付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

化石

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

ミッシングリンクをつなぐ存在か? 新たに発見されたヒト属の新種「ホモ・ナレディ」

homo_naledi_01

 私たち人間は、現在この地球上でただ1つ生き残ったヒト属(ホモ属)、いわゆる現生人類です。
 2万数千年前に絶滅したホモ・ネアンデルターレンシスを最後にホモ・サピエンス以外の種は絶滅したと考えられてきましたが、その失われた鎖をつなぐかもしれないヒト属の新種、“ホモ・ナレディ“の骨が発見されました。
続きを読む

【生物】新種の翼竜を5歳の少女が発見、「デイジーのドラゴン」と名付けられる

daisy-morris-fossil-4

 当時5歳だった少女が、偶然発見した化石が新種の翼竜であったことが判明し、注目を集めています。
 報道によれば、当時5歳だったデイジー・モリスちゃんが化石を発見したのは2008年11月。イングランド南部ワイト島の沿岸部を散歩していたところ、黒ずんだ骨のような物体が砂から突き出ているのを見つけたといいます。

続きを読む

【生物】ミッシングリンクをつなぐ“ペニス”ワーム、カンブリア紀の化石層から発見(カナダ)

sn-phallusworm

 ヴァギナみたいなパンの後にペニスみたいな虫の話題というのもわざとらしいですが、カナダのヨーホー国立公園から発見されたのは、男根としか思えない姿をした奇妙な生物。
 陰茎形をした化石は約5億500万年前のバージェス頁岩累層から発見されたもので、「Spartobranchus tenuis」と名付けられています。
 90種ほどの現生種を含む半索動物の祖先に属すると見られており、2つの主要な現生グループの“ミッシングリンク”を埋める存在であることを新しい研究は示しています。

続きを読む

【話題】200万年前の人類は3種類だった!? 新たな初期人類の下顎が発見される

new-fossil-hominid-identified-leakey-jaw_58041_big

 およそ200万年前のアフリカには、我々の祖先の他にも異なる2種類の初期人類が共存していた――そのような研究が発表され注目を集めています。
 調査を行ったのは古生物学者のミーブ・リーキー氏と娘のルイーズ・リーキー氏らの率いる「コービ・フォラ(Koobi Fora)調査プロジェクト」。
 報告によると、ケニアのトゥルカナ湖周辺では、少なくとも3種の初期人類が暮らしていたとのことです。

続きを読む

【生物】交尾中のカメの化石が発見される(ドイツ)

turtles-mating-in-fossil_55398_big

 ドイツの研究チームが交尾中の化石を発見したというニュースは、瞬く間に世界中に広がっています。
 問題の化石が発見されたのは、ドイツのメッセル・ピットと呼ばれる場所。この地はかつては熱帯の湖で、現在ではラーゲルシュテッテン(古生物学の専門用語で、非常に保存状態のよい化石が出土する場所という意味)となっている場所なのだそうです。

 実に4700万年もの長きにわたり愛を分かち合い続けているカメ(の化石)というわけですが、発表を行ったドイツの研究チームによると、「つがいの化石だけでも世界に類を見ない発見」とのこと。
 研究を率いたウォルター・ジョイス氏は、「このような姿で発掘された脊椎動物の化石は他に例がない」と語っています。

続きを読む

【話題】ロシアで4億年前の機械の化石が見つかる

kamchatka01russia top

 真偽はともかく、これは久々のワクテカもの。
 約4億年前のロシアの地層から、化石化された歯車のように見える、考古学的に“ムチャクチャな発見”がされまして「すわ宇宙船の残骸か!?」 とばかりに話題になっているようです。

 くだんのオーパーツが発見されたのは、ご存知カムチャツカ半島。
 ソースの秒刊サンデーは「400万年前」が次の段落では「400年前」になってるくらいだから軽くスルーするとして、その原典を見てみました。
 やっぱりワクテカは止まりません。

続きを読む

【話題】恐竜の血を吸うノミは巨大!体長2センチのノミの化石が発見される(中国)

gigantic flea 5

 約1億5000万年前、恐竜が地上を闊歩していた時代では、彼らの血を吸っていたノミもやはり、恐竜と同じように巨大であったようです。

 中国・内モンゴル自治区と遼寧省で、オスは体長1.5センチ、メスは2センチにもなるという巨大なノミの化石が発見されました。発見された化石は9個で、中国とフランスの古生物学者によるチームが発見したのだそうです。
 発見された化石はジュラ紀中期〜白亜紀初期頃のもの。ちなみに現代のノミの体長は大きくても5ミリ程度ということです。

続きを読む

【話題】ダーウィンの失われた化石:貴重なコレクションが160年ぶりの歴史的大発見(動画あり)

Darwin's lost fossils-01

 若きチャールズ・ダーウィンによってコレクションされた化石のコレクションが160年ぶりに発見されたというニュースは、博物誌あるいは生物学史にとっても重要な発見だといえそうです。
 偶然にほこりまみれのキャビネットから見つかったスライドのコレクションは、1830年代に行われたビーグル号での5年の航海の間に、ダーウィンらによって南アメリカで採取されたというもの。
 
 貴重な314のスライドは、ロイヤル・ホロウェイの古生物学者ハワード・ファルコン-ラング博士によって発見されました。

続きを読む

【話題】カンブリア紀の帝王「アノマロカリス」、左右の複眼の完全な化石が発見される(オーストラリア)

Anomalocaris_reconstruction REDUCED

 5億年以上前の先史時代の海で無敵を誇ったとされる捕食動物・アノマロカリス。巨大な甲殻類のような外観を持ち、成長すると1メートルほどにもなるというアノマロカリスの左右の複眼の化石が発見されたことを、オーストラリアの研究チームが発表しました。

続きを読む

【話題】道具を使う200万年前の「セディバ猿人」、人類の祖先である可能性

australopithecus-sediba-secrets-revealed

 2008年に南アフリカ共和国マラバ地方で発見された200万年前の霊長類の骨格が、道具を使用していた可能性が明らかになりました。

 セディバ猿人(アウストラロピテクス・セディバ:Australopithecus sediba)と名付けられた化石からは現生人類と猿人の特徴を併せ持つ特徴がみられ、骨格の分析からは、道具を作り使用していた可能性が浮上しています。また、化石には皮膚の化石も含まれている可能性があり、実証されれば初期の人類の祖先から得られた初めての軟組織となるとのこと。

続きを読む

【話題】『地球外生命体の化石』をめぐる議論(続報)

com

 先日、米航空宇宙局(NASA)の科学者が隕石の残留物から地球外生命体の化石を発見したとの発表を行った旨を記事にしたんですが、案の定異論百出の模様で、続報が出ていたのでお知らせします。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード