sperm-bike

 精子の形を模したご覧の自転車は、シアトルの精子バンクが所有しているもので、現地の生殖センターや不妊治療クリニックへと精子のサンプルを輸送するために使用しているのだそうです。
 精子の頭部に当たる部分には液体窒素が充填されており、25〜30個ほどのサンプル容器を収納できるらしい。
 マネージャーのゲイリー・オルセム氏によれば、この精子自転車は「非常に良いマーケティング・ツール」でもあるとのことです。

続きを読む