付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

宇宙


【話題】火星で謎の金属状オブジェクトを発見、火星ローバーが撮影(動画あり)

top

 NASAが発表した火星の写真の中に、金属のような光沢を放つ謎の物体が撮影されていることが発見されました。
 金属状の物体は先月30日、火星探査機キュリオシティに搭載されたマストカムで撮影されたもの。Universe Today によると謎のオブジェクトのサイズは約0.5センチ、あるいはそれよりも小さいものだと見られています。

続きを読む

【アート」知られざる宇宙開発競争、アフリカン・スペースファンタジー「Afronauts」

top

 いわゆる“スペースレース”とは冷戦時代に米ソがしのぎを削っていた宇宙開発競争のことですが、同じ60年代に、独立したばかりのザンビア共和国が有人宇宙飛行を宣言していたことはあまり知られていません。
 もちろん(というと失礼ながら)、ザンビアの宇宙開発は具体化しないのですが――スペインの写真家 Cristina De Middel さんは写真シリーズ「アフロノーツ」において、ザンビアの空想の宇宙開発を、サイエンス・フィクションとアートの融合した形として展開させました。

 野っ原でドラム缶を使った訓練を行っていた、トホホすぎるザンビア宇宙飛行士訓練センターでしたが、アートの目を通すと、そのキッチュさがポップなイマジネーションを喚起させるから不思議です。

続きを読む

【アート】宇宙がテーマのレトロな中国のポスター(10枚)

spacebaby2

 1962年から1985年にかけて制作されたという、宇宙をテーマとした中国のポスターアート。
 ぽっちゃりとした福々しい赤ちゃんや子供たち、道教の神々と宇宙船が共存するアヴァンギャルドな宇宙的イメージ。どこかプロパガンダ臭のするこのテの中国アートは、欧米のマニアには受けがいいようです。

続きを読む

【宇宙】火星で人工物のような謎の小片を発見、火星由来のものか?(NASA発表)

697186main_pia16230-43_1024-768

 NASA(米航空宇宙局)が18日に発表したのは、火星探査機キュリオシティが火星で初めて採取した火星の土壌サンプルの中から、人工物の可能性もある明るい色の物体が発見されたというもの。
 AFP が伝えるところによると、NASA は現在、キュリオシティの車体深部に搭載されている「化学・鉱物分析装置(Chemistry and Mineralogy、CheMin)」を用いて謎の物体の組成の分析を試みているとのこと。

続きを読む

【宇宙】ダイヤモンドで出来た惑星を発見、大きさは地球の2倍(米研究)

o08000599tag-reuters1

 発見された惑星「かに座55番星e」の半径は地球の2倍、質量は8倍。質量の少なくとも3分の1がダイヤモンドであるそうです。

 地球世紀何年ごろにはダイヤモンドがただの石コロくらいの価値になっているのだろうとつい考えてしまいますが、発見されたダイヤモンド惑星は北点の蟹座に位置し、約40光年と地球からは比較的近い距離にあるそうです。

続きを読む

【動画】おもちゃの機関車よ宇宙へ、父から息子へ思い出のプレゼント

A Toy Train in Space

 父親のロンさんと4歳の息子による共同作業は、男の子の大好きな機関車のオモチャ「スタンリー」を成層圏にまで打ち上げることでした。
 気象観測用のバルーンに取り付けられたスタンリーが成層圏に到達する様子をとらえたビデオは、親子愛にあふれた素敵な作品になっています。
 一部映像に加工が加えられていますが、それもいい味わい。

続きを読む

【動画】生きている地球、NASAの衛星がとらえた「地球の歌」が感動的

Earth song

 8月30日に打ち上げられた NASA の Radiation Belt Storm Probe(放射線帯嵐探査:RBSP)衛星がとらえた「地球の歌」が話題となっています。
 これは RBSP が9月5日に地球の磁気圏から放出される電波を捕捉したもので、数十年前から「地球のコーラス」として知られる現象であるそうです。
 統合科学の主任研究者であるアイオワ大学の Craig Kletzing 氏によると、「この電波音は人の耳で聞くことのできる周波数だが、ヘルメットの存在で聴くことは叶わない」のだとか。

続きを読む

【訃報】人類初の月面着陸、アポロ11号船長ニール・アームストロング氏が死去

478f4_neil-armstrong-nasa-600

「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」....誰もが耳にしたことのある、有名なフレーズを残した人が亡くなりました。

 1969年7月16日、人類にとって初めての月面着陸であったアポロ11号の船長を務めたニール・オールデン・アームストロング氏の死去は、米メディアによると25日。死因は心臓のバイパス手術後の合併症であるそうです。

続きを読む

【動画】宇宙90億年の歴史を80秒で見てみる

Recreating a Slice of the Universe

 米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターが、「Arepo」と呼ばれる新しいソフトウェアを元に独ハイデルベルク研究所の研究者らと共同で取り組んだプロジェクトは、ビッグバンから40億年後の宇宙を起点に90億年にわたる宇宙の推移をシミュレーションしています。
 動画で示されるのは画面上に切り取られたコンピュータ・アニメーションですが、Arepo を用いることで宇宙の誕生と進化の歴史を、実に140億年にわたり正確にシミュレーションできるのだそうです。
 動画はぜひ、フルHDで。

続きを読む

【宇宙】キュリオシティ開発、マーズ・サイエンス・ラボラトリーの貴重画像(動画あり)

Kyuriositi 01

 マーズ・サイエンス・ラボラトリー(Mars Science Laboratory、略称:MSL) は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) が火星探査ミッションで用いた宇宙船の名称。NASAが送り込んだ火星探査機「キュリオシティ」が無事火星に到達したニュースにはワクワクさせられましたが、そのインサイドも充分に胸を熱くしてくれます。
 キュリオシティは火星表面の土と岩石などをすくい取り、内部を解析するなど「過去と現在の火星における生命を保持できる可能性」について調査を行いますが、最低でも1火星年(2.2地球年)は活動する予定だそうです。

続きを読む

【動画】楽しいぞ、垂直離着陸ロケット「Xaero」が飛び立った姿勢で帰ってくる

Xaero

 いやあ、これはたまらない映像です。
 再使用ロケット実験といえば、日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)も行っている研究プロジェクトでもあるわけですが、その一類型でもある単段の垂直離着陸(VTVL)型のロケットを「Masten Space Systems」という民間ロケット会社が開発しているという動画です。

 発射実験で使用されているのは「Xaero」という機体で、高さ4.5m、直径1mという大きさ。単段のVTVL型かつ完全再使用可能という仕様は、かのDC-X デルタクリッパーと同じ仕様のようです。動画では444メートルを上昇し、そのままの姿勢で帰還し、着陸する様子が撮影されています。
 シュールでとても可愛い。

続きを読む

【科学】神の粒子「ヒッグス粒子」を観測、宇宙成立の解明に前進か!?(CERN発表)

nearing-the-higgs-boson-july-2012_55929_big

 ヒッグス粒子(Higgs boson)とは、素粒子に質量を与える理由を説明するヒッグス場理論から生まれた、理論上の粒子――とされていたもの。
 そのヒッグス粒子の存在が、欧州合同原子核研究所(CERN)により「ほぼ確認された」として発表されました。

 ヒッグス粒子は、」1964年に英国の理論物理学者ピーター・ヒッグスが提唱したもので、137億年前のビッグバン以降、物質に質量を与えたとされている、いわば物理学の標準理論を構成する“最後のピース”。世界の物理学者が追い求めていた「最後の素粒子」というべき存在です。

続きを読む

【歴史】1927年開催、ソ連初の宇宙プロジェクト「大ソビエト宇宙展」

Great Soviet Space Exhibition 01

 1927年に旧ソ連の発明家協会によって開催されたという「大ソビエト宇宙展」。同年4月にモスクワで開催されましたが、1922年12月末にソビエト連邦の樹立宣言が成されてから間もない時期であったために、財政面も含めて時期尚早、あるいは大衆を扇動するとの声もあったのだとか。

 ジュール・ヴェルヌやHG.ウェルズを始め、名だたる科学者や著名人によるプランや設計図、立体モデルや写真などがディスプレイされた世界初の宇宙展は好評を博したのだそうです。

続きを読む

【宇宙】溜息の出る美しさ、ISSで撮影された長時間露光写真がファンタスティック(画像11枚)

ISS Star Trails 01

 米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士ドン・ペティット氏が公開した写真が美しいとして、各所で取り上げられるなど話題となっています。
 ペティット氏が画像共有サイト「Flickr(フリッカー)」で公開したのは、国際宇宙ステーション(ISS)で撮影された長時間露光による一連の写真。画像はジョンソン宇宙センターのギャラリーページにUPされており、約10〜15分の露光時間を要して撮影されたそうです。

続きを読む

【画像】宇宙服バンザイ! 奇しくもアートになってしまった宇宙服のテスト写真

SUIT

 フリッカーで公開されているサンディエゴ航空宇宙博物館のアーカイヴから発見されたこの写真は、月面着陸へ邁進するNASAによって撮影された宇宙服のモビリティ・テストを示すもの。なんというアート感。写真集が発売されたら速攻で買ってしまうレベルです。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ