付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

レンダリング


【動画】次世代のリアルタイム・キャラクター・レンダリング「Activision R&D」が凄すぎる

Activision R&D

 ゲーム開発会社大手のアクティビジョンが、サンフランシスコで開催された「Game Developer ’s Conference 2013」で公開した、最新のリアルタイム・キャラクター・レンダリングが凄すぎます。
 同社の Jorge Jimenez 氏が次世代のキャラクター・レンダリングとして胸を張るデモンストレーション動画では、信じられないほどリアルに再現された人物が、リアルタイムに動作する様子が映し出されます。
 将来のテレビゲームは、これほどリアルなキャラクターがインタラクティブに動く世界を体験することができるのかもしれません。

続きを読む

【画像】歴史的な偉人の写真を、カラー写真にレンダリング(20枚)

historic_photos_brilliantly_rendered_in_colors

 歴史的な偉人や有名人の写真をカラー写真のように色付けしているのは、何とまだ18歳だというマッズ・マドセンさん。
 有名な写真がカラーになることで、不思議なリアリティを持って迫ってきます。より多くの写真は、マドセンさんのサイトでどうぞ。

続きを読む

【動画】ピクサー創始者が制作、世界初の3Dレンダリング・アニメーション(1972年)

first ever 3d animation

 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ及びピクサー・アニメーション・スタジオの現社長であり、ピクサーの創始者でもあるエド・キャットムルと、フレッド・パルケ博士が1972年に制作した、世界初の3Dレンダリングされたアニメーション。

 先にご紹介した最初期の3Dコンピュータ・グラフィックは1965年にベル研究所が制作したものでしたが、こちらの動画ではエド博士の手を型取りした原型を元に、無数の点が示す位置情報を入力する作業が映し出されます。
 また、後半に登場するフェイスアニメーションではフレッド博士の妻ヴィッキー氏の顔をスキャンすることで3DCGアニメーション化されています。

続きを読む

【動画】将来のゲームはこうなる?! 最先端の「肌」表現がリアルすぎる

Separable Subsurface Scattering

 リアルタイムグラフィックスと特殊効果の研究を行っているという、スペインの Jorge Jimenez 氏が公開したのは、リアルタイムで行われる肌のレンダリング技術。
 ご紹介する動画はゲームへの導入を想定して開発されているもので、「Separable SubSurface Scattering(SSS)」と呼ばれる、皮膚表現技術のデモ映像として公開されたものだそう。
 驚くべきことに、この映像はプリレンダムービーではなく、リアルタイムで描画された動画なのだそうです。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード