付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ホログラム


【動画】夜毎のパリに現れる、下着姿のホログラム美女

Hologramme Empreinte

 パリのヴァンドーム広場からほど近く、サン=フロランタン通りにあるランジェリーショップのショーウインドウに夜な夜な現れる、下着姿の美女。
 まるで魔法のようなシーンですが、実はこれホログラム。下着専門店『Empreinte』が行ったキャンペーンで、道行く人もつい足を止めて、光のシャワーとともに現れる美女に魅入られている様子です。

続きを読む

【動画】まるでSF!タッチスクリーン式のホログラム空間投影ディスプレイが凄い

DisplAir Air touch system

 ロシアの「Displair社」が開発したのは Air touch system と呼ばれるホログラム投影装置。
 これまでにも空間投影による映像のアプローチをご紹介してきましたが、このシステムが画期的なのはホログラムによる3次元イメージの投影であると同時に、それがタッチスクリーンであるという点。
 粒子状に噴霧された霧に画像を投影する、いわゆるフォグスクリーンとキネクト(Kinect)に似たセンサーを組み合わせることで、あたかも3次元イメージに直接触れているかのような操作感を提供するシステムです。

続きを読む

【動画】空間に3D映像を投影、驚異のテクノロジー実現へ

070613_r2d2_4

 史上初めて、映像に“スクリーンという束縛がなくなった”衝撃。
 なにもない空間や水中の任意の位置に、発光したドットを描画できる独自技術「True 3D」が開発されました。
 この技術は、日本の川崎市を本拠にするバートンによって「デジタルコンテンツEXPO2011」に出展されたもので、2006年に産業技術総合研究所、慶應義塾大学と共に開発発表した技術を発展させ、レーザー光の焦点で空気中の酸素や窒素をプラズマ発光させる仕組みになっています。

 これは21世紀っぽいじゃないか。

続きを読む

【動画】3Dの新たな可能性『ホログラフィック・プリント』がすごい

avatar_sick-thumb-550xauto-33533
(※画像はイメージ)

 3D元年といわれた昨年から現在まで、裸眼3Dにニンテンドー3DSと加速的な進歩を続ける立体映像市場ですが、新たにホログラム映像というコンテンツが加わりそうな予感です。というところでご紹介するのは、アメリカのDARPA(国防高等研究計画局)が資金提供しているという、ゼブラ・イメージング社が発表したフルカラーホログラフィック・プリント。

 ホログラムといえば、身近なところでは偽造防止のためにクレジットカードや紙幣にも印刷されているレインボーカラーの“アレ”ですが、ゼブラ社が発表したのは360度の立体視が可能だという、12インチの3Dホログラムディスプレイ。論より証拠の動画をご覧ください。

続きを読む

【動画】ボーカロイド、初音ミクの3Dホログラムコンサート

hatsune_miku_hologram

 確かこのコンサート、フランスのテレビ番組でも取り上げられて女性コメンテーターが悪魔でも見たような顔で非難してましたっけ。確かに奇妙な現象だと思わなくもないけど、よくよく考えてみればマックス・ヘッドルーム(Wiki)からこちら、バーチャルアイドルの種は向こうが播いたようなものですけどね。
 にしてもSFがどんどん現実のものになっていく近年、少なくともAIの存在が不可欠とされていたかつての仮想の存在やロボットとは異なり、未だそれらしき存在はなし。自我も人格もないからこそ盛り上がることができるのかな? とか、そんなことを考えたりしました。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード