付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

第一次世界大戦

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

【画像】第一次世界大戦、ロシア革命....スライドで見る知られざる歴史(19枚)

revolution02

 ロシア出身の写真家アントン・オルロフ氏は、2005年に米カリフォルニア州北部にある家の地下室から、実に貴重といえる発見をしました。
 それはジョン・ウェルズ・ラヒルという人物が、1917年に(あるいは1918年初頭にかけて)撮影していた、500枚を数える手彩色のガラス製のスライドだったのです。

 ロシアはもとより、中国、そして日本――それは牧師として各地を転々としたラヒルの残した、公式の記録には残されない“第一次世界大戦”当時の、世界の活写。ご紹介するのは、彼の発見した写真のごく一部です。

続きを読む

【動画】第一次世界大戦、戦争神経症「シェル・ショック」兵士たちが伝えるもの

ff9aad4d-5ce4-4536-bb7d-cdcdcbd52614_1_0

 心的外傷後ストレス障害(Posttraumatic stress disorder:PTSD)の一種と考えられる「戦争神経症(戦争ストレス反応)」は、第一次大戦の頃には塹壕における爆音の影響で障害が出ると考えられていたことから、「シェル・ショック」と呼ばれていたそうです。
 症状は多岐に及び、兵士の発症するPTSDは独特の要件が多いことから、個別の病名を割り当てるべきという主張もあるようです。
 第一次世界大戦当時に撮影されたという映像には、四肢の麻痺や痙攣をみせる患者たちの、生々しい姿が写し出されています。

続きを読む

【画像】第一次世界大戦、赤十字による従軍看護婦の勧誘ポスター(21枚)

Lead-Image

 人類史上初の世界大戦であった第一次世界大戦では、不足する戦地での看護婦を募るため、赤十字社と協力して募集を行っていたようです。
 ウィキペディアによると、第一次世界大戦では1917年の参戦時点で約4,000人の看護婦が現役で活躍し、翌年には21,000に増員。大戦中に約270人の看護婦が戦没者となったようです(アメリカの場合)。

続きを読む

【画像】第一次世界大戦時に製作された、巨大な「人間の彫刻」(11枚)

MoleThomas3

 第一次世界大戦当時、1918年から1919年にかけて撮影された人間の彫刻なのだそうです。
 イギリス人写真家アーサー・S・モールによって撮影されたもので、当時の米軍の委託を受けて、愛国心の高揚と兵士の士気を高める意味でも製作されたものなのだとか。当時の大統領ウッドロウ・ウィルソンの肖像やイーグルのエンブレムなどがモチーフとなっており、写真を販売することで得られる収益も目的であったようです。

続きを読む

【画像】敵を幻惑させる海上の忍術?、『ダズル迷彩』を施された艦船いろいろ

normal-wilkinson-inventor-of-dazzle-camouflage

 『ダズル迷彩』とは第一次世界大戦で多く見られた艦船用の特殊な迷彩塗装のことで、艦船に対して敵からの艦種や規模、速度や進行方向などの把握を困難にするために用いられたものだそうです。
 イギリス軍人でありアーティストでもあったノーマン・ウィルキンソン(Norman Wilkinson)によって発案されたもので、対象物を周囲に溶け込ませることを主目的とする通常の迷彩とは定義が異なるものの、その有効性はイギリス海軍本部によって認められたものだったとか。

 日本では「ダズル(Dazzle)」の日本語訳から“幻惑迷彩”と呼ばれるそうですが、目視の距離計(レンジファインダー)による艦載砲射撃を妨害することを主たる目的として考案されました。
 この迷彩を施された艦船は船首と船尾の識別が困難になり、艦船が近付きつつあるのか遠ざかりつつあるのかといった状態を把握することが困難になるといいます。その名の通り敵を幻惑させる迷彩といえますね。ちなみにTOPの画像はダズル迷彩の発案者、ノーマン・ウィルキンソン氏。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード