cannonball_richards

 フランク“キャノンボール”リチャーズ(1887-1969)は、カーニバルや寄席などで腹部に重い打撃を与えることを呼びものとした、20世紀前半のパフォーマー。
 並んだ男たちのパンチを次々と腹で受け止め、腹の上でジャンプさせたりスレッジハンマーで打たれたり、挙句の果てに104ポンド(約47キロ)の大砲の弾で撃たれたりと、“史上最強の胃を持つ男”としての名をほしいままにしました。また、「マナッサの巨人殺し」「拳聖」などの異名を取った20世紀の偉大なボクシングチャンピオン、ジャック・デンプシーのボディブローを受けても平気だったのだそうです。

続きを読む