one-eyed-cyclops-shark-pup-holding-face_41775_big

 メキシコのカリフォルニア湾で「一つ目」のドタブカ(メジロザメ属)の胎児が発見されました。生物学者フェリペ・ガルバン・マガーニャ氏によると、単眼症以外にも、色素欠乏、鼻腔の欠如、額部の隆起や脊髄異常などの複数の先天的奇形が認められているそうです。

 話題となっているサメの胎児はオスで、体長は56センチ。カリフォルニア湾セラルボ島付近で漁師が捕獲したサメの腹部から、9頭の正常な胎児の他に件の胎児が発見されたとのこと。

続きを読む