付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

怪獣

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

ゴジラとの対決は不可避か? 最大最強キングコング映画『Kong: Skull Island』の予告編が公開

image18
画像出典:EW

 ついに公開された『シン・ゴジラ』の興奮覚めやらぬ中、ハリウッド版『GODZILLA(2014)』を製作したレジェンダリー・ピクチャーズが“ゴジラ・コング映画”のシリーズとして位置付ける、『コング:スカルアイランド(原題)』の予告編が公開されました。
続きを読む

【アート】新ハリウッド版『ゴジラ』はアメコミから目覚める。『Godzilla: Awakening』のカバーアートが公開

Godzilla_Awakening_cover

 日本での公開を7月25日にひかえる新ハリウッド版『GODZILLA』のプリクエル(前日譚)が、レジェンダリーとDCコミックのタッグで発売されます。
 発売日は米国での公開に合わせた5月13日(北米公開が16日)ということですが、映画版『GODZILLA』の脚本を執筆したマックス・ボレンスタインがコミック版でも脚本を書いてますから、番外編としても本格的。ちなみに共同執筆者は、映像アーティストでもあるグレッグ・ボレンスタイン
 今回はコミックスのカバーアートが公開されていたので、ご紹介します。

続きを読む

【画像】サンディエゴ・コミコンの『ゴジラ』展示場の様子を見てみよう!(動画あり)

godzilla

 昨日開催されたコミコンこと、サンディエゴ「COMIC-CON 2013」。新たなハリウッド版『GODZILLA』の製作を進めているレジェンダリー・ピクチャーズによる、ゴジラ展示会場『Godzilla Experience(ゴジラ体験)』の様子がさっそくレポートされていたので、記事の中から画像をまとめてご紹介します。
 ポスターや展示モデルに次ぐ新しい情報はありますでしょうか? 気になる画像その他は続きからどうぞ。

続きを読む

【映画】これが初めての公式発表? ハリウッド版『ゴジラ』の新しいポスターやコンセプトモデルが公開!

Godzilla-Poster

 昨日18日、ついにサンディエゴ・コミコンが開催されたわけですが、つい先日にコミコンで公開されるハリウッド版『ゴジラ』のポスターとしてご紹介したものとは異なる、オリジナル・ポスターが公開されています。
 ひとまず、 @GodzillaMovie の公式Twitterアカウントでも公開されているものなので、信憑性はあると思う。映画公開時に使用されるかは別として。

 というわけで、コミコン向けに限定公開された、『COMIC-CON 2013』のロゴ入りポスターとは異なり、これが初めて公式に発表された映画『Godzilla』の断片的なイメージということになるのではないかと......? 詳細は続きにて。

続きを読む

【アート】ゴジラVS巨大イカ!ポップカルチャー大決戦「忠臣義士伝」シリーズが面白い(10枚)

tumblr_mheg7sEijy1qg8i80o3_1280

 ニューヨーク州ブルックリンをベースに活動する台湾人アーティストのムー・パン(Mu Pan)さんは、ポップカルチャーと古典的な芸術を混在させた独特のイメージを作品にしています。
 ご紹介するのは、彼の描く「忠臣義士伝」と名付けられた水彩画のシリーズですが、軍人の家系に生まれたパンさんの作品はしばしば戦争をモチーフとしており、ゴジラが巨大イカと対決する「1894」や、日の丸の鉢巻きをしめたガメラが海戦を行う「1943」は、それぞれ日清戦争と第二次世界大戦がテーマなのだそう。
 各画像はクリックで拡大しますので、ぜひ大判でご鑑賞ください。

続きを読む

【動画】猫さん頂上決戦! ぬこぬこ大戦争「CATZILLA」

catzilla

 先にティザートレーラーが公開されていたらしい、Plastic Demoscene Gropu と Platige Image が共同で制作したベンチマークソフト「Catzilla」の全長版映像。
 PCのパフォーマンスに自信があれば、公式サイトで行われているベータ版のオープンテストに参加してみてもいいのかも。巨大猫と軍隊、ガスマスク少女の入り乱れるショートフィルムは、とにかく楽しい。

続きを読む

【動画】これは燃えざるを得ない、大怪獣VS巨大ロボット映画「パシフィック・リム」予告編が公開

0006c3eb-628

 ギレルモ・デル・トロ監督によるUSA版大怪獣映画「パシフィック・リム」のオフィシャル・トレーラーが、ついに公開されたのでご紹介。
 ワーナー・ブラザースの製作・配給による「パシフィック・リム」は、人類にとって最大の驚異となる未曾有の大怪獣から地球を守るために、「イエーガー」と呼ばれる超巨大人型ロボットを駆使して立ち向かうという、燃えざるを得ないストーリー。
 公式の予告編は、予想以上にでかいカイジュウとイエーガーの血沸き肉踊る映像に期待が高まるものとなっています。

続きを読む

【映画】USA版怪獣映画「パシフィック・リム」の巨大ロボット、ジプシーデンジャーの青写真が流出

Pacific-Rim-Poster-2

 2013年公開予定のアメリカ版怪獣映画「パシフィック・リム」は、ギレルモ・デル・トロ監督自らが、日本の怪獣映画へのオマージュを込めて「巨大怪物への美しい詩である」と語る要注目のSF映画。
 海底5マイルから現れた謎の怪獣と、兵士たちの操縦する巨大ロボットとの戦いを描くという、燃えざるを得ない設定の映画でもあります。

続きを読む

【動画】寿司職人はヒーローだ! 戦う寿司職人VS大海獣ムービー「MONSTER ROLL」

MRoll_EPK_022

 寿司職人と巨大なモンスターとのバトルを描くSFショート「モンスターロール」は、ダニエル・ブランク氏の脚本・監督によって製作。
 ワイアードによれば「ニューヨーク大学の映画学科を卒業したブランク監督が、将来制作する長編映画を売り込むためのコンセプトモデルとして」製作された作品で、監督の奥さんも協力して作られたものだそう。

 監督いわく近年のSFやファンタジー映画はシリアスになりすぎており、かつてのようなユーモアを持った映画が必要だとの思いが、寿司職人と怪獣との戦いを描く「モンスターロール」の製作に繋がっているそうです。

続きを読む

【画像】舞台裏の昭和ゴジラ、懐かしの怪獣たちのスナップ集(27枚)

original

 2014年公開予定、レジェンダリー・ピクチャーズが制作中の『GODZILLA(仮称)』の続報も待ち遠しいところですが、日本の怪獣王・ゴジラの海外での人気もご承知の通り。ご紹介するのは海外サイト io9 で特集されていた懐かしいゴジラ映画の舞台裏と貴重なスナップです。
 ゴジラシリーズ以外の怪獣も紛れてますが、ご愛嬌ということで。

続きを読む

【アート】VHS時代のパッケージアート(主にホラー20枚)

5417646121_a0a79febe4_z

 MONSTER BRAINS というサイトはモンスターやファンタジーにインスパイアを受ける Aeron Alfrey というアーティストの運営しているサイトで、自ら収集した画像などを旺盛にUPしています。史料価値的な意味でも面白いサイトで、管理人もちょくちょくチェックしてるんですが、そこで今やすっかり懐かしとなってしまったVHS時代のボックス・アートを特集していました。

 というわけで主にホラーやモンスタームービーが中心になりますが、興味深かったので抜粋して。いかにもチープでB級感あふれるデザインですが、デジタル以前の手作りな風合いも今見ると味わい深く感じられます。

続きを読む

【特撮/アート】50年代に作られたゴジラ映画の海外ポスター

5348752248_1fd504724b_z

 1954年11月3日、本多猪四郎監督/円谷英二特技監督作品『ゴジラ』によって始まったゴジラの歴史。いまだ詳細はハッキリしないもののハリウッド3Dによる新作も取り沙汰されるゴジラですが、その草創期『ゴジラ』『ゴジラの逆襲』が製作された50年代の海外版映画ポスターがUPされていたサイトがありましたのでご紹介します。
 色づかいが鮮やかで、イラスト化されたものはまるでポップアートのような趣きです。

続きを読む

【アート】躍動感あふれるウルトラマンや怪獣のイラストレーション - from ソノシートブック。

ultraman_return_16

 昭和40年代にテレビドラマや特撮番組の挿画絵師として活躍していたイラストレーター、岡崎甫雄(としお)氏によるソノシート本のアートワーク。扉絵に使用した、新マンの躍動感が素晴らしい。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード