付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

声優

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

【動画】洋画の専属声優一覧、まとめ動画が面白すぎる

seiyu

 近年は宣伝のためのタレント起用が鼻につく洋画の吹き替えですが、テレビ世代にとって洋画と声優は切っても切れない関係でした。
 動画主が述べているように「言語の壁を超える重要な存在」であり、「元の俳優と同等の技量が求められ、一体化していく凄さ」を持つ存在。最近はすっかり字幕版を観る癖がついてしまっている管理人ですが、こういう動画を見ていると、やっぱり吹き替え版もいいものだなあと思う。

 というわけで、お届けするのは「洋画【日本語吹き替え】専属声優一覧」という動画。羽佐間道夫さん、小池朝雄さん、広川太一郎さん、小松方正さん等など....たまらんものがあります。

続きを読む

【動画】時空を駆け抜ける少女、中島愛「Transfer」のPVがイイ!

Transfer

 日本よりも海外で話題になっている感がある、中島愛「Transfer」のビデオクリップ。
 livetune(ライブチューン)名義での初のボーカリストを起用したシングル「Transfer」は、スクウェア・エニックスのアーケードゲーム「ガンスリンガー ストラトス」のテーマソングとしても採用されている楽曲です。

 PVは、一人の少女が様々の時代や時空を越えて駆け抜けるという、実に疾走感を感じるアニメーションになっています。
 なんとなくダイコンIVのビデオを思い出してしまいましたが、様々のイメージを展開するコラージュアニメっぽい感じもいい。

続きを読む

【動画】14歳にして「渋すぎる声」の少年、魅惑のマジカルボイスはいかが?

don-lafontaine-jake-foushee

 奇跡の声を持つ14歳の少年が話題になっています。
 こういう場合の多くは「天使のように美しい声」といった特徴であることが多いのですが、その少年 Jake Foushee の場合はまったくの真逆。
 なんとジェイク君は14歳にして、ドン・ラフォンテーヌを彷彿させる“渋い声”の持ち主なのだそうです。

 ちなみにドン・ラフォンテーヌさんは、5,000以上の映画の予告編を務めた「映画俳優組合の記録上、最も忙しかった声優」だそうで、惜しまれながらも2008年に他界しています(※画像右がラフォンティーヌ氏)。
 にわかには信じがたい、14歳の奇跡の声をお聞きください。

続きを読む

【動画】「ルパン三世」キャスト変更の原点、『風魔一族の陰謀』を見てみる

lupin3rd_huuma

 すでに既報ですが、国民的アニメ「ルパン三世」のキャストが主要キャラ2人を除いて変更されるとのことで、ルパンの声優一新といえば1987年に劇場公開された『ルパン三世 風魔一族の陰謀』が思い浮かぶわけです。

 新たな声優陣によるリニューアル・ルパンの第1作は、12月2日に金曜ロードショー(日テレ系)枠で放映される『ルパン三世 血の刻印〜永遠のMermaid〜』ということになりますが、これを機会に、あらためて87年版のニュー・ルパン、その中でも評価の高いカーチェイスの動画をご紹介します。
 巨大な作品ですから、今も昔も賛否両論なんてあって当たり前。作画的にはすごく上質で、とにかくよく動きます。

続きを読む

【動画】ディズニー版『ふしぎの国のアリス(1951)』、舞台裏の比較映像

Alice In Wonderland test footage

 日本のアニメでは先に映像が作られ、その映像に合わせて役者(声優)がセリフを吹き込む「アフレコ」が主だった手法でした。しかし海外ではアフレコとは逆に、セリフや音楽を先行して収録し、それに合わせてアニメーションを製作するプレスコという方法が多く用いられてきました。

 ディズニーでは、しばしば実際の役者に演技をさせてアニメのモデルとしたり、ロトスコープで役者の演技をトレースするなど独自の手法を確立していきましたが、ご紹介する動画は1951年に公開されたディズニーアニメ「ふしぎの国のアリス」の舞台裏。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード