付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ボーカロイド


【動画】ついにボカロがしゃべった!ミクさんが歌とトークで勝負「アイドルを咲かせ」PV

121214ktmiku

 ついにミクさんが歌声だけじゃなく、トーク能力も手に入れたようです。
 神調教のボカロPとして有名な Mitchie M さんが試みたのは、ボーカロイドの初音ミクをリアルにしゃべらせること。
 というわけで、GたまさんによるPVと共に、DJ能力を手に入れたミクさんの新曲『アイドルを咲かせ』をご覧ください。
 中の人がいてもおかしくないレベルです。

続きを読む

【動画】デイジー・ベル:世界初のコンピュータの歌声と、2001年宇宙の旅

daisy

 アップルがiPhone 4Sに搭載した秘書機能アプリ「Siri」にもデイジー・ベルを口ずさむ機能が実装されているそうですが、そもそもデイジー・ベルは世界で初めてコンピュータが歌った歌として知られている曲。

 1961年、第二世代トランジスタ版メインフレーム IBM 7090 を用いて行われたもので、ヴォーカルはジョン・ラリーとキャロル・ロックボームが、伴奏はマックス・マシューズがプログラミングを行いました。

続きを読む

【動画】スーダラ伝説、植木等がボーカロイドで甦る!「植木ロイド」のCDが夏にリリース

ah_ueki

 お呼びでない? ハイお呼びです!!
 というわけで、日本一の無責任男として一時代を築いたコメディアンであり俳優、またコミックバンド「クレージーキャッツ」のメンバーとしても存在感を発揮した、昭和を代表するエンターテイナー・植木等さんがボーカロイドで復活というのが話題になりすぎています。

 まさか本当に音盤化されるなんて思いもしなかったというわけで、管理人も目が点になってしまった「植木ロイド」については続きから。

続きを読む

【初音ミク】さよならぼくたちのてれびきょく

116f5f85

 俳優の高岡蒼甫さんのツイートから火がついた一連のフジテレビ騒動。流行には乗ったほうがブログアクセス的にはいいんだけど、なんとなく気が向かなかったのでこれまで取り上げてはきませんでした。
 管理人は政治的には保守で、いわゆる右寄りの人間ですが、高岡さんにはちょっと同情しています。話題が一人歩きしていることには本人も違和感を感じているようですが、ひとまず高岡さんのことは脇に置いておいて、この動画は紹介したくなりました。

 ニコニコ動画にボーカロイドのオリジナル曲を投稿することで有名な、ほぼ日P氏の最新作で、いったい何が問題なのか、皮肉を交えながらも歌詞にわかりやすく要約されてます。妙にいい曲。

続きを読む

【動画】見た目がアレな、人工声帯をもつ発話ロボット

Robot mouth sings_Kagome Kagome

 香川大学工学部の澤田秀之研究室で開発されているのは、人間と同様の音声生成器官を持つ発話ロボット。

 これまでに開発されたヒューマノイドは、見た目は人間に近付いているものの、発話に関してはスピーカーからの音声にすぎませんでした。澤田教授はそのことに疑問を持ち、「人間のようなロボットを目指すなら、人間と同じように喉を振動させてしゃべることが必要ではないか」と考えたそうです。

続きを読む

【動画】3Dホログラムの『初音ミク』がテーブルから飛び出して踊ります

fVisiOn

 まだ試作段階ですが、メガネ不要のテーブル型3Dディスプレイを日本の研究機関が開発したのだそうで、話題になっているようです。

 この3Dディスプレイは fVisiOn(エフ・ビジョン)というそうで、開発を行ったのはNICTという日本の研究機関。動画を見ると、すり鉢(円錐)状のプロジェクタのさまざまの方向からの情報を合成させた映像みたいですが、ちゃんと鏡にも立体として映る様子が撮影されています。
 詳細は動画で説明されているので省きますが、これは相当将来性の見込める技術ではないかと思う。

続きを読む

【音楽】本気出した Vocaloid は凄い!もはや人間にしか聞こえない『VOCALOID2 Megpoid GUMI』の実力

VOCALOID2 Megpoid GUMI

 略してボカロともいわれてるそうですが、いわゆるボーカロイド(Wiki)といえば管理人はクリプトンの初音ミクがブームの切っ掛けになったこととか現状のサラリとしたところしか把握していないのですが、プログラム一つで人間と遜色のないボーカルを再現できるというのでさっそく聴いてみると、驚きました。

続きを読む

【動画】ボーカロイド、初音ミクの3Dホログラムコンサート

hatsune_miku_hologram

 確かこのコンサート、フランスのテレビ番組でも取り上げられて女性コメンテーターが悪魔でも見たような顔で非難してましたっけ。確かに奇妙な現象だと思わなくもないけど、よくよく考えてみればマックス・ヘッドルーム(Wiki)からこちら、バーチャルアイドルの種は向こうが播いたようなものですけどね。
 にしてもSFがどんどん現実のものになっていく近年、少なくともAIの存在が不可欠とされていたかつての仮想の存在やロボットとは異なり、未だそれらしき存在はなし。自我も人格もないからこそ盛り上がることができるのかな? とか、そんなことを考えたりしました。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード