img8e11dae8zik3zj

 衆院選などは無視します。あえて、この秋深まりつつある夏の日に剣劇人を語ることに意味があるような気がしないでもない。
 というか、はっきり言って意味などない。
 単に現在、地元で再放送をしている以上の意味はありません。はい。

 さて、この剣劇人というのは、必殺仕掛人に始まるオリジナルとしての必殺シリーズとしての千秋楽を飾る作品だったわけですが、当時の人気映画「スリーメン&ベイビー」を下敷きに、もうスタッフの羽目の外し方が個人的にツボというのか何と言うのか、面白いと言ってこれほど面白い作品も中々無いという仕上がりになっています。

続きを読む