付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

宇宙服


【画像】宇宙服開発の揺籃期、1950年代の宇宙服を見てみる

Heres-What-Well-Wear-5

 宇宙時代を目指した草創期、様々に試行錯誤された宇宙服の歴史。
 ウィリー・ポストによって最初の与圧服が開発されたのが1934年。その与圧服を模倣することから始まった宇宙服の開発史ですが、当初の開発は着用者にとってかなり過酷な実験をともなうものであったようです。

続きを読む

【動画】次世代宇宙服をスタジオで開発、ファイナル・フロンティアデザイン開発史

The Next Generation Space Suit

 かつての冷戦下ではありそうもなかったロシア人技術者とアメリカ人アーティストの邂逅は、現在は国際条約下で開発が制限されている宇宙服の開発にも新たな時代の一歩を示すのかもしれません。
 テッド・サザンとニケ・モイセーエフの両氏は2007年に出会って以来、安価な宇宙服の新時代を作るパートナーとして協力してきました。

続きを読む

【話題】NASAが公開した次世代宇宙服が、バズ・ライトイヤーにちょっと似ている件

article-2250548-0C069FBD00000578-493_306x578

 米航空宇宙局(NASA)の発表した次世代宇宙服が、映画「トイ・ストーリー」に登場するキャラクター、バズ・ライトイヤーにそっくりだとして話題となっています。
 NASAの公開した次世代宇宙服「Z-1」試作宇宙服は、その配色だけではなく着用者の頭部をカバーする半球状のドームもバズ・ライトイヤーを彷彿させるものになっており、遅くとも2015年までには真空状態に対応するための機能を整える予定となっているようです。

続きを読む

【動画】SF映画に出てくる宇宙服のヘルメットを集めてみた「Helmet Oddity」

Helmet Oddity

 SF映画に登場する数多の宇宙服ですが、その中でも特にヘルメットにオマージュを捧げたという、かなりマニアックなマッシュアップ動画。日本の映画やアニメも幾つか含まれてます。
 製作は Keith Melton さん、楽曲は David Bowie vs The Beatles - 'Ground Control to Eleanor Rigby'
 リストが長い....。

続きを読む

【画像】宇宙服バンザイ! 奇しくもアートになってしまった宇宙服のテスト写真

SUIT

 フリッカーで公開されているサンディエゴ航空宇宙博物館のアーカイヴから発見されたこの写真は、月面着陸へ邁進するNASAによって撮影された宇宙服のモビリティ・テストを示すもの。なんというアート感。写真集が発売されたら速攻で買ってしまうレベルです。

続きを読む

【動画】宇宙服でバレエ! NASAの秘蔵映像を編集したファンタスティックな映像

space-suits
(画像はイメージ)

 かのニール・アームストロングは、人類初の有人月面着陸の際に着用していた宇宙服を「タフで信頼性が高く、とても可愛い」と記したそうです。
 もちろん、プレイテックス製の“可愛い”宇宙服にいたるまでには、多くのプロトタイプによる試験と厳しい競合が行われていました。

 ご紹介する映像は、NASAに残されたモビリティ試験のアーカイブから、試作宇宙服の映像をつなぎ合わせた「スペーススーツ・バレエ」と名付けられたもの。関節の回転機構や蛇腹構造など、あるあるSF的な見どころ満載。
 素晴らしくファンタスティックで、興味深い動画になっています。

続きを読む

【画像】宇宙服デザイナー「Hubert C. Vykukal」画像集(13枚)

HARDSUIT AX-3_000

 個人的にメモっときたいという記事で恐縮ですが、以前にエントリーしたこれとかこれ関連の、とても素敵な宇宙服 AX-3 の画像。
 ソースによるとデザイナーの Hubert C. Vykukal によるハードスーツで、1977年のデザイン。そのまま映画の「プロメテウス」に出てきても違和感なさそうな、実に洗練されたデザイン。先を行きすぎてます。

続きを読む

【画像】大宇宙の少年 - 与圧服から宇宙服まで(16枚)

pressure suits 00

 1934年にウィリー・ポストによって開発された最初の与圧服から、宇宙服にいたるまでの様々の圧力スーツ。
 以前に記事にした「与圧服からバイオスーツまで」の姉妹編ともいえる内容ですが、与圧服とは飛行服の一種で、高高度など気圧の低い環境において、乗員を保護するために用いられるもの。
 様々の試行錯誤が読み取れて、興味深いものです。

続きを読む

【画像】宇宙服の進化の歴史、与圧服からバイオスーツまで(14枚)

spacesuit_top

 現在、宇宙服を開発および保有している国はアメリカ、ロシア及び中国のみなのだそうです。
 初期の宇宙服は高高度飛行のための航空機用与圧服の模倣から始まり、未来の宇宙服はまさにSFの世界そのままのタイトな様相を呈しています。

 冷戦時代の宇宙開発競争から始まったスペース・フロンティアの開拓も、今や国際宇宙ステーション計画へと変化。各解説はあくまでも要約ですので、詳細な説明は元サイトをご参照ください。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード