Footage-from-1901-colour--008

 イングランドで発見された1901年から翌1902年にかけての撮影と推測されるカラーフィルムの存在は、これまで最古とされてきた1906年のキネマカラーの発明をさらに遡る歴史的な発見といえそうです。

 発見された映像を作ったのは、ロンドンの写真家であり発明家でもあったエドワード・レイモンド・ターナーという人物。
 1899年3月22日にカラー映像の特許を取ったというターナー氏は、実にリュミエール兄弟による映像の発明からわずか5年でカラー映像の特許を取得したということになりますが、もちろんこれは彩色映像ではなく、撮影されたカラーフィルムという意味になります。

続きを読む