indian-mehndi01

 インドで伝統的に行われる「メヘンディ(Mehndi)」という皮膚装飾は、結婚式や祭祀の場において伝統的に行われてきたもので、ヘナという植物染料で描かれ、2週間ほどで消えるのだそうです。
 西洋では「ヘナタトゥー」と呼ばれ、1900年代からファッションの一環として広く取り入れられるようになりました。タトゥーというよりは、手足にほどこされる化粧という感じ。
 メヘンディで取り入れられる文様にはそれぞれに意味があり、幸せを呼ぶものとして描かれるそうです。
 まるで繊細なレースのように描かれる文様は可憐で、美しいですね。

続きを読む