top

 ナショナルジオグラフィックによると、1億2500万年前の小型恐竜ミクロラプトルの4本の翼は“玉虫色”に輝いていたことが判明したそうです。

 ミクロラプトル白亜紀前期に生息していた「竜盤目 - 獣脚亜目 - ドロマエオサウルス科」に属する小型羽毛恐竜のこと。
 大きさはハトほどで、現生のカラスやオオクロムクドリモドキのように青い光沢を持つ黒色で、日光を反射して輝いていたらしい。もちろん、光沢を放つ羽毛を獲得した最古の例とみられています。

続きを読む