wonderland_01

 中国は北京市郊外に建設予定だった「Wonderland Amusement Park」はアジア最大のテーマパークを目指し、20エーカー(約48万5000平方メートル)の土地に開発される予定だったもの。
 1998年から地元企業が開発をはじめましたが資金難から建設が頓挫し、以来、廃墟となったまま放置されているようです。

 話題に火がついたのは米国の写真家トレイ・ラトクリフさんが10月に公開した動画「Fake and Abandoned Disneyworld in China」から。
 9分余りの動画では、作りかけのまま廃墟として放置された園内の様子が確認できます。

続きを読む