付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

必殺シリーズ


【必殺シリーズ】あなたと運命数でつながっている“殺し屋“ はこの人だ! - カバラ数秘術で導き出す『必殺キャラ占い』。

必殺キャラ占い

 生年月日から運命数を計算、自分と運命数でつながっている“殺し屋“のタイプを導き出すという『必殺キャラ占い』というものを見つけたのでご紹介。
 ちなみに運命数とはカバラ(ゲマトリア)数秘術に系統される運命の算出法であるらしく、計算式は文献によって多少の相違はあるそうです。

続きを読む

【一筆無用】必殺DVDマガジンで『仕置屋稼業』と『新仕置人』の映像内容が入れ替わる事故が発生。

必殺DVDマガジン 仕事人ファイル6 市松 (T☆1 ブランチMOOK) (T・1ブランチMOOK)

講談社:「必殺DVDマガジン」に関するお詫びとお願い
「必殺DVDマガジン」に関するお詫びとお願い

5月25日に発売(首都圏)いたしました以下の商品につきまして弊社の発注先のDVDプレス工程における事故により、不良品が発生しました。

・「必殺DVDマガジン(5) 念仏の鉄」
・「必殺DVDマガジン(6) 市松」
両商品に付属しているDVDの盤面表記と映像内容が入れ替わっております。誠に申し訳ございません。

お買い上げいただいたお客様には、正しいDVDができ次第、28日以降、発送させていただきます。お手数ですが、弊社業務部(03-5395-3603)までお電話いただくようお願い申し上げます。

対応時間は平日9時半〜17時半です。5月29日(土)、30日(日)も同じ時間で受け付けいたします。

なお、正しいDVDの付いた商品は、6月中旬以降、販売いたします。

                    平成22年5月25日 講談社
(以上、引用)

 初歩的なミスによるものと思われますが、上記のように必殺DVDマガジンに同梱されたDVDの内容が入れ替わるという事態が発生したもようです。

続きを読む

仕事人2009には特色がない

a0083474_10384876

 おいおい、また物騒なことを書くのかよ。とか、そこ言わない(笑)

 といっても別段、否定的な意味だけで書くつもりはないのでご安心を。というのもですね、例えば戦隊シリーズが同じようなシリーズをずっと続けているのかといえば、少しずつ新しい試みを取り入れていることを特撮ファンは知っているわけで、必殺シリーズも同じだったんですね(←過去形)。

 いや、いきなり括弧で前言撤回してるがなww

 ちょっと長くなりそうなんで、続きは以下からお願いします。

続きを読む

必殺仕事人2009 第14話「武士の異常愛」

a0083474_10384876

 オンタイムでは江口洋介主演の「木枯らし紋次郎」を観てました(笑)。
何十年ぶりかの“紋次郎VS必殺”だったわけですが、一方はTVスペシャルの特番ドラマだし、他方は必殺という一枚看板+ジャニーズ事務所という、言ってみれば「低リスク番組」のお手本みたいなものなわけで。
 当然、当時と同じ“熱さ”など求めるだけ無理なわけですから、ただ淡々と作品を鑑賞するだけという(苦笑)
 でも、江口紋次郎は悪くありませんでしたよ。評価したい。

 というところで、今回の感想。

続きを読む

必殺仕事人十一話 「仕事人の死」

hissatsu

 酔っぱらっていて、下書きのつもりが記事を公開してしまっていたことに管理人はアボ〜〜ン。書きかけそのまんまやないか〜い!
 寝起きで小便ちびるかと思いましたよ、お恥ずかしい。

 間違って読んでしまった不運なアナタには改めてお読みいただければ幸いです。通りすがりのアナタ様にはご愁傷様。
 管理人の言いたかったことの一部だけしか伝わりませんでした悲しいかな。

 ということで以下、いちおう書き足した本文。

続きを読む

沖雅也と「大追跡」

大追跡

 沖雅也。
 一九七〇年代から八〇年代の初めにかけて、テレビを中心に大車輪の活躍をし、圧倒的な人気を誇った俳優である。

 序にかえて――より。

 没後25年を数え、ようやく沖ファン待望の分析本が発売されました。
 ちなみに没後25年としたのは、この本が先年2008年の発行だからです。今年は足掛け26年ということになります。
 いやあ、不覚にもこのような素晴らしすぎる本が出版されていたことを知りませんでした。昨年は公私ともに忙しかったもんですから。

 というところで、
 
沖雅也と「大追跡」―70年代が生んだアクションの寵児沖雅也と「大追跡」―70年代が生んだアクションの寵児
かわだ わか

ワイズ出版 2008-11
売り上げランキング : 115281

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 を購入しました。買ってよかった....。

続きを読む

必殺仕事人2009 第十話「鬼の末路」

hissatsu

 仕事人2009が始まって、初めてのレビューということになるのかな。
 ちょっと今回のお話はグッときちゃったんで、思うところを書いてみます。

 さて、テレビシリーズが始まって以来、ホストクラブに消費税にドラッグ問題に新興宗教に、果てはモンスター・ペアレントに……と、現代の病んでしまった社会風俗を織り込みながら展開してきた仕事人2009。
 個人的な評価としては、コンスタントに安定した内容を提供してくれているな、と感じてはいます。
 今作をいわゆるところの「必殺シリーズ」というよりは「仕事人シリーズ」と考えたほうがいいと思っていますので、レビューも必然的にそういう切り口になるのですが、というところで。

 その「仕事人シリーズ2009」の、今回の話がひとまずの転機になるだろうと思われる、タイトルもなかなか渋い『鬼の末路』。
 テーマとしては、ニート問題、そして昨年の秋葉原無差別殺傷事件という、記憶に生々しいところを扱っています。

 ネタバレ含むレヴューは、以下から。

続きを読む

必殺仕事人2009

hissatsu

まず、以下の記事を読んでおいてください。

SUNSPO.COM記事 2008.9.29 からの引用です。
藤田まこと「主水」17年ぶり連ドラ復活


食道がんで入院していた俳優、藤田まこと(75)が今月退院し来年1月にスタートするテレビ朝日系時代劇「必殺仕事人2009」(金曜後9・0)に出演することが28日、分かった。南町奉行所同心・中村主水を演じた代表作が17年ぶりにレギュラー枠で復活する。

 藤田は今年4月に食道がんが見つかり5月に大阪府内の病院で手術。7月に一般病棟に移って療養していたが、今月初旬に退院。現在は同府内のリハビリ専門病院で復帰へ向けてリハビリ中だ。

 「必殺仕事人」は昨年7月、スペシャルドラマ「−2007」として15年ぶりに復活。新仕事人には主演の少年隊・東山紀之(42)、TOKIOの松岡昌宏(31)、関ジャニ∞の大倉忠義(23)が挑み、藤田もおなじみ中村主水役で出演。関東地区で20.9%、関西地区で24.0%(ビデオリサーチ)の高視聴率をマークして東西ともに週間ランク1位に輝いた。視聴者からは復活を望む声が殺到、必殺仕事人シリーズ30周年の来年に17年ぶりの連ドラが実現した。

続きを読む

必殺!〜裏稼業の哀歌たち〜

必殺!!主題歌ベストセレクション~裏稼業の哀歌たち~

う〜ん、たまたま話題が必殺で重なっちゃいましたね。
とはいっても、大した意味はありませんよ、たまたまです。

てなわけで、徳間ジャパンコミュニケーションズから8月6日に発売されるCD「必殺!!主題歌ベストセレクション~裏稼業の哀歌たち~」をご紹介。

続きを読む

必殺類考

 それにしても、二夜にわたって放送された松本清張原作のテレビドラマ『点と線』は良かった。
 ビートたけしは相変わらず希有な味だすし、脇の配役もいい。高橋克典は見直しましたよ。他のドラマでは何とも思ったことないけど、いい芝居してた。
 あれでフィルム撮影なら、もっとよかったのになぁ。
 おかげで、裏で録画した『しゃばけ』がまだ見れてない……。

 さてさて、必殺のことだった(笑)

 先のエントリでは、必殺シリーズのスタンダードって何ぞや?というところから広げて、This is 必殺 たるスタンダードは「必殺=同心モノ」というポピュラリティーで総括されるところの中村主水、引いては彼の初登場した仕置人に遡るんじゃあるまいか?
 とまあ、自分なりに考えたところを書いたわけです。

続きを読む

必殺類考

 ネタなき時の、必殺頼み。
 ,箸△襪發里痢↓△ある保障はありません(笑)

 さて今回、「必殺におけるスタンダードとは何ぞや?」という切り口で語ってみたいと思います。
 とは言いつつ、実は以前のエントリで「必殺は時代のニーズに合わせて有機物のように変化する」作品と、一応は結論づけてはいるんですよね(もちろん、自分なりにという意味です)。

 当該エントリ

 で、これを考えるにあたって、角川書店発行のザ・テレビジョン文庫『必殺シリーズ完全闇知識/瞬間(ひととき)の愛編(平成13年発行:絶版)』という本の座談会収録内に、面白いやりとりがあるんです。
 ※ちなみに鼎談のメンバーは、京極夏彦氏(小説家)、山田誠二氏(脚本家)、酒井信行氏(映画監督)、の三方です。

 以下引用。


編 『必殺シリーズ』の中で、代表作っていったらなんでしょうね?
山田 「This is 必殺」って言えるのって、多くないと思うんですよ。
酒井 逆に言ったら、「This is 必殺」ていうもの自体がないからね。
京極 そういう意味では、一番長く続いた『仕事人』およびその続編が、一般的には「This is 必殺」なんじゃない?
酒井 そうだろうねえ。
京極 それを外すとなると、『仕掛人』になっちゃうんですよ。


 引用終わり。

 要するに「This is 必殺」なるものを一般化したところでのスタンダードは『仕事人』、さらに下れば『仕掛人』に行き着いてしまう、というお話ですよね。
 結局はオリジナルに帰結するという意味では、ありとあらゆるシリーズ作品が、この縛りを超えることはできないわけです。
例えば戦隊モノでは『ゴレンジャー』でしょうし、ライダーシリーズでは初代『仮面ライダー』でしょう。
 そんなわけで、ここで話は終了となるんですが(←こらこら)、ここではちょっと違う切り口で、シリーズ作品における“縛り”を考えてみようかと。
 要するに、シリーズ化するに到った作品の「This is」なるものは、この“縛り”を、良い意味で継続させる意味においてのスタンダードなのではないか?と考えたわけです。

続きを読む

必殺! 裏か表か

必殺!III 裏か表か [DVD]必殺!III 裏か表か [DVD]

松竹ホームビデオ 2001-11-21
売り上げランキング : 25767

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

〈人が人を殺す。だが、今は金が人を殺す―〉

【必殺! 裏か表か】
1986年 松竹映画
監督/工藤栄一
脚本/野上達雄、保利吉紀、中村勝行
出演/藤田まこと、三田村邦彦、鮎川いずみ、柴俊夫、村上弘明、京本政樹、伊武雅刀、成田三樹夫、松坂慶子 他

以前の「仕事人2007」関連の記事でもチラッと触れた、TV仕事人シリーズの映画版第三弾、それが「必殺! 裏か表か」です。

前作「必殺! ブラウン館の怪物たち」で、ブラウン管を賑わす人気タレントをこれでもかと投入し、徹底したバラエティー路線を打ち出した映画版「必殺」ですが、今回は、一大ハード&バイオレンス活劇へと作風を一変させています。

何といっても、名匠・工藤栄一監督による叩きつけるようなアクション描写が見所となっていますが、同時に、これまでの作品が辛うじて維持してきた必殺における「様式美」すらかなぐり捨てたことで、ファンの間でも賛否両論を巻き起こす結果となりました。

今回、久々に見たくなりレンタルしたのですが、やはりこの作品に対する評価は「映画」として見るか「必殺」として見るかの視座の違いによって生ずるのだろうとの思いを新たにする反面、やはり「必殺」に他ならない作品だとも感じられました。

矛盾しているようですが、必殺の枠内における活劇の居場所は、この作品によって示唆せられ、次回作の「必殺! 恨みはらします」において結実したのではないかと思います。


続きページのレビューは、ネタバレを含みますのでご注意ください。
久々の必殺記事、長いぞ〜(笑)

続きを読む

お江戸吉原事件帖

お江戸吉原事件帖
10a90010.jpg
テレビ東京系 毎週(金)午後8:00〜8:54(※初回午後8:00〜9:48)

以前、『逃亡者(のがれもの)おりん』で、オリジナル時代劇路線を開拓し好評だったテレ東の金曜時代劇が、新たに開始した〈必殺風吉原絵巻〉、それが『お江戸吉原事件帖』です。

さっそく初回の二時間SPを視聴したわけですが、ほとんど事前情報を仕入れずに初見したせいか、徐々に必殺展開に移っていくさまに、これはかつての『付き馬屋おえん事件帳』を彷彿とさせる――というか、さらに必殺的な時代劇なのではないか―という予感に興味津々。

続きを読む

必殺!前期後期を考える

秘録 必殺シリーズの舞台裏―カルト時代劇に賭けた男たち (映画秘宝SPECIAL)

今回でひとまず、仕事人2007関連の記事は終了とします。
といっても、必殺に関しては思うところを記事にしてはいきますけどね。

で、ひとまず区切りの今回、必殺ファンにとってはいい加減聞き飽きた(笑)必殺の前期・後期について、自分なりの考えを披露してみようかと思います。
(※あまり必殺に詳しくない方には、続きのページにシリーズリストを書いておきますので、参考になさってください)

まず、必殺シリーズが特異なのは、連続して15年も放送を継続した作品でありながら、各作品に一定した作調がないことなんですよね。だから例えば、水戸黄門は初代がいいとかいうレベルでは測れない部分があるんですよ。
中には仕事料をとらない作品もあれば、オカルトもある。
そんなシリーズです(笑)

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード