付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

惑星


【動画】もし月の代わりに他の惑星があったら?

womoon07

 地球から月までの距離はおよそ38万キロですが、毎年3センチほどずつ遠ざかっているのだそうです。
 有史以前から人間にとって身近な存在であった月ですが、その月と同じ距離に太陽系の惑星があれば、それは地球からどのように見えるのだろうかというのを再現した動画が、ご紹介する映像。

続きを読む

【画像】パノラマで見せる小さな惑星「Little Planets」が素敵(10枚)

whole-world-in-one-frame

 まるでサン=テグジュペリの有名な絵本「星の王子さま」に出てくる小さな惑星のように、ダン・アークルさんの写真シリーズ「リトルプラネッツ」は、想像力を心地よく刺激してくれます。
 これらの写真はパノラマ撮影とフォトショップを用いることで作り上げられているそうです。

続きを読む

【宇宙】ダイヤモンドで出来た惑星を発見、大きさは地球の2倍(米研究)

o08000599tag-reuters1

 発見された惑星「かに座55番星e」の半径は地球の2倍、質量は8倍。質量の少なくとも3分の1がダイヤモンドであるそうです。

 地球世紀何年ごろにはダイヤモンドがただの石コロくらいの価値になっているのだろうとつい考えてしまいますが、発見されたダイヤモンド惑星は北点の蟹座に位置し、約40光年と地球からは比較的近い距離にあるそうです。

続きを読む

【宇宙】スーパーアース新時代、太陽系外惑星が新たに50個以上も発見される

exoplanet

 もちろん、1度に公表された惑星の個数としては過去最多。
 ジュネーブ大学の天文学者を中心とする惑星探査チームが、新たに50個以上の太陽系外惑星を発見したと発表しました。
 発見された惑星の中には、地球の1〜10倍程度の質量を持つ16個のスーパーアース(巨大地球型惑星)も含まれており、チームリーダーである天文学者のミシェル・マイヨール氏は、「あらゆる点で予想を上回る成果が得られた。特に、太陽と酷似した中心星を持つスーパーアースや、海王星型惑星が非常に多い」と述べています。

続きを読む

【宇宙】4000光年の彼方に「ダイヤモンド惑星」を発見!天の川銀河のペンダントヘッド?

article-2030138-0D9225D700000578

 地球から約4000光年離れた銀河系にダイヤモンドで出来ているとみられる小惑星が存在することが観測され、豪天文学者らで作るチームが25日発行の米科学誌サイエンスで発表しました。

 豪スウィンバーン工科大学のマシュー・ベイルズ教授らが惑星の周回する中性子性から発生する放射線を測定したところ、くだんの惑星は通常よりもはるかに高密度であり、そのほとんどが炭素から出来ていることが判明。密度が非常に高いことから炭素の大部分は結晶質であると考えられ、ダイヤモンドのような物質だとみられるという。

続きを読む

【宇宙】太陽系に新たな惑星発見? 木星の4倍の大きさ、だけど誰も見たことがない星 tyche

Tyche

 太陽系にだれも見たことがない巨大な惑星が隠れているなどと聞くと、まるでSFの世界のような気がしますが、その謎の惑星を研究しているルイジアナ大学の天文学者、John Matese 氏と Daniel Whitmire 氏によると、その惑星は Oort Cloud という半径1光年にも及ぶ小惑星群に隠れていて、そのために誰も見たことがないのだとか。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード