付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

バットマン


H・R・ギーガーがデザインしたバットモービルが想像を超えてた



 5月12日に故人となったH・R・ギーガーが『バットマン』に登場するバットモービルのデザインをしていたというのは知る人ぞ知るところだったりしますが、久々に観たデザインはやっぱり凄かった。
 今更ながらギーガーは只者じゃないと感じるのは、これを当時、バットモービルのデザインとして提出してしまうというある種の不敵さというか、トンデモなさにあるのじゃないかと思う。
 スタッフ一同、目が点の図が容易に想像できてしまう。

続きを読む

【画像】Happy Batlentines? 1966年のバットマン・バレンタインカードがレトロで可愛い

batman-valentines-1966-varooom

 そういえば明日はバレンタインデーだったとこんなギークなカードで思いだしてしまった人は、たぶん世間的にはニッチ中のニッチなのじゃないかと思う、そんな『バットマン・バレンタイン』のカードをご紹介。
 マーク・アンダーソンという人が eBay で落札したバレンタインカードは、1966に発売された“Doubl Glo Batman Valentines”という商品なのだそう。
 60年代のオールド・バットマンののどかなイラストに、いかにも当時のアメコミらしい鮮やかな色彩。ポップも楽しい。

続きを読む

【動画】Bye Bye......ホテルで記された、夭折の名優ヒース・レジャーの「ジョーカーの日記」

Joker Diary

 2008年、バットマンのヴィラン(悪役)として最も知名度を持つ「ジョーカー」に、新たなイメージを吹きこんだ若き名優ヒース・レジャー。
 彼の突然の死は波乱含みの「ダークナイト・トリロジー」においても忘れがたい悲劇の一つでしたが、公開された動画は、ドキュメンタリー『Too Young To Die(死ぬには若すぎる)』から抜粋されたもの。
 ジョーカーを演じるにあたり、彼が真摯に役作りに取り組んでいた姿が窺い知れる貴重なものとなっています。

続きを読む

【動画】ダークナイトのAVパロディ「カタークナイト ライジング」予告編

The Dark Knight XXX

 日本でも発売してたんだと今頃知った、アクセル・ブラウン監督の「The Dark Knight XXX: A Porn Parody」については以前にも紹介していました。
 やはり無駄にクオリティの高い映像は見ごたえありそうななさそうな感じですが、ロビンがナイトウィングとして登場するなど、燃え要素も怠っていないようです。というか、誰だこのタイトル考えたのww

続きを読む

【動画】ファン製作のウェブシリーズ「バットマン・クロニクル」が準備中

The Batman Chronicles

 熱心なファンによるオリジナルのウェブ・シリーズ「バットマン・クロニクル」が、同名のチームにより製作準備中のようです。
 といっても公開された映像は、シリーズ登場予定のジョーカーの片鱗が見られる程度の短いものですが、Anthony Misiano という俳優の演じるジョーカーは若くてシャープな顔つき、いかにもコミック風でクールです。

続きを読む

【動画】もしバットマンがクッキーモンスターの声だったら

COOKIE
(画像はイメージです)

 映画「ダークナイト」のバットマンに、セサミストリートでおなじみのクッキーモンスターの声をあててみると想像以上に面白かったという動画。
 バットマンのしわがれ声にクッキーモンスターの声がぴったりハマって、繰り返し観てしまう面白さ。個人的にツボだったという動画ですので、皆さんにも同じように面白いかはちょっとわかんないす。

続きを読む

【動画】怒りっぽすぎるバットマン、ロビン受難の巻

THE DARK KNIGHT RAGES

 闇の騎士ことバットマンはゲーム仲間としては最悪らしいことを、ロビンが体を張って証明してくれてます。
 
続きを読む

【画像】ビギンズ・バットマン、「ダークナイト」の始まりはこうだった(1966年)

batman-life

 付録部では度々登場するLIFEだけど、やっぱり面白いのね。
 というわけで、グラフィック誌「LIFE」の1966年3月11日号から、古典的なバットマンのテレビシリーズの貴重な写真をご紹介。才人クリストファー・ノーランの加入により新たなステージを開拓したと同時に、ひとまずの完結を迎えた映画のバットマン(ダークナイト)。

 米国で起こった乱射事件には哀悼の意を捧げるしかないわけだけど、これをもってシリーズに対する評価や距離感にマイナスの気運が起きないことを祈っています。責めるべきは犯行を起こした狂人にあり。
 少し重たくなったけど、クラシックなバットマンのスチールをお楽しみください。誌面未公開も多く、それぞれに貴重です。

続きを読む

【動画】リリース先行、ドキュメンタリー「ザ・バットモービル」 フルムービー

The Batmobile Documentary

 公開を間近にひかえる映画「ダークナイト ライジング」ですが、アメリカではプレミア上映会で銃を乱射する痛ましい事件が起きるなど、予想外のところでも波紋を広げているようです。

 さて、ご紹介する動画はサンディエゴで行われたコミコンで上映されたものだそうですが、アメリカでは今年末のリリースが予定されているドキュメンタリー、「ザ・バットモービル」の予告編と、そのフルムービー。
 ティム・バートンやクリストファー・ノーランを始め、多くのインタビューが含まれる約22分のドキュメンタリーで、歴代バットモービルの変化に思いをはせてみてください。

続きを読む

【動画】アンディ・ウォーホルのバットマン!?「バットマン・ドラキュラ」とエスクァイアの写真

andywarhol2bd2

 画像は1967年にエスクァイア誌に掲載するために撮影されたという、アンディ・ウォーホルのスチール。
 ウォーホルはバットマンの相棒であるロビンのコスチュームに身を包んでおり、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのリードボーカルとしても知られるニコがバットマン(バットウーマン)に扮しています。

続きを読む

【+18】アクセル・ブラウンが本気だ! ついに「ダークナイト」のパロディAVの制作に着手(動画あり)

batmon_xxx

 知る人ぞ知る米アダルトビデオ業界の巨匠アクセル・ブラウンといえば、これまでにも「スーパーマンXXX」や「スパイダーマンXXX」、そして「バットマンXXX」などの無駄にクオリティの高いパロディAVを生み出してきたことでも有名な人物。
 そんなイタリア出身の種馬野郎が、「ダークナイトXXX」を本気で作り始めているようです。大丈夫なのか、クリストファー・ノーラン的に。

続きを読む

【動画】本気度高いファン製作の『バットマン』ショートフィルム - BATMAN: SEEDS OF ARKHAM

BATMAN_SEEDS OF ARKHAM

 クリス・ノーラン監督のバットマン完結編『ダークナイト・ライズス』の公開はまだまだ先というわけで、ファンメイドのバットマン・ショートフィルムでもご覧いただこうかというエントリー。

 製作したBat in the Sunは独自のバットマン・シリーズを製作しているインディーズのプロダクションらしいのですが、ご紹介の内容は文字通りの“毒婦”ポイズン・アイビーに捕まった、バットマンの若き相棒ロビンの顛末を描くものとなっています。アクション主体なので英語のセリフはたいして気にならないと思いますが、向こうのファンはいつも本気度がすごいです。

続きを読む

【動画】バットモービルをジェットエンジン搭載で完全再現

jet-turbine-powered-batmobile-putsch-racing-e1310634391770

 ジェットタービン搭載で完全再現された、ティム・バートン版のバットモービル。製作したのは Casey Putsch さんが代表を務める putsch racing で、搭載しているタービン・エンジンは廃棄された軍用ヘリコプターから転用されたというもの。ちゃんと公道を走ることも可能だそうです。

続きを読む

【ショートフィルム】フランスで作られたインディーズ『バットマン』、立ちはだかるのはウルヴァリン!

Batman_Deliverance

 フランスのインディーズ映画会社アトミック・プロダクションの製作したショートフィルム『BATMAN DELIVRANCE』は、監督および脚本をピエール・デグランジュ氏がつとめたフィルムノワール作品。
 すでに老境に差し掛かるバットマン=ブルース・ウェインは、今ではゴッサムシティの市長におさまり、ヒーローとしての一線を退いていました。

 かつては潤沢であったウェイン財団の資金も底をつき始め、過去のトラウマにとらわれるブルースはアルコールにおぼれる毎日....しかし、以前のように暴力の支配する町と化しているゴッサムシティを救うため、ふたたび蝙蝠のスーツを身にまとおうとします。
 物語はそんなブルースの葛藤をモノローグを交えて描いていますが、やがて彼の前に、”ある敵”が立ちふさがるのでした。

続きを読む

【アート】クオリティ高すぎ!バットマン完結編『ダークナイト・ライズス』のファンメイド・ポスター(19枚)

The_Dark_Knight_Rises_Fan_Art_Poster- (8)

 映画「バットマン」シリーズの完結作として公開が待たれる『ダークナイト・ライズス』ですが、まだ確定的な情報は出ていないまでもアン・ハサウェイがキャットウーマンを演じるとか、オスカー女優のマリオン・コティヤールが出演するとか、散発的な情報は出てきているみたいです。
 というところでご紹介するのは、そのバットマン完結編の登場を待ちきれないコアなファンたちが、イメージを膨らませて自分で作っちゃったというファンメイドの『ザ・ダークナイト・ライズス』のポスターいろいろ。どれもこれもカッコよくて困っちゃいます。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード