kumarcopters

 ビジャ・クマー教授率いるペンシルベニア大学GRASP(General Robotics, Automation, Sensing and Perception)研究所のチームが、20機に及ぶ自立型極小ヘリコプターによる編隊飛行を披露したのは先月のこと。

 クマー教授らは Kmel Robotics 社が開発した「クアドローター」と呼ばれる4発ローターの小型ヘリコプターの性能を向上させ、幾つかの魅力的な動画を発表してきました。今回発表した動画では、編隊を組むクアドローターたちが音楽を奏でるという芸当を見せています。

続きを読む