付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ホテル


【画像】80年代から不法占拠されている、モザンビークのホテル「The Grande Hotel」

GHweb37

 1955年、モザンビーク第二の港湾都市ベイラにオープンした「グランデホテル(The Grande Hotel)」は、21,000平方メートルの敷地を誇り、130を越える客室に巨大なプール、複数のレストランにダンスホールなどを有するアフリカ最大のホテルとして建築されました。

 富裕層の入植者のための理想的なリゾートとして、贅の限りを尽くしたホテルでしたが、内政の不安と共に1963年には営業を終了。公共のプールとして利用されていたプールも80年代の初めには閉鎖されてしまいます。
 放置されたホテルには徐々に低所得者たちが住みこみ始め、今では2,000人を越える不法入居者たちに占拠されているという状況のようです。

続きを読む

【画像】中国で高級ホテルに生まれ変わった、旧ソ連の航空母艦(17枚)

chinese_aircraft_hotel_640_01

 旧ソ連の航空母艦“キエフ”が、東洋の超大国で高級ホテルに生まれ変わっています。
 ウィキペディアによると、航空母艦キエフ(Киев)は1975年の竣工、未完に終わった11233号計画型のキエフから艦名を引き継いだそうで、2000年に中国に売却されたものなのだそう。
 2006年からは天津の「天津滨海新区航母旅游区」で展示されており、2006年には格納庫内部でミスコンが開かれるなど話題を呼んだそうです。

続きを読む

【話題】ロシアの新宇宙計画、100万ドルで滞在5日間の宇宙ホテル・プロジェクト

russian-space-hotel-4

 ロシアが16日に発表したという新しい宇宙計画の構想は、4つのキャビンでゲスト7人を収容することの可能なソユーズ宇宙ホテルのプロジェクト。
 2016年までにオープンする予定だというロシアの商業的宇宙ステーションは、ソユーズロケットで打ち上げた個室ポッドをドッキングすることで5日間の滞在を可能とするというものですが、もちろんプロのアストロノーツによって使用される国際宇宙ステーションよりは、はるかに快適な環境を提供できるのだそうです。
 ただしお値段のほうは少々高価で、打ち上げおよび5日間の宇宙観光の費用は合計で100万ドル(約8千万円)ほどかかるそうです。

 あれ? それでも意外と....お安い?

続きを読む

【話題】猫以外はお断り、飼い主も泊まれないネコ専用の豪華5つ星ホテルがロンドン北部にオープン

Longcroft-Luxury-Cat-Hotel-2

 いわゆるペットホテルといえば飼い主の留守中に簡易的にペットを預かる施設を想像しますが、ご紹介する『Longcroft Luxury Cat Hotel』は5つ星サービスと完ぺきなディナーが自慢のネコ専用ホテル。
 ペットを預かる場所というよりは客としてペットをもてなす宿泊施設という位置づけで、お客様は飼い主ではなく、あくまでも猫さん。
 季節や草花をイメージした豪華なスイートルームにディナーも猫のために考えつくされた「ア・ラ・キャット A La Cat 」を提供するなど、至れり尽くせりのサービスとなっています。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード