付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ハイテク


【動画】ターミネーターのようなハイテク義手「bebionic」がカッコよすぎる

bebionic3

 6年前に作業時の事故で右腕を失ったナイジェル・アクランド氏は、まるでターミネーターのようなハイテク義手を装着しています。
 義手の開発を行ったのは、英ヨークシャー州リーズにある上肢義肢製品のリーディングメーカー RSLSteeper 社。アクランドさんは、社の提供する最新の義手「bebionic3」を提供される機会を得たのだそうです。
 カーボンファイバーで構成され、上腕からの微弱な電気信号を受け取り起動する黒い義手は、グラスを掴むことはもちろん、卵を割るなどの日常的な行為も行うことのできる驚くべきものです。

続きを読む

【画像】ドキドキすると透明になるハイテクドレス(動画あり)

dr5

 スタジオ Roosegaarde が発表した電子的なドレスは、着用者の心拍数に応じて透明度が変化するというスケベ心を擽らずにはおかないデザイン。
 「Intimacy(親密)」と名づけられたウェアラブル・ドレスは e-foils という電子箔で構成されており、親密さを増すにつれ透明度が増すらしい。というか、透明度が増すにつれドキドキも高まるのでしょうからどうすればいいのかよくわかりませんし、男性の方が平静を装うのに苦労しそうです。

続きを読む

【動画】モータライズされた最新の義足は、メモリーカードでユーザ情報を記録します

Motorized-Bionic-Leg

 テネシー州のバンダービルト大学の研究者が開発したのは、膝と足首のモーターを持つハイテク義足。
 各種センサーとマイクロプロセッサを装備し、ユーザーがどのような動きを行うのかを経験をもとに予測し、モーターが脚部を移動させます。それらの移動データは、小さなメモリーカードにより記録されています。充電すれば最大で3日間(もしくは14キロメートル)の移動が可能とのこと。

続きを読む

【話題】ヨーロッパで一番若いハイテク義手の持ち主は、15歳の美少女です

The bionic girl 2

 イギリス人のクロエ・ホームズさんは15歳の女の子。ハイテクによる義手をつけている、ヨーロッパでもっとも若いティーンエイジャーだそうです。

 クロエさんは3歳半の時に水疱瘡にかかり、その後、連鎖球菌による敗血症を発症。ブリストルの小児病院で3カ月を過ごしましたが、それは4度にわたって心停止を引き起こすという重篤なものでした。
 結果的にクロエさんは一命を取り留めることができましたが、その際に右手の親指を除くすべての指を失い、長い間スプーンを持つこともできない生活を強いられていました。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ