅直人


【風俗ヤバイ】日本であらゆる抗生物質が効かない淋菌が見つかる 他

43bc4a20b0001c4d8f5c945c59b5577d

 日本の風俗店で治療薬のない淋病の新たな耐性菌が見つかったのだそうで、さすがは先進国で唯一エイズの発症率が上昇し続けている国だけのことはあります。
 新たに発見された淋菌の変異株に対してはペニシリンやその他の抗生物質も効果がないそうで、HO41と呼ばれる淋菌のスーパー変異株は、セファロスポリン系抗生物質に耐性を持っていると警告。 次世代の治療不可能な淋病であるとして、警告されているのだそうです。

 続きは面白情報いろいろ。

続きを読む

【時事/報道】田中真紀子元外相、小沢一郎の敗因を「しこり過ぎ」と分析。

田中真紀子、しこる人の大きさを熱弁
YOMIURI ONLINE

■田中真紀子元外相「しこらない人はしこらない」

 小沢氏に投票の田中真紀子元外相「しこる人はしこるけど、しこらない人はしこらないんじゃないの。菅さんのやり方一つ、器量が大きい人かどうかが見られる

(2010年9月14日21時14分 読売新聞)

 元祖小沢ガールズこと熟年アヒル口の女帝・田中真紀子元外相が、「しこらない人はしこらない」として、先日の代表選で大差をつけて小沢一郎候補に勝利した菅直人代表に対し、暗に「しこらないこと」を進める発言をしました。
 さらに菅代表が「しこらないこと」で器量の大きさが見られるとし、暗に「しこらない人の方が大きい」と示唆したせいで、ネットに波紋のように笑いが伝播している模様です。

続きを読む

【時事/報道】民主党代表選、小沢一郎を大差でおさえ菅直人勝利。

民主党の支持(関係)団体
※さらに画像拡大(PDF)必読です。

 ひとまず最悪の事態だけは避けられました。
 無軌道、無節操、遵法精神もなく皇室を手駒のように言ってのける小沢一郎に政権を明け渡せば、冗談でなく“日本が終わる”危機であったと管理人は考えています。
 今や日本は亡国の危機にありますし、そもそも国民の中に改革と破壊との違いさえわからなくなっているのではないかと危惧せざるを得ません。落ちた経済は立て直すことができますが、いったん破壊された伝統に基づく文化、制度は修復することなどできません。ましてや小沢一郎などというマキャベリストを政治のトップなどに頂けば、「取り返しのつかないこと」になる事態でした。

 以下は英エコノミスト誌より転載。
 日本の歴史や国体になんらの情愛ももたない外国人にこうまで言われながら、日本のマスコミはなにをしているのでしょうか。

続きを読む

【時事/報道】仙谷由人官房長官、在日外国人の党員問題を「初めて知った」と強烈なフルスイング。


 ところで、新聞やメディアの世論調査では依然として菅優勢を維持しているようですが、TVのバラエティーなどで代表選の街頭演説をレポートしている様子などを見ていると、それが「小沢優勢」という圧倒的な声に掻き消されているのだとか。

 仙谷由人官房長官は6日午前の記者会見で、民主党代表選をめぐり、国政参政権が認められていない在日外国人が党員・サポーターとして事実上、首相選びに関与する問題について「これは当然、政権与党になった民主党の問題であり、党執行部で検討が今後されるだろう」と述べた。党側で議論されていくとの見通しを示した発言。

 仙谷氏は「きょうの(産経新聞の)報道で初めて知った」とも語った。この問題について、党内では議論が十分に行われていないことが明らかになった格好だ。

 管理人もちらっとTVで見ましたが、このクソ暑い中、小沢Tシャツや小沢グッズを持参して猛烈にアピールしながら、熱中症も吹き飛びそうな勢いで「小沢センセー」と叫んでいる、明らかに確信的に集まっている聴衆に薄気味の悪いものを感じました。たぶんカプサイシンの作用で熱中症には耐性ができているんでしょう。
 一般の日本人は、もっと冷ややかな目で今回の選挙を見てるんじゃないでしょうかね。

 お前ら表に出すぎだ、バレバレだぞ。

続きを読む

【時事/報道】菅首相、総理大臣が自衛隊の最高指揮監督官であることに調べてみて気付いた。

第94代内閣総理大臣
 菅直人首相は19日、首相官邸で北沢俊美防衛相に「ちょっと昨日予習をしたら、(防衛)大臣は自衛官じゃないんですよ」と述べた。憲法66条は「大臣は文民でなければならない」と規定しており、これを知らなかったかのような発言は、シビリアンコントロール(文民統制)への理解の浅さを露呈したと批判されそうだ。

 勘弁してくれ....ほんと勘弁してくれ。

続きを読む

【時事/報道】菅談話 - アジア全域へ飛び火する懸念を残した、誇りの叩き売り。


 面倒くさいから書くのはやめようと思ったんですが、やっぱり腹の虫がおさまらないから書くことにする。
 文章長いから覚悟してください(嫌なら読まなくていいですわ)。

 歴史に関して日本国政府がどれほど謝罪を重ねてきたかを調べてみると、その夥(おびただ)しさに愕然(がくぜん)とする。ざっと見て、日中国交正常化当時の田中角栄以来、菅直人首相の談話まで、実に36回に上る。

 歴代の首相、官房長官、昭和天皇および今上天皇の発言の一覧表を前にして、なにゆえにわが国はこれほど心からの反省を誓い続けるのかと暗澹(あんたん)たる思いである。

 だから、なにもすんな三年寝てろと。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード