付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ファッション

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

【話題】レディー・ガガの表紙でギネス記録、世界一大きい雑誌「Visionaire 61」(動画あり)

Visionaire_top

 ファッション&アートマガジン「Visionaire(ヴィジョネア)」が発表した最新の第61号が、センセーショナルな話題を呼んでいます。
 『Visionaire 61』のタイトルは"LARGER THAN LIFE"、デザイナーのカール・ラガーフェルドなど著名なアーティストが参加し、カバー写真に採用されたのはレディー・ガガ。
 今回発売されるデラックスエディションの大きさは前代未聞の2メートル、「世界一大きい雑誌」としてギネス記録に認定されました。

続きを読む

【動画】レディー・ガガ+ミュグレー、2012年春コレ・ディレクターズカット版ショートフィルム

MUGLER

 先月パリで開催された、ティエリー・ミュグレー2012年春コレクションのランウェイで、レディー・ガガの新作映像が初披露されました。
 ご紹介するのはディレクターズ・カット版で、楽曲はアルバム「ボーン・ディス・ウェイ」に収録されている「ブラック・ジーザス†アーメン・ファッション」DJ White Shadow によるリミックス。ダイヤモンドの“すきっ歯”を付けたガガのクローズアップが中心のPVになっています。

続きを読む

【画像】レディー・ガガの妹、ナタリー・ジャーマノッタが「ティーンヴォーグ」誌に登場(4枚)

Lady Gaga’s Sister

 レディー・ガガの説明などあらためてする必要もない気がしますが、本名をステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタというファッションリーダーでありアーティスト。
 そのレディー・ガガの19歳になる妹の存在が、ファッション誌ヴォーグが発行するティーン向けマガジン『ティーンヴォーグ』で取り上げられていたらしいのでご紹介します。

続きを読む

【画像】牛とヤクの乳首3,000個で作られたドレス

yak-nipple-dress-rachel-freire-1

 イギリス人デザイナーのレイチェル・フリーエ(Rachel Friere)さんの製作した奇妙なドレスは、牛とヤクの乳首3000個を使用したドレス。
 パリで行われるキャットウォークのために製作された乳首のドレスは様々の反発を招いているようですが、そもそも皮革産業において乳首部分は廃棄される部分なのだそうです。
 デザイナーであるレイチェルさんは、「私はお払い箱になってしまう素材を使用してファッションを作り上げました。それはリサイクルであり、私を批判する人々は日常的に無駄とされている皮革の量について明らかに無知です」と語っています。

続きを読む

【動画】全身タトゥーの『ゾンビ・ボーイ』、リック・ジュネストをトリビュートしたビデオにはレディー・ガガも参加

lady-gaga-rick-genest
(※ガガ様とリック・ジュネスト)

 リック・ジュネスト(Rick Genest)さんは、“ゾンビ・ボーイ”の異名を持つ、解剖学的なタトゥーを全身にほどこした男性。カナダのモントリオール出身のアーティスト兼モデルで、公式ホームページも持っています。

 パリで開催された2011-12ウインター・コレクションで、ニコラ・フォルミケッティのもと新たなデビューを飾った新生ティエリー・ミュグレーのコレクション・ビデオには、リック・ジュネストがセンセーショナルに登場し、モードな世界を作り出しています。
 なお、ビデオには音楽ディレクターとして参加したレディー・ガガの楽曲、ニューアルバム『ボーン・ディス・ウェイ』に収録されている“シャイセ(Scheise)”が使用されています。

続きを読む

【動画】レディー・ガガさん、「日本のファンが大好き」と瞳を大きくして語る

5bcc7e08

アーティストのレディー・ガガが25日、千葉・幕張メッセにて開催された音楽イベント「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」にトップバッターとして出演。ステージ後、記者会見に応じた。

レディー・ガガはゴールドのスタッズが施されたきらびやかな厚底ブーツに、ボトムを履かないスタイルで会見に登場。サングラスを外すとまぶたに目が書かれており、「なにかおかしい?」と報道陣を笑わせた。そして会見中、一度も目を開けることはなかった。
(Via.Model Press)

 同じ日に同様のメイクでパフォーマンスを行っていたようです。ツインテールと合わせると、ちょっと初音ミクっぽい。

続きを読む

【画像】海外ファッションショーの舞台裏(24枚)

Models_40

 どこで行われたどんなショーであったのかなど、詳細は不明。
 舞台裏というよりは、舞台の袖で出番待ちをしているモデルさんたちのショットという感じでしょうか。当たり前のことだけど、こんな美貌が生きて動いているんだからすごいよねww

続きを読む

【画像】ダッチワイフもリサイクルの時代だから、パーカーに仕立て直してオシャレに着こなしてみました

Picture 49

 あのー、あんなのとかこんなのとかついたままなんですけど....。

 オランダはユトレヒト在住のアーティスト兼デザイナー Sander Reijgers さんは、彼の創作活動の一つとしてウェアラブル素材としてのブローアップ・ドール(ダッチワイフ)の利用を提唱しました。
 Sander さんは「トラックスーツのトップをブローアップ人形でカスタマイズすることは、醜く下品なものを美しいものへと変える、私の課題となっているものです。人形はそのための何かを伝えるための手段です」と語ったのだとか。

続きを読む

【ショートフィルム】エマ・ワトソン好きな方のために - Emma Watson by Ellen von Unwerth.

Emma Watson

 といっても、管理人がそんなにエマ・ワトソンを好きなのかと言うとそうでもないわけですが(←ヲイ)。
 洋雑誌 Vs Magazine より、エレン・フォン・アンワースというカメラマンによるファッションフォトのよりぬき動画。もともとの写真がお洒落だからなのでしょうか、なかなか魅せるフィルムになってます。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード