付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

煙草


【画像】新たにロシアで承認された「タバコ警告表示」がグロい(12枚)

01

 国際的に狭くなる一方の喫煙者の肩身ですが、去る5月10日にロシア保健省が煙草のパッケージに配置することを承認した、いわゆるタバコ警告表示が過激だと話題になっています。
 これまでにも刺激的な警告表示はいくつも見られましたが、恐怖感をあおるものから心理的に訴えるものまで、それぞれ1年ずつ有効になるそうです。
 かなりグロテスクなので、閲覧注意。

続きを読む

【画像】タバコの害を視覚的に訴える、喫煙する子供たちの演劇風グラフィック(動画あり)

frieke_janssens_smoking_kids_1_of_11[50]

 数カ月以前にベルギーではすべての公共の場所での喫煙が禁止されたのだそうですが、ご紹介の写真はカメラマンの Frieke Janssens 氏によって撮影された、喫煙の持つ矛盾を視覚的に問いかけるものだそうです。
「シュールでメランコリックなもの、演劇的で時に議論を呼ぶ作品」を狙ったと語る Janssens 氏は、子供たちをクラシカルで大人びた喫煙者のように写し出します。

 ちなみに子供たちの持つ葉巻や煙草はチーズで作られており、実際に子供たちが煙草の煙にさらされることはなかったのだそうです。

続きを読む

【デザイン】世界の過激な嫌煙キャンペーンのポスター

044

 管理人は禁煙してほぼ一年になろうとしていますが、世界にはまるで悪魔狩りのように煙草を忌み嫌う人たちがいるようで、日本では考えられないような過激なデザインのポスターが多く出回っているようです。
 確かに体にはよくないのだろうけど、このような過激なイメージで恐怖心をあおるのはいかがなものだろうと個人的には思う。有史以前からのヒトと煙草との関係を思えば、そうそう存在が消えるわけでもないし。
 ブラックマーケットで煙草が流通するような未来のイメージって、まるで禁酒法時代の再来のようであまり笑えないしね。

続きを読む

【画像】マリファナ煙草の生産風景

Production-of-marijuana-cigarettes-001

 今月3日、中間選挙と同時に大麻合法化の是非を問う住民投票“プロポジション19”が行われた米カリフォルニア州ですが、ひとまず否決とされながらも事前予測から僅差のレースを繰り返してきた賛成派と反対派のキャンペーンは、今後も展開されるだろうことが予測されます。

 そもそも医療目的でのマリファナ使用はカリフォルニア州では合法であり、処方箋が必要とはされながらも病状に関しては自己申告、偏頭痛や精神的不安などの物理的診察が難しい病状でも処方箋は発行されるため、入手は比較的簡単だともいいます。
 フリーペーパーにも医療用マリファナを販売する業者の広告が多数存在するカリフォルニアでは、医療名目ではありながらも、一部では嗜好品として売られているのが実情なのだとか。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ