付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

大倉忠義


必殺仕事人2009

hissatsu

まず、以下の記事を読んでおいてください。

SUNSPO.COM記事 2008.9.29 からの引用です。
藤田まこと「主水」17年ぶり連ドラ復活


食道がんで入院していた俳優、藤田まこと(75)が今月退院し来年1月にスタートするテレビ朝日系時代劇「必殺仕事人2009」(金曜後9・0)に出演することが28日、分かった。南町奉行所同心・中村主水を演じた代表作が17年ぶりにレギュラー枠で復活する。

 藤田は今年4月に食道がんが見つかり5月に大阪府内の病院で手術。7月に一般病棟に移って療養していたが、今月初旬に退院。現在は同府内のリハビリ専門病院で復帰へ向けてリハビリ中だ。

 「必殺仕事人」は昨年7月、スペシャルドラマ「−2007」として15年ぶりに復活。新仕事人には主演の少年隊・東山紀之(42)、TOKIOの松岡昌宏(31)、関ジャニ∞の大倉忠義(23)が挑み、藤田もおなじみ中村主水役で出演。関東地区で20.9%、関西地区で24.0%(ビデオリサーチ)の高視聴率をマークして東西ともに週間ランク1位に輝いた。視聴者からは復活を望む声が殺到、必殺仕事人シリーズ30周年の来年に17年ぶりの連ドラが実現した。

続きを読む

必殺!前期後期を考える

秘録 必殺シリーズの舞台裏―カルト時代劇に賭けた男たち (映画秘宝SPECIAL)

今回でひとまず、仕事人2007関連の記事は終了とします。
といっても、必殺に関しては思うところを記事にしてはいきますけどね。

で、ひとまず区切りの今回、必殺ファンにとってはいい加減聞き飽きた(笑)必殺の前期・後期について、自分なりの考えを披露してみようかと思います。
(※あまり必殺に詳しくない方には、続きのページにシリーズリストを書いておきますので、参考になさってください)

まず、必殺シリーズが特異なのは、連続して15年も放送を継続した作品でありながら、各作品に一定した作調がないことなんですよね。だから例えば、水戸黄門は初代がいいとかいうレベルでは測れない部分があるんですよ。
中には仕事料をとらない作品もあれば、オカルトもある。
そんなシリーズです(笑)

続きを読む

必殺仕事人2007

hissatu2007

今回の―というよりは、必殺で忘れてはならないのが殺し技の妙技です。

もちろん必殺シリーズの魅力の最たるものだとは思うんですが、今回のSPにおいては、なかなか斬新な――というか珍奇な殺し技が用意されています。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード