付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ヒッピー


【話題】70年代カルト教団のニューアルバムがリリース、『ソース・ファミリー』の無料ストリーム

409454709_640

 カウンターカルチャーが時代を駆け抜けた60年代末から70年代にかけて、音楽を伝道の手段とする新興宗教団体が存在していました。
 その名を『ソース・ファミリー』というカルト教団は、教祖であるファーザー・ヨッド(Father Yod)を中心に小規模な共同体を築いていたらしい。
 音楽を伝道の手段とするサイケデリックな集団は、師父の死をもって終焉を迎えたと思われていましたが、現在でも生きながらえているようです。

続きを読む

【画像】架空の街ブラックロック・シティで行われるヒッピー・ムーヴ『バーニングマン 2011』(動画あり)

Steampunk Octopus

 アメリカ北西部の人里離れた荒野に、毎年8月の最終月曜日から1週間だけ出現する架空の都市『ブラックロック・シティ』があるらしい。
 1986年にラリー・ハーヴィーとジェリー・ジェイムズという人物が、巨大な木像に火をつけたことに由来する「バーニングマン』というフェスティバルで催されるもので、以来、ヒッピームーヴメントと浅からぬ因果関係を持ちながら現在にいたっているのだとか。

 バーニングマンが行われるのはネバダ州リノ市の北北東に位置する「プラーヤ」とよばれる不毛の塩類平原。サボテンすら生えない不毛の地で、ブラックロック・シティに集まる参加者(バーナーと呼ばれる)は貨幣経済を忌むべきものとする独特の価値観の中で、生活基盤となる設備の一切を否定し、「贈り物経済」と「親切なこころ」のみを頼りにコミュニティの中で隣人や友人を作り生活するのだそうです。

続きを読む

【画像】自由主義ロシアのヒッピーフェスティバル、エンプティー・ヒルズの様子(32枚)

hippifestival865822

 エンプティー・ヒルズ(Empty Hills/Pustye Kholmy)は、オープンエアで行われるロシアのアート&ミュージック・フェスティバル。
 2003年以降、カルーガやスモレンスクなどの地区で毎年行われているらしいのですが、日本でいえばフジロックみたいなものでしょうか(?)。音楽的な違いはありそうですが、画像を見ているだけで自由な雰囲気が伝わって、とても楽しそう。しかし冷戦時代では考えられなかった光景ですね。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ