付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

殺人


【歴史】30回殺されかけても死ななかった男、マイケル・マロイ伝説

original

 殺しても死にそうにない――そんな形容詞がありますが、マイケル・マロイ(Michael Malloy, 1873-1933年2月22日)の場合は、正真正銘の不死身の男として犯罪史にその名を刻んでいます。

 別名「耐久性のマイク」あるいは「アイアン・マイク」とも呼ばれるマイケル・マロイは、アイルランド出身。ドニゴール州から1920年代にニューヨークに移り住んだというマロイは、当初は消防士をしていましたが、後にホームレスに転落してしまいます。
 ご紹介するのは、5人の悪人によって殺害計画を試行されること30数回に及びながら、そのことごとくを生き延びたという禁酒法時代の不死身の酔っぱらい伝説です。

続きを読む

【猟奇】ハノーヴァーの屠殺人、フリッツ・ハールマン

Haarmann 01

 吸血鬼あるいは狼男として、時のドイツを恐怖に包んだ連続殺人犯、フリッツ・ハールマン。「フリードリヒ・ハインリヒ・カール・"フリッツ"・ハールマン」としても知られる、ドイツ・ハノーヴァー出身の同性愛者であり小児性愛者、また連続殺人者であり、食人鬼。

 飲んだくれで権威主義的な父と甘やかし放題の母、6人兄弟の末っ子で、幼年時代には兄から度重なる性的虐待を受けていたというハールマン。
 殺人鬼としては極めてありきたりな環境に育ったハールマンは、1918年から24年にかけて少なくとも24人の若い男を同性愛行為の末に殺害、死体を食肉として売りさばいていました。

続きを読む

【話題】チャールズ・マンソンに仮出所の可能性?! 77歳の顔写真が公開される(動画あり)

Charles Milles Manson 00

 チャールズ・マンソンといえば、1960年代から70年代の初めにかけて、カリフォルニアで「マンソン・ファミリー」と呼ばれる擬似共同体を率いたことで知られるカルト指導者。
 映画監督のロマン・ポランスキー氏の妻(当時)であった女優のシャロンテート殺害事件を始め複数の無差別殺人で共謀罪および殺人罪に問われ、終身刑の判決を受けており、現在にいたるまで収監されています。

 シリアルキラー77歳の肖像は、この水曜日に、カリフォルニアの刑務所当局による第十二仮釈放審理のボードに乗せるためにリリースされました。

続きを読む

【画像】我が子の遺体を8か月放置した母親の家(13枚)

house_09

 スコットランドのグラスゴー高等裁判所で有罪判決を受けたのは、キンバリー・ヘイニー(37)。問われた罪は15ヵ月になる自らの赤ちゃんを殺害し、8ヵ月におよびベッドの上で放置したというものですが、ご紹介するのはその彼女が暮らしていた家の内部の様子。

 写真は当局の刑事部が公開したもので、部屋中にゴミが散乱し、荒んでいた生活の様子が確認できます。この家のベッドの上で、死んだ彼女の息子デクランは8ヶ月間、腐敗するに任せて放置されていたそうです。
 苦手な人は閲覧注意。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード