article-2030138-0D9225D700000578

 地球から約4000光年離れた銀河系にダイヤモンドで出来ているとみられる小惑星が存在することが観測され、豪天文学者らで作るチームが25日発行の米科学誌サイエンスで発表しました。

 豪スウィンバーン工科大学のマシュー・ベイルズ教授らが惑星の周回する中性子性から発生する放射線を測定したところ、くだんの惑星は通常よりもはるかに高密度であり、そのほとんどが炭素から出来ていることが判明。密度が非常に高いことから炭素の大部分は結晶質であると考えられ、ダイヤモンドのような物質だとみられるという。

続きを読む