付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ファンタジー


【話題】ファンタジー好き必見、無料オンライン・コミック「Dota2 - Are We Heroes Yet?」

page_top

 こんなに豊潤なコミックスを無料で堪能できる幸せ。

 PCとMacをプラットフォームに2011年後半にリリース予定――ということですから今頃だったのか、『Dota 2』というマルチプレイ・オンラインゲームを配信する Valve が公開したオンラインコミック。
 今のところ Dota 2 はベータ版。詳細はこちら辺りをご参照願いたいところですが、才気あふれる新人コミック・アーティスト、ジム・マレー(Jim Murray)描く「Dota2 - Are We Heroes Yet?」は掛け値なしにタダで読むことができます。管理人のいちばん弱いタイプの絵柄だったりして。

 しかも日本語対応。親切すぎるでしょ。

続きを読む

【動画】可愛いだけが妖精じゃない? キュートで笑えるファンタジー「Moving Day」

Moving Day

 フリーランスのディレクターとしてドキュメンタリーやCMを手掛ける、ジェイソン・ウィングローブさん製作によるショートフィルム。国際的に幾つかの賞を受賞しているそうで、さすがに手慣れた印象。
 ストーリー的には、古い大きなお屋敷に引っ越してきた小さな女の子が、お庭で妖精に出会ってむにゃむにゃ....というお話。みなまで言うとネタバレになっちゃうので、とりあえずご覧ください。
 セリフもないので無理なく楽しめると思います。ぜひフルスクリーンで。

続きを読む

【話題】原作者トールキンの手による『ホビットの冒険』の未公開イラストが発見される

the-hobbit-jrr-tolkien

 ピーター・ジャクソン監督による映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作の公開からもう10年になろうとしていることに驚かされますが、その前日譚であるJ・R・R・トールキン自身の手による『ホビットの冒険』の未公開イラストが、母校オックスフォード大学のアーカイブから発見されました。

 2011年は同小説の原稿が持ち込まれた1936年から数えて75周年、トールキン自身が挿絵を描いた「ホビットの冒険」とは別に、発見された自筆イラスト110点のうち2ダースほどは未公開のものだそうです。

続きを読む

【アート】SFと幻想の挿絵画家、ヴァージル・フィンレイの夢幻世界(28枚)

Virgil Warden Finlay04

 1914年にニューヨーク州ロチェスターに生まれたヴァージル・フィンレイは、SF、ファンタジー、ホラーをモチーフとした作品をパルプ誌に多く発表したイラストレーター。
 サイエンスフィクションとファンタジーの世界で活躍したもっとも偉大な挿絵画家と評されるうちの一人で、高密度の点描とクロスハッチングによる細緻な画風、官能性を持ち味としました。

 高校時代に絵画と詩作に傾倒していたフィンレイは、その活動の場をパルプマガジンに求め、21歳の時に6枚のイラストを『ウィアード・テールズ』誌へ送るという行動に出ます。しかし同誌の編集長だったファーンズワース・ライトは、当初、彼のような細緻な画風がざらざらの紙質のパルプ誌の印刷に適しているかに疑問を抱いたのだそうです。
 印刷が可能だとわかるとライトは彼の作品を買い求め、フィンレイの挿絵は同誌1935年12月号付けでのデビューを勝ち取ります。その後は他の雑誌にも仕事を広げるなど人気イラストレーターとなりましたが、職人気質ゆえか経済的には常に困窮していたようです。
 フィンレイは35年の経歴の中で、2,600以上の作品を残しました。

続きを読む

【動画】WWF50周年の映像ファンタジー - Astonish Me

Astonish Me

 世界最大の自然保護団体であるWWF(世界自然保護基金)の創立50周年を記念して製作されたファンタスティックなショートフィルム、『Astonish Me(僕を驚かせて)』。

 製作を担当したのは、スティーブン・ポリアコフとチャールズ・スターリッジ。近年になって世界各地で見つかった新種生物を紹介しながら、少年の好奇心を驚異と興奮で満たしていく素敵なSFファンタジーになっています。視聴者にとっても「あ、あの生物が」という驚きを感じられる巧妙な設定。
 現実と架空との距離感が心地いい良作です。フルスクリーン推奨。

続きを読む

【アート】フランク・フラゼッタお気に入り画像集(29枚)

poster

 フランク・フラゼッタ Frank Frazetta は1928年生まれ。アメリカが生んだ最大のヒロイックファンタジー画家ですが、2010年5月に惜しまれながらもこの世を去りました。とはいえ82歳ということですから大往生ですね。
 管理人がフラゼッタを知ったのは中学初頭の頃だったかな。たしかヘビーメタルか何かの海外のコミック誌だったと思うけど、圧倒的な肉体の存在感に衝撃を受けた記憶があります。その頃からちょっとエッチな絵とか好きな小僧だったんで(笑)、いちばん気に入ったのは最後に紹介しているコミック風の可愛いヌードだったりしましたが。

 というところでTOPの画像は、フラゼッタが1965年公開の映画『何かいいことないか子猫チャン(原題:What's New,Pussycat?)』のポスターを描いた珍しいタッチの画像から。フラゼッタはコミックタッチのイラストにも稀有なうまさを出すんですよね。
 続きからは、ファンタジーの巨匠たるフラゼッタの本領発揮。

続きを読む

【ショートフィルム】飛び出す絵本とプロジェクション - The Ice Book

The Ice Book

 イギリス人アーティスト、Davy & Kristin McGuire 夫妻の手による想像力あふれた素敵なショートフィルム。
 森の女王が冷たい心を満たすために青年を誘いこむという、一編の詩のような物語なのですが、いわゆるポップアップ絵本に特殊なプロジェクションによる俳優のお芝居が投影され、小さなファンタジーの舞台に引き込まれるような眩惑的な世界が展開されます。素晴らしい!

続きを読む

【アート】ゴシック・ダークなスライドギャラリー

transitioning_by_rickbw1-d33e2dm

 アーティスト、リック・ブラックウェルによるダーク・ゴシックなスライドショー。刺激的なイメージが次々と映し出されてドキドキする。

続きを読む

【画像】世界に実在する童話のような家 21枚

fairytales-houses-01

 おとぎ話の世界は様々なインスピレーションを与えてくれますが、それがもし現実の世界であったら、様々な矛盾や、魔法やお菓子の家のようにかえって御しがたい現実をも与えてくれるだろうと思います。
 そんな童話やおとぎ話によく登場する愛らしいお姫様の家、小人の住まう可愛い森の家....そんな場所が現実に存在しているようなのです。
 これらの家々は実に好奇心を刺激します。でも注意してください。住人のプライバシー意識は21世紀の洗礼を受けているかもしれませんから。

続きを読む

【画像】まるで絵本の世界のようなツリーハウス画像 11選

beautiful_tree_houses_20

 ツリーハウスというとつい連想してしまうのがマーク・トウェインの描いたハックルベリー・フィンなのですが、よくよく考えると、彼の住まうツリーハウスという存在がハックの持つ自由というイメージのかなりの部分を形成しているのではないかと思えてきます。
 そんなわけで海外サイトよりツリーハウスの画像を厳選してお届け。絵本のような美しいツリーハウスの写真を眺めていると、そこにはやはりぼんやりとした“自由”のイメージが彷彿とされます。

続きを読む

【ショートフィルム】孤独な少女と小さなドラゴンの切なすぎる物語 - Sintel

sintel&scales

 これは本気でお勧めしたい作品。
 シンテルという名の孤独な少女が、傷ついたドラゴンの子供を救うところから二人の物語は始まります。シンテルはドラゴンをスケールズと名付け、やがて互いを必要とする大切な存在となるのですが....。

 物語はシンプルですので、映像だけで物語は理解できると思います。ドラマティックな映像と切ない物語、細やかなCGの美しさに心を奪われること必至の感動物語。フルスクリーン&HD推奨ですよ。

続きを読む

手塚治虫のファンタジー漫画『ユニコ』が BeeTV でムービーコミック配信。声優には水樹奈々。

unico

 手塚治虫原作のファンタジーコミック『ユニコ』が、docomoの携帯電話からアクセスできる専用放送局 BeeTV にムービーコミックで配信されることになりました。
 ユニコは1976〜79年に少女漫画誌リリカ(サンリオ)で連載された少女向け作品で、後の1980〜84年には小学館の小学一年生で児童向けにリメイクされ連載、アニメ映画も2度にわたって制作された人気作。
 今回のムービーコミックで主人公のユニコ役を演じるのは、声優の水樹奈々さんとのことです。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード