付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ロジャー・コーマン


【映画】フルムービー&ドキュメンタリー。ロジャー・コーマン『ザ・ファンタスティック・フォー』を横断するまとめ

doomed

 インディペンデント映画の神としてカルトなオーラを放ち続けるロジャー・コーマンが、マーベル・コミックの原作による映画『ザ・ファンタスティック・フォー』の公開を予定していたのは、1994年。
 実写化作品としては、2005年の映画『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』に先立つオリジナルとして付録部でもご紹介していたわけですが、その続報というべきか、管理人がライターを務めるコタク・ジャパンで執筆したテーマが、同作品のドキュメンタリー『DOOMED!(ドゥームド!)』でした。
 再掲まとめという変則的な形になりますが、あらためて注目してみます。

続きを読む

【動画】これがオリジナルだ! 「ザ・ファンタスティック・フォー」ロジャー・コーマン版フルムービー(1994年)

the_fantastic_four_photo_1

 2005年の映画『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』に先立つこと11年、劇場公開もソフト化もされなかった幻の映画が存在していました。
 “低予算映画の王様”ことロジャー・コーマンが製作を務めた『ザ・ファンタスティック・フォー(The Fantastic Four)』は、同作の映画化権を所有していたドイツの映画会社コンスタンティン・フィルムが、約1ヵ月で撮影したという曰くつきの作品。ロジャー・コーマンのB級フォースは凄まじく、想定されていた4000万ドルを破格に下回る140万ドルの予算で完成しています。
 コーマン先生の低予算力、ハンパないです。
 
続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード