PEPSI ADS 07

 19世紀にアメリカで発明されたコーラ飲料――といえば、もちろんコカ・コーラですが、2番手のペプシコーラも負けてはいません。
 1894年に薬剤師ケイレブ・ブラッドハムが、消化不良の治療薬として売り出した飲料に起源を求めるペプシ・コーラ。当初は「Brad's Drink(ブラッドの飲料)」として売り出されましたが、処方に消化酵素のペプシンが含有されていたことから、1898年にペプシ・コーラと名前を変更しました。

 ちなみに本家コカ・コーラは、ワインにコカインとコーラのエキスを調合した薬用酒「フレンチ・ワイン・コカ」がその由来。
 という感じで、なかなか顧みられることのないペプシのヴィンテージ広告コレクションは1950年代のもの。

続きを読む