付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ホラー

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

【PV】ベータマックスの時代へ、ホラーなオマージュ「Emperor Yes - Wasps」

emperor-yes-crop

 エンペラー・イエスのデビューシングル「Wasps」のビデオクリップはベータマックスの時代へ向けたオマージュを謳っており、80年代から90年代へかけてのホラー映画をイメージさせる映像で制作されています。
 冒頭から日本語の自動湯沸かし器のガイダンスが流れて笑わせられますが、世代的なものか、こうしたイメージの映像は実に心地よい。
 ちなみに日本語の字幕翻訳はロンドン在住フリーランスのデザイナー、フクオカアヤノさんによるものです。

続きを読む

【動画】これは斬新! ゾンビと犬の生存競争を描くショートフィルム「Play Dead」

324813600_640

 犬とゾンビの生存競争――これは新しい切り口のゾンビ・フィルムだ!、と個人的にイチオシ。
 アンドレスとディエゴのメザ=バルデス兄弟は共同でホラー映画の制作を行っているようですが、ゾンビ好きには要注目の映像作品です。
 ちょこちょことパロディ要素も入っていて、約18分と長めのショートフィルムながら飽きさせません。犬が主軸のゾンビ映画なんて初めて観た。

続きを読む

【映画】ボリス・カーロフ「フランケンシュタイン」の舞台裏(1931-1939)

BEHIND THE SCENES OF FRANKENSTEIN

 洋画における古典ホラー映画の伝説的スターといえば、1931年に「魔人ドラキュラ」を演じたベラ・ルゴシ、そして同年にユニバーサル映画『フランケンシュタイン』で、いわゆる“フランケンシュタインの怪物”のイメージを決定づけたボリス・カーロフの存在を挙げないわけにはいきません。

 ユニバーサル作品を中心に60年代の末に至るまで、数多くのホラー映画に主演したボリス・カーロフは、ロンドン出身のイギリス人俳優。
 先に紹介したエジソンスタジオ製作のフランケンシュタインのイメージを払拭し、現在に至る決定的な怪物像を作り上げたカーロフ氏の、1931年〜1939年にかけての貴重な映画撮影の舞台裏をご紹介します。

続きを読む

【動画】パックマンをホラー風にしてみたショートフィルム

pac-man

 以前に熱狂的ファンが制作した「パックマン・ザ・ムービー」のショートフィルムをご紹介しましたが、今度はパックマンをホラームービー風にしてみたという動画。
 制作を行ったのは Gunsword Productions 、監督および脚本は Brad Cannady 氏によるもの。パックマンに追われる側の視点で描かれる、シンプルながらも楽しめる作品になってます。

続きを読む

【映画】「ムカデ人間2」R18予告編の隠しリンクが公式サイトに登場

303273680-05141228

 人体が管で出来ていることを世に知らしめた極限のインモラル映画「ムカデ人間」の続編は、あまりに不道徳な描写から、すでにイギリス、オーストラリアなど世界各国で審査拒否、上映禁止の処分を受けている正真正銘の<観る危険物>だそうです。
 日本では映倫との長期にわたる審査と交渉の末、ようやく[R-18+指定]通過を果たしたということですが、何がすごいって主演のローレンス・R・ハーヴェイに尽きます。どっから見つけてきたんだ、こんなキャラクター。

 というわけで、『ムカデ人間2』のオフィシャルサイトに、劇場上映NGとなった予告編動画が出現する隠しリンクが登場したというのでご案内。

続きを読む

【映画】「ミセス・ダウト」をサイコホラーにしてみた

 Doubtfire

 1993年公開の映画「ミセス・ダウト」は、ロビン・ウィリアムズ主演のハートフルコメディ。子煩悩ながらも生活能力のない男が、キャリアウーマンの妻に離婚を言い渡され、養育権を剥奪されてしまうというストーリー。
 ロビン・ウィリアムズが初老の家政婦に扮し、時のアカデミーメイクアップ賞を受賞した作品でもあります。

 ギャグとホラーは紙一重というのはよく語られますが、家政婦のミタならぬ巨漢の前夫が家政婦に変装して家庭に紛れこむというシチュエーションは、一歩間違えばサイコには違いありません。

続きを読む

【動画】被爆都市の26年後を描くホラー映画「チェルノブイリ・ダイアリーズ」の予告編

Chernobyl Diaries

 悪夢のチェルノブイリ原発事故から26年。
 ゴーストタウンと化して久しい無人都市、ウクライナのプリピャチを面白半分で訪れたツーリストの男女が、正体不明の存在に襲われる――というサバイバル・ホラー映画「チェルノブイリ・ダイアリーズ」。

 被爆国であり、かつ福島の事故を経た日本人にとっては複雑な感情を抱いてしまうコンセプトですが、社会性を持つ災害や事件がジャンル系のテーマに取り上げられるのは、ことさら珍しいことではありません。

続きを読む

【動画】ロブ・ゾンビが監督した「アリ駆除剤」のCMがサイコすぎる

Rob Zombie Commercial

 リメイク版のホラー映画「ハロウィン」シリーズの監督を務めた、へヴィメタル・ミュージシャン兼ベジタリアンのロブ・ゾンビが監督した、アリ駆除剤のCM映像をお届け。
 犯行声明文の切り貼り文書を作成しながら、アリのジェノサイドを画策する男――を演じるのは、ロン・ハワード監督の弟であるクリント・ハワードという、何気にレアな作品。

続きを読む

【動画】カリガリ博士のフルムービーが見れるぞ(1920)

caligari

 1920年公開(1919年制作)の「カリガリ博士」といえば、ローベルト・ヴィーネ監督による革新的なドイツのサイレント映画。
 全編に使用されるセットにパースの歪んだ悪夢的なものが使用されるなど、ドイツ表現主義の古典としては勿論、数多くのクリエーターに影響を与えた映画として歴史的な評価も高いホラー作品です。

続きを読む

【動画】グラインドハウス・ムービー「地獄の修道女」が観たすぎる件

INFERNAL NUNS

 とはいっても、いわゆるグラインドハウスのフェイク予告編なわけで本編を見ることは叶わないんですが、何しろその「観たさ」ったらない。
 このスマッシュなトレーラーを製作したのは、監督:ローランド・ペトリッツァとアレックス・エスラムといったドイツの人たち。

 映画「地獄の修道女(INFERNAL NUNS)」は、臨終の時を迎えた法王インケンティウス8世に全てを捧げてきた無辜の修道女、マリー・クレールたちの愛と復讐を描くというアクション・ホラーのようです。
 ルシオ・フルチとロバート・ロドリゲスをジャーマン風味で調理したかのような、血沸き肉踊る予告編。観たいぞ!

続きを読む

【アート】ホラー映画の古典「ハマー・フィルム」ポスターコレクション(41枚)

HAMMER HORROR FILM POSTERS 04

 ハマー・フィルム・プロダクションといえば、ホラー映画ファンにはお馴染み、1950年代末から1970年代前半にかけて存在した映画製作会社。
 ピーター・カッシングとクリストファー・リーの2大スターを擁し、「フランケンシュタイン」や「ドラキュラ」シリーズなどに代表される、英国らしいクラシックホラーの名作を数多く生み出しました。

 しかし70年代に入ると、時代はより刺激の強いホラー作品を求めるようになり、クラシックスタイルにこだわったハマー作品はしだいに低迷。
 香港の映画会社ショウ・ブラザーズとの提携を打ち出すなど新機軸にもチャレンジしますが、時代の波に乗りきれず、1970年代半ばで事実上の映画製作は中止されました。
 ご紹介するのは1955年〜1976年にかけての、ハマーフィルムの映画ポスターコレクション。古典らしい風合いがたまりません。

続きを読む

【動画】踊るマハラジャ・ゾンビ誕生か!? ボリウッド初のゾンビ映画「Zombie?」予告編

first Bollywood Zombie

 インド・ムンバイを中心とした映画産業いわゆる“ボリウッド”から、初めての本格的ゾンビ映画誕生ということで、その名も「Zombie?」という作品なのだそう。末尾の“?”は何を意味するのでしょうか?
 予告編の印象では比較的シンプルなゾンビ映画を狙っているのかと思わせますが、相手はインドですからフタを開けてみなければわかりません。

 ソースによれば今年は件の「Zombie?」を含め、計3本のボリウッド産ゾンビ映画が封切られる予定だそうで、いよいよ歌って踊れるマハラジャゾンビが観られるかも(?)と思うとウキウキが止まらないわけです。

続きを読む

【動画】豪快すぎる!頭が爆発するシーンばかりを集めたコンピレーション「Heads Blow Up!」

Heads Blow Up!

 数々の映画から脳天爆発のシーンばかりを編集した、実に痛快なコンピレーション・ビデオ。ひたすら頭がボーン!となるシーンの連続で、時間は短いですが好きな人にはたまらないギークすぎる編集。
 胸のモヤモヤを抱えている人は、この動画でストレス発散!?

続きを読む

【動画】年内限定公開のチャイルドホラー、祖父と孫娘の歪んだ愛の結末「Beating Hearts」

Beating Hearts

 新人のマシュー・ギャレット監督が特別に公開してくれたショッキングなショートフィルムは、年内のみの限定公開。

 というわけで、ご紹介するのは“祖父と孫娘の倒錯した愛情の結末”を描く、ホラーサスペンス短編「ビーティング・ハーツ(Beating Hearts)」。
 ボストン・アンダーグラウンド映画祭でのディレクターズ・チョイス・アワード、フィラデルフィア・ギーク・アワードでのベスト・ローカル短編映画賞など、その他さまざまのローカル映画フェスで上映され、いくつかの賞を受賞するとともに物議をかもした作品なのだそうです。

続きを読む

【画像】時を止めたフリークス、トーマス・キューブラーの“奇怪な彫刻”たち(24枚)

home

 素晴らしすぎて言葉もない。
 自ら“奇怪な彫刻家”と称するアーティスト、トーマス・キューブラーはノースカロライナ州在住。シリコン樹脂やアクリル、義眼や毛髪、義歯などの広範にわたる素材を活用し、奇怪で猟奇な彫像を生み出します。
 圧倒的なリアリズムと生き生きとしたデフォルメ、時を止めたモンスターやフリークスたちは今にも動き出しそうです。本当に素晴らしい。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード