付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

原発


【動画】3.11希望の番人、原発20キロ圏内に生きる男のドキュメンタリー

ec056796198a0b3327b63a4c0eee621c

 3.11東日本大震災から2年、今もなお警戒区域に指定される福島県双葉郡富岡町で、ただ一人生活している男性が松村直登さんです。
 そんな彼に迫るドキュメンタリー「原発20キロ圏内に生きる男 - Alone in the Zone」は、20キロ圏内で孤独に生き続ける松村さんのインタビューを中心に構成されたもの。
 松村さんの言葉、一つ一つが重い。ぜひご覧ください。

続きを読む

【動画】原発作業用の外骨格スーツ「HAL」を開発、日本のサイバーダイン社

original

 茨城県つくば市のベンチャー企業サイバーダインは、福祉目的での自律動作支援ロボットスーツ「HAL」の開発を行ってきましたが、その発展形として、原発事故現場での作業を想定した新しいロボットスーツを発表しました。
 発表が行われたのは18日。山海嘉之筑波大教授らが開発したもので、足の運動に合わせて各部のモーターが作動し、人の動きをサポートします。

続きを読む

【動画】被爆都市の26年後を描くホラー映画「チェルノブイリ・ダイアリーズ」の予告編

Chernobyl Diaries

 悪夢のチェルノブイリ原発事故から26年。
 ゴーストタウンと化して久しい無人都市、ウクライナのプリピャチを面白半分で訪れたツーリストの男女が、正体不明の存在に襲われる――というサバイバル・ホラー映画「チェルノブイリ・ダイアリーズ」。

 被爆国であり、かつ福島の事故を経た日本人にとっては複雑な感情を抱いてしまうコンセプトですが、社会性を持つ災害や事件がジャンル系のテーマに取り上げられるのは、ことさら珍しいことではありません。

続きを読む

【動画】巨大電力会社へ訴える、冷却塔を壊しちゃえ!

Collapsing Cooling Towers

 イギリスで「ビッグ・シックス」と呼ばれる巨大電力会社6社に対して、原発の廃炉を訴えるキャンペーンのために製作された動画「Collapsing Cooling Towers」。
 同国で再生可能エネルギーへのシフトを訴える団体 Ecotricity が製作したものですが、なんというセンスのよさだろう!

続きを読む

【ショートフィルム】汚染された近未来の東京 - blind

blind

 日本人作家のYUKIHIRO SHODAさんによるショートフィルム。
 度重なる原発事故により、都内でもガスマスクの着用が必要となった「ポスト核東京」の姿を描いています。

 もちろん仮想の世界を描いた映像作品ですが、現在我々が置かれた日常の延長線にある世界を考えれば、こういう想定が生まれてくるのは必然かもしれない。とはいえ、SFとは概ね現実の一側面を拡大させて描かれるものです。その作品のベクトルがどこへ向かうかは時代により異なりますが、今の日本からこういう作品が生まれてくることは肯定して考えてみたい。

続きを読む

【動画】頼れる仲間プルト君 - 動燃の企画した原発啓蒙アニメ『プルトニウム物語』

pluto_kun

 動燃(現:独立行政法人・日本原子力研究開発機構)の企画で製作された、原発啓蒙のためのポップなアニメーション。
 うp主さんの説明では、「「どうねん」が国民の血税でつくったのに、アメリカの圧力(-「コラ!飲むのはやっぱり超危険だろうが?」)ですぐに回収されて見られなくなっているのはとても残念なので、ここに掲載します。」とありましたが、真偽については不明ですので念のため。ちなみに1990年ごろの製作とのことです。

 原発については、世論が極端から極端へスライドしてしまうのは管理人としては賛成しかねます。とはいえ、より少ないリスクへと時間をかけてシフトしていくのも人間の叡智であろうかと思う。たとえリスクのないエネルギーが存在しないのが事実であろうと、無理して人間が放射能のほうに適応するなんて世の中は来ないに越したことはない。

続きを読む

【画像】チェルノブイリ25年 - モスクワ美術館で行われる写真展に福島の25年後を見てみる

chernobol36gs10

 あの原発事故から25年。
 最大の人災の象徴として世界共通の固有名詞となっていた、チェルノブイリという言葉。時間とともに風化していく事故の記憶とともに、その嘆かわしい名声を受けながらも、「我々は誠実に、この巨大な惨事が繰り返されることはないと信じていた」と元記事“イングリッシュ・ロシア”にはあります。しかしその夢は叶わなかった、とも。

 モスクワ美術館で行われるというチェルノブイリ25年の展示写真を見て、いまチェルノブイリの「25年前」の歴史のただ中にいる自分たちは、祖国・日本の「25年後」を見た時に、何をすればいいのか。何ができるのか――愕然とするものがありました。

続きを読む

【画像】チェルノブイリの悲劇をふりかえってみる - 1986年4月26日(38枚)

Chernobyltragedy1986-23

 原発に対する関心が高まっている今だからこそ、チェルノブイリでの原発事故を振り返ってみることも必要ではないかと考えました。
 おりしも福島第一原発における事故のレベルを、INES(国際原子力事象評価尺度)がレベル6にまで引き上げることを発表。これは過去最悪の原発事故として知られるチェルノブイリに次ぐレベルであり、とうとうスリーマイル島原発事故のレベル5を上まわる結果となってしまいました。
 今後の放出放射能の量、そして土壌汚染が心配されますが、それでも未来を信じるしかありません。信じましょう、未来を。

続きを読む

【動画】うんち・おならで例える原発解説

unchi_onara

 もうあちこちで紹介されているようなので迷ったんですが、個人的に記録しておきたいとも思ったので。
 とても面白い動画なんですが、これを子供に見せるには大人の側がそれなりの知識を持って説明をしておかないと危険性云々を誤解する面もあるのじゃないかと思います。そういう意味では大人こそ見るべき動画じゃないのかと。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ