付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

戦争


【動画】もしこれがあなたの国だったら? 『今、世界のどこかで起きていること:Most Shocking Second a Day』

Most Shocking Second a Day Video

 3月15日でシリア騒乱の勃発から3年をカウントすることに合わせて、セーブ・ザ・チルドレンがシリアの子供の現状を訴えるビデオを公開しました。
 3年間の内戦で難民の数は240万人に達し、1万人以上の子供が犠牲になったとのこと。約90秒という短いビデオは、紛争によって幸せを奪われた少女の1年間の表情の変化を、駆け足でたどっていきます。

続きを読む

【画像】ミッキーマウスのガスマスク、世界大戦を生き残るためのマーチャンダイズ

Mickey Mouse Gas Mask

 第二次大戦中には、ミッキーマウスも子供たちの命を守るために徴兵されていたようです。
 真珠湾攻撃の翌年にあたる1942年、ドイツ軍などによる本土攻撃の恐怖を感じていたアメリカでは、子供たちを化学攻撃から守るために4000万人分のガスマスクを配布する計画が進められていました。
 ご紹介するミッキーマウスのガスマスクは、重たいガスマスクを抵抗感なく子供たちが着用するために、ウォルト・ディズニーの肝いりで開発されたというもの。いわばマーチャンダイズの黒歴史ともいうべきものですね。

続きを読む

【歴史】冷戦の偉容、「カスピ海の怪物」と称されたソ連の機密航空機エクラノプラン

Caspian Sea Monster 03

 冷戦時代、ソ連によって開発された地面効果翼機(WIG:Wing In Ground-effect vehicle)「エクラノプラン」は、大型かつ高速展開の可能な輸送戦力として開発され、カスピ海沿岸部に配備されていました。
 アメリカの諜報機関は、翼を切り落とされたかのような奇妙な外観を持つ航空機を“カスピ海の怪物”と呼び、危惧していたといわれています。

続きを読む

【画像】日中戦争の毒ガス防衛ポスター、ビンテージな17枚

gas_attack
(※毒ガス空襲と応急避難処置、とありマス)

 1937年(昭和12年)から1945年(昭和20年)にかけて行われた、当時の大日本帝国と蒋介石政権における中華民国の戦争――いわゆる日中戦争では毒ガス兵器による民間への被害が想定されていたようです。

 そういえば、大久野島のウサギの楽園もかつての化学兵器の拠点として存在していたことを思い出したりして――絵空事ではない現実であったと感じさせる、そんなレトロなポスターは1945年頃までのものだそう。
 日中戦争において日本赤十字社が時の政府当局と協力して作成したものであるようですが、なかなかに生々しくて興味深いものであります。

続きを読む

【画像】第二次世界大戦、日系・日本人移民強制収容所の貴重なコダクローム写真(14枚)

slide_245465_1394158_free

 第二次世界大戦中、アメリカが強制収容所のキャンプに多くの日系アメリカ人を収容したことは広く知られています。
 フランクリン・ルーズベルトによる大統領令9066号の発令以降、中南米諸国に滞在する日系人を含めた捕虜は12万余に及び、アメリカ全土11ヶ所に設けられた強制収容所に強制的に収容されました。その内3分の2はアメリカ国籍を持つ自国民であったそうです。

 ご紹介する写真は、真珠湾攻撃の数ヵ月後に収容所に収容されたビル・マンボウ氏による貴重なコダクローム写真。最近になって発表された貴重なカラー写真であり、エリックL.ミュラーによって編集され、写真集「Colors of Confinement」として出版されました。

続きを読む

【動画】第一次世界大戦、戦争神経症「シェル・ショック」兵士たちが伝えるもの

ff9aad4d-5ce4-4536-bb7d-cdcdcbd52614_1_0

 心的外傷後ストレス障害(Posttraumatic stress disorder:PTSD)の一種と考えられる「戦争神経症(戦争ストレス反応)」は、第一次大戦の頃には塹壕における爆音の影響で障害が出ると考えられていたことから、「シェル・ショック」と呼ばれていたそうです。
 症状は多岐に及び、兵士の発症するPTSDは独特の要件が多いことから、個別の病名を割り当てるべきという主張もあるようです。
 第一次世界大戦当時に撮影されたという映像には、四肢の麻痺や痙攣をみせる患者たちの、生々しい姿が写し出されています。

続きを読む

【画像】第一次世界大戦、赤十字による従軍看護婦の勧誘ポスター(21枚)

Lead-Image

 人類史上初の世界大戦であった第一次世界大戦では、不足する戦地での看護婦を募るため、赤十字社と協力して募集を行っていたようです。
 ウィキペディアによると、第一次世界大戦では1917年の参戦時点で約4,000人の看護婦が現役で活躍し、翌年には21,000に増員。大戦中に約270人の看護婦が戦没者となったようです(アメリカの場合)。

続きを読む

【画像】過去から見た未来の戦争、20世紀前半の先端兵器イラスト(33枚)

Strange Weapon Concepts from the Past

「人が想像できることは必ず人が実現できる」という言葉を残したのはSFの父ジュール・ヴェルヌですが、一方で「スイスが平和な500年の中で生み出したのは鳩時計だけだ」という有名なセリフを映画『第三の男』で残したのは、名優オーソン・ウェルズ。

 ご紹介するのは、恐らく1930〜40年代に描かれたであろう戦術兵器の想像図ですが、現在ではけっこう実現されてるものもあったりして面白い。
 あえて「必要は発明の母」という言葉を持ちだせば、前世紀の必要と今世紀の必要の概念は異なるのだと信じたいところです。

続きを読む

【動画】近未来戦争ゲーム「ゴーストリコン フューチャーソルジャー」の前日譚「Ghost Recon Alpha」

no title

 特殊部隊「ゴースト」の戦いを描くミリタリーTPS「ゴーストリコン」シリーズの最新作として発売をひかえる『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』ですが、発売に先駆けて公式のショートフィルム「GHOST RECON ALPHA」が公開されています。

 フューチャーソルジャーの名に相応しい近未来の戦闘アイテムが多数登場するこの映像、なんと約24分という大長編。動画は英語ですが、ストーリーは単純ですので問題なく観れると思います。
 なによりそのクオリティ高すぎる映像だけでも一見の価値アリの大作となっていますので、ぜひフルスクリーンでご鑑賞ください。巨大な“BigDog”を思わせる思考戦車も登場するなど、見どころいっぱいです。

続きを読む

【話題】パレスチナの剥製動物園「South Forest Park」

gaza-zoo-animals

 子供たちが素手でライオンに触れることのできる動物園があるようです。もっとも、それは剥製のライオンなのですが。
 パレスチナのガザ地区南部最大の都市ハンユニスにある動物園は、いくつかの剥製の動物を展示しています。奇妙な光景ですが、それは仕方のないことでした――と、園長の Mohammed Awaida 氏は述べています。

 これら剥製の動物たちは、イスラエルの軍事行動により世話をすることができず、餓死させてしまった動物たち。
 一時は廃園を考えた動物園でしたが、今では剥製の動物を展示することで、ガザ地区の数少ない娯楽施設としての運営を続けています。

続きを読む

【アート】プロパガンダ風「スターウォーズ」ポスター(12枚)

Enlist-Today-580x414

 理想をいえばアートは政治を超えてナンボなのだろうと思いますが、一方で政治的に利用される芸術の代表でもあるプロパガンダに、アバンギャルドな魅力を感じるのも事実。
 もっとも、アヴァンギャルドという言葉自体が軍事用語の援用ですから、本来的にも政治的ニュアンスを含んだ表現ではあるわけですが。

 というわけで、ご紹介するのはスターウォーズ・スタイルのプロパガンダ・ポスターとして紹介されていた、数枚の画像。
 帝国軍と反乱軍(共和国)との対立を軸に描かれるスターウォーズの世界観は、いかにもプロパガンダのモチーフにはピッタリです。

続きを読む

【動画】極限の空中戦!果てなき憎悪の輪廻「PATHS OF HATE」(アニメーション)

paths_of_hate

 極限の空中戦の果てに、人ならぬモノへと変貌しつつ、それでも終わりなき戦いを続けようとする2人の戦闘機乗り――。
 アメコミやバンド・デシネを思わせる緻密なタッチで描かれた、ショートアニメーション「Paths of Hate」のご紹介。

続きを読む

【動画】装甲車を打楽器にしてしまう「No more war」なコンサート

No More War Concerto

 これってもしかして世界一高価な打楽器じゃないでしょーか?
 中東らしき戦地で装甲車を叩いて楽器にしてしまったノーモア・ウォーな動画。戦場に響く平和の音というわけで、すごくいい音、いい演奏。

続きを読む

【動画】戦場の勲章 - 英雄ネコで男泣きせよ!

Medal of Honor Cat

 YouTube で積極的に動画を配信しているらしい、フレディ・ウォン&ブランドン・ラーチェによる男泣きショートフィルム。
 戦場で命を預ける男たちの友情と、英雄の猫さん(Mr. Meowmers)が勲章を授与されるまでを描いています。
 カッコよすぎるぜ、ミスター!

続きを読む

【画像】戦場のペットたち(27枚)

the_pets_of_soldiers_640_25

 戦場の兵士とペットたちの光景。戦地の住民が飼っていたペットの場合もあれば、保護されたペットの場合もありかな? 動物たちはただ生きているだけで罪なんて犯さないけど、人間は罪も犯せば間違いも犯します。
 でも全ては相対的なものですから、憎む気持ちがなければ愛するという感情も存在しないのだろうし。やっぱり色んな矛盾をはらみながらも、人間は人間なりに素晴らしい。もちろん動物たちも。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード