付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

精神科


【画像】世界最大を誇った精神病院「ピルグリム精神医学センター」の内部写真(1938)

psychiatric_clinic_00

 ピルグリム精神医学センター(旧称:ピルグリム州立病院)は、かつて米ニューヨーク州ブレントウッドに国家機関として存在した巨大病院。
 1929年に議会によって成立し、1931年には825エーカーの広大な敷地を持つ病院として設立。1954年には13,800人余の患者を抱える巨大病院としてのピークを迎えており、より積極的な治療として、ロボトミー手術や電気けいれん療法を採用するなどしていたようです。

 ご紹介する画像は1938年に撮影された、同院の精神科病棟の様子を活写した写真。閉鎖病棟を含めて、当時は世界最大規模の病院として威勢を誇った施設でしたが、現在では往時よりもはるかに小規模の「ピルグリム精神医学センター」としてロングアイランドに存在しています。

続きを読む

【画像】バリの精神病院がまるで牢獄(22枚)

ww19_20120518200448

 画像はバリの精神病院の様子として紹介されていたもの。撮影場所及び撮影者、施設のデータなどは不明ですが、一例としてご覧ください。
 ただ少々調べてみると、バリには唯一の精神科病院としてバリ州バンリ県に「バンリ精神病院」という施設があるようで、一方では精神障害者が自宅で手枷・足枷をはめられて軟禁される例も少なからずみられるようです。

続きを読む

【画像】イタリアの精神病院「マニコミオ」1969年の写真集から(動画あり)

MORIRE DI CLASSE 13

 動画からたどったイタリア精神病院の歴史。
 参考ばかりに調べてみると、イタリアではいわゆる精神科病院を「マニコミオ」といい、1978年5月13日に同国で公布された世界初の精神科病院廃絶法をバザリア法(バザーリア法)と呼ぶのだそうです。

 バザリア法の名はマニコミオの廃絶を最初に唱えた精神科医、フランコ・バザリアに因んでいます。
 マニコミオ(精神病院)の告発はバザリアによって始められ、1978年には精神病院廃絶を決めた180号法に結実。そして1999年、イタリア全土でマニコミオは閉鎖され現在に至っています。

続きを読む

【動画】不条理病棟の悪夢「The Wonder Hospital」

The Wonder Hospital

 韓国出身のアーティスト、Beomsik Shimbe Shim 氏によって描かれる不可解なショートフィルム。

 彼曰く、「肉体美の認識が異なる、ミステリアスな病院での超現実の旅行。美容整形は我々がこの映画の中で用いた錯視装置の一つです」とのこと。

 作品を読み取るテーマの一つに美容整形が含まれることは間違いないようですが、この“軋んだ”イメージはちょっと凄い。
 アナグリフ用の赤青メガネが手元にあれば、用意してご覧になった方がいいかも。やっぱりフルスクリーン激奨です。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ