付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ミステリー


【動画】生きたマンモスが撮影されていた? 1943年にシベリアで撮影されたマンモスの映像

REAL Woolly MAMMOTH

 第二次大戦中の1943年4月、当時「ヤクート・ソビエト社会主義自治共和国」と呼ばれていたサハ共和国の首都ヤクーツクで、謎の映像は撮影されました。マンモスを撮影したのは、ドイツ軍カメラマンであったホルガー・ヒルデブラントという人物。赤軍に捕えられたヒルデブラントが、シベリアへ向かう「死の行進」の渦中で撮影したものだといいます。
 残されている映像は非常に短いものですが、風に長い毛を波打たせるマンモスらしき生き物の姿が映し出されています。

続きを読む

【話題】謎の「バルト海UFO」の撮影に成功、調査は“謎が謎を呼ぶ”結果に(動画あり)

r-BALTICUFO2A-large570

 以前にお届けしたままになっていたバルト海に沈む謎のUFO状物体、いわゆるバルト海UFOの最新の調査の結果は、結論から言えば謎が謎のまま残される結果となりました。

 調査を行ったのは、スウェーデンの探査チーム。彼らはバルト海85メートルの海底に沈む、神秘的な60フィート(約18メートル)の円盤状物体の至近にまで近づき、撮影を行うことに成功しました。
 撮影を行ったダイバーの Stefan Hogeborn 氏によると、それはこれまでに彼らが見たことのない奇妙なものであったようです。

続きを読む

【話題】謎の環状列石「ストーンヘンジ」、未知だった石材の産地が判明

stonehenge

 ストーンヘンジは、イギリス南部ソールズベリーから北西に13キロ程に位置する環状列石。現在のイギリス人、アングロサクソンがブリテン島に移住する以前から存在しており、数あるミステリアスな巨石構造群の中でも有名なものの一つです。

 そのストーンヘンジの中心で円を描く火山岩、「ブルーストーン」と呼ばれる石の一部が、当地から約260キロ離れたウェールズにある露頭の岩と一致したのだそうです。
 複数説により混乱していた岩の産出地が特定されたことで、今後の謎は2つに絞られることとなりました。すなわち「人力で運ばれた」のか「氷河によって動かされた」のか、です。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード